馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2018/04/22 00:49


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2018年4月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.712 皐月賞 馬体診断予想~馬体の「特徴」への言及にはくれぐれも慎重に
2018/04/15 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 04/15(日)
    中山11R
    皐月賞(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 4 7 エポカドーロ 2:00.8
    2 7 14 サンリヴァル
    3 5 10 ジェネラーレウーノ 13/4
    払戻金
    単勝 7 1,450円 7番人気
    複勝 7
    14
    10
    430円
    580円
    530円
    7番人気
    9番人気
    8番人気
    枠連 4-7 9,520円 28番人気
    馬連 7-14 12,880円 38番人気
    ワイド 7-14
    7-10
    10-14
    3,250円
    3,010円
    4,290円
    37番人気
    33番人気
    43番人気
    馬単 7-14 23,570円 75番人気
    3連複 7-10-14 53,410円 134番人気
    3連単 7-14-10 372,080円 821番人気
    WIN5 15,173,350円 7番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】2000m 芝・右
【適 性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
113|1頭
112|2頭
111|ケイティクレバー、3頭
110|2頭
109|2頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲1頭
★サンリヴァル、他1頭
☆2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
ケイティクレバー
初見。ここ2年ほど、≪2歳馬の馬体
診断のリスト≫を公開できていないこ
ともあり、正直なところ、今ひとつ、
最近の新種牡馬の産駒の馬体傾向は、
漠然としている感は否めない。

それを踏まえた上で、参考にしてほし
いが、とりあえず、父ハービンジャー
産駒と言えば、「前フリ(首差し)が
過多気味、サスと上体に独立感がある
、飛節の造りが下付きで緩く力強さに
欠ける」この三つの特徴がある馬体が
多いかなといった印象だ。

その点で、本馬もその「父産駒らしさ
」がある。が、伸び代含め、その特徴
は薄いほうかな。

以上、【持続CN~CL型】ベースの
【万能NN~NL型】で脚質は先行が
ベターも融通性もあり、要は、首差し
がうまく振れるかが鍵。

逃げの一手にこだわる必要はないが、
本馬の場合は、SP裏づけ凡庸と、ま
ぁ先行のほう結果が出やすいだろう。

つまり、スローの凡戦向きではなく、
仮に逃げるとしても、スローの溜め逃
げはNGだ。

一方、タフな流れなら多少の怖さはあ
るものの、昨年の同父産駒ペルシアン
ナイトと比較して、素材&SP両面で
落ちる。そのため、評価しても穴☆ま
でかな。

ちなみに、某サイトに、本馬の飛節を
「曲飛」とある。が、この程度は、あ
えて言うほどの造りでもない。仮に、
この飛節を「曲飛」というなら、今回
、他にもっと「曲飛」の馬がいくらで
もいる。

某サイトに限らず、馬体について、「
仕上がりや毛ヅヤ」への言及ならば、
適当なことを言っても、いくらでもご
まかしはきく。が、特徴については、
あまり具体的に言及しないほうがいい
と思うが。それについて、適当なこと
を書くと、ごまかしは一切きかないか
らだ。



今回<馬体写真なし>
─────────────────
サンリヴァル
前走時の馬体を再見。これは、先週の
桜花賞のリリーノーブル同様、「激流
になればなるほど強みが活きる」とい
う収縮(振動)や心肺などに優れた馬
体だ。

が、そもそも、今のスローの上がりが
早いSP勝負の凡戦ばかりの競馬では
厳しいなという馬体であるのも同じ。
と、父も同じルーラーシップじゃない
か。

以上、トライアルの緩い流れよりも、
本番向きだが、前走逃げているのが正
直痛い。

なぜなら、明らかに、後半に勝負する
(スピードに乗った状態からの持続&
振動エネルギーが強み)という造りだ
からだ。

無論、剛腕&ライオンハートな騎手は
必須。藤岡佑介騎手が腕力のある剛腕
かどうかは知らないが、チキンハート
でないならば、それなりに実績&名も
トップジョッキーとして通っているは
ずで、残念ながら、強引勝ちに行く競
馬をやるとも思えない。



著書もあわせてどうぞ♪


この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.711 桜花賞 馬体診断予想~勝ち馬にふさわしい馬体は二頭のみ
2018/04/07 15:32:51
カテゴリー: G1
  • 04/08(日)
    阪神11R
    桜花賞(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 7 13 アーモンドアイ 1:33.1
    2 1 1 ラッキーライラック 13/4
    3 5 9 リリーノーブル 1/2
    払戻金
    単勝 13 390円 2番人気
    複勝 13
    1
    9
    140円
    110円
    140円
    2番人気
    1番人気
    3番人気
    枠連 1-7 380円 1番人気
    馬連 1-13 480円 1番人気
    ワイド 1-13
    9-13
    1-9
    230円
    430円
    230円
    1番人気
    4番人気
    2番人気
    馬単 13-1 990円 3番人気
    3連複 1-9-13 830円 1番人気
    3連単 13-1-9 3,780円 4番人気
    WIN5 4,614,100円 2番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
113|ラッキーライラック
112|1頭
111|2頭
110|5頭
109|2頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○ラッキーライラック
☆1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
ラッキーライラック
2歳時<阪神FS>初見で見た瞬間、
「他馬とはモノ(格)が違うな」と、
人気でも自信の本命◎を打った馬。

もう見ての通りだが、その抜群の前後
の可動域や懐深さ、これぞ「長躯短背
の良さが活きる」といった骨格バラン
スの良さなど。【持続CT型】ベース
のチャンピオンマイラーという馬体。

以上、素材、適性、SPなど、全てに
おいて死角がなくここも当然最右翼。

ただ、今回本命◎は打たず。その理由
としては、以下三つの気になる点故。

まず、一つ目は、全体比で少し前肢が
短めな点。その首差しからの前可動や
前後骨格軸の安定からも、短時間での
SPの最高速での安定感は抜群だろう
が、長時間となるとどうかという点。

「追えば追うほど味が出る」構造では
なく、「追うほど消耗はする」ため、
長時間となると、その前可動や前後の
SP伝達良さという長所が、馬体全体
への負荷となるのは否めず。

そのため、激流を早めに動く横綱相撲
といった競馬だと、最後の直線では首
が上がり、SP惰性が一気に弱まり易
い構造にある。スローでも差しに徹す
るほうがよろし。

二つ目は、仕上がり。悪くはないが、
抜群ではなく多少余裕を残している。
確かに、ここで余裕をかましても、馬
体的には事足りると言えるほど、ライ
バル比で抜けてはいる。ただ、三つ目
の理由をのぞいては。

三つ目は、馬体的に、本馬と肩を並べ
られるライバルがいるという点。しか
も、そのライバルは、本馬とは異なり
、激流になればなるほど、追えば追う
ほど強みを発揮するという馬体。その
馬に、ここで負ければ、オークスでは
逆転は難しいだろう。





この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.710 大阪杯 馬体診断予想~峠最速NSR250Rや馬体の手脚のキレの見極め方の話を
2018/03/31 23:27:13
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 04/01(日)
    阪神11R
    大阪杯(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 8 15 スワーヴリチャード 1:58.2
    2 3 5 ペルシアンナイト 3/4
    3 4 8 アルアイン 1/2
    払戻金
    単勝 15 350円 1番人気
    複勝 15
    5
    8
    150円
    310円
    140円
    2番人気
    5番人気
    1番人気
    枠連 3-8 2,410円 9番人気
    馬連 5-15 2,930円 12番人気
    ワイド 5-15
    8-15
    5-8
    1,020円
    300円
    640円
    13番人気
    1番人気
    6番人気
    馬単 15-5 3,750円 14番人気
    3連複 5-8-15 2,780円 6番人気
    3連単 15-5-8 17,450円 48番人気
    WIN5 9,717,140円 1番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】2000m 内・右
【適 性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
─────────────────
113|1頭
112|ヤマカツエース、他1頭
111|サトノダイヤモンド、他3頭
110|シュヴァルグラン、他4頭
─────────────────



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
─────────────────
◎1頭
○ヤマカツエース
★2頭
▲サトノダイヤモンド、他1頭
☆シュヴァルグラン、他2頭
─────────────────



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
サトノダイヤモンド
典型的な【持続CL型】マイル~中距
離仕様の先行ベターな馬体。いわゆる
東京や京都外1800がベストという
やつだ。

具体的に、何と言っても、本馬最大の
特徴長所と言えば、上質な皮膚質、振
り子サスペンションの首差しや四肢の
軽さとキレにある。

また、上体は、そのサス比で前後の可
動は小ぶり、逆に伸びは相応。また、
その上体に対する上体軸は低めと重心
バランスは低めのシルエットなど。

以上、今回の小回り急坂は適性一息な
舞台ではあるが、前走比で仕上がりは
良化しており、ある程度前半から早め
の競馬なら大崩は考えにくい。スロー
への対応も可。

ただ、距離適性や心肺機能からも、根
幹G1らしい長め距離適性を求められ
るタフ過ぎる流れとなると、淡白さが
ある造りでもあり、脆さを見せる可能
性がある。

ちなみに、最近質問があった「キレ」
という表現について解説しておく。
----------------------------------
例えば、本馬の四肢は「キレがある」
造りと言える。

具体的に説明すると、四肢全体<駆動
側(上腕下部)~先端(蹄)まで>の
「長さと質量(骨量)」のバランスが
、四肢<中心位置~駆動側(上体側)
>よりの場合、「四肢にキレがある」
と表現している。

ちょっとわかりにくいかな。例えば、
後肢で言えば、飛節を中心とした場合
、その上の<脛骨>とその下の<管骨
>との「長さと質量」の比重バランス
をみて、「<管骨>側が長めで質量も
軽い比重にある」場合、「キレがある
な」と感じ解説している。

まぁ、どうしてそうした比重を見るの
かは、四肢を「振り子サス」と表現し
ているように、「メトロノーム」など
をイメージすると、何となく想像が付
くかな。

とにかく、この「キレ」それを見極め
ることで、SPの伝達(加速)、持続
、省エネ燃費(ワンピッチに必要なエ
ネルギー量が高いか低いか)等の各性
能が想像できるというわけだ。

ちなみに、四肢に「キレがある」の逆
は、「四肢が重めな造り」などと表現
している。また、この「キレ」も独自
用語なので、一般的な馬体用語ではな
く勘違いなさらないよう。
----------------------------------



シュヴァルグラン
過去、当馬体診断で「馬体の基本」な
どを解説する上で、サンプル素材とし
て最適なため、何度もその特徴などを
解説済の本馬。

ズバリ、「馬体の見極めが本当にでき
ているのか?」これが「本馬の馬体診
断の結果一つで判定できる」といった
らいいか。

見ての通り、本馬最大の特徴は、「胴
が全体比で短め」になるほどの「き甲
肩口の広さ(寝肩)による背が短め、
かつ、その上体比で体高がある」独特
なシルエット。いわゆる「箱型で長躯
短背」な骨格バランスだ。

以上、特徴的で見極めが簡単な馬体だ
からこそ、この程度で、実績からの先
入観「馬体も長距離馬らしいだろう」
や、巷に広まっている何の裏づけもな
いただの馬体常套文句「長距離馬は胴
が長い」にとらわれるようでは、まだ
まだ、馬体を見る経験(数)が全く足
りていないと言える。

ズバリ、本馬を「胴長で長方形」のシ
ルエットと判断する目とは、バイクで
例えれば、そうだな…

「峠最速と言われたNSR250Rを
車体が長いアメリカンバイクだな」と
判断見間違うレベル。本当にバイクを
数見ている人なら、ありえないレベル
の間違いだ。

今走の話に戻すが、急坂は問題ないが
小回り適性一息。また、SP絶対値や
自身の強みからも、2000ではタフ
な流れが必須で、スローでは厳しい。
仕上がりも多少余裕があるな。



ヤマカツエース
3歳時にマイル路線でその馬体をみて
、一目でこれはもったいないと思った
馬で、文句なしの馬体好素材。あまり
数多くない【加速A型】ベースの根幹
王道向きの馬体である。

以上、ここは無論ベスト条件だ。が、
ここ数年加齢があり、仕上がりも劇的
な良化がない今回、勝ち負けまではど
うかな。

ちなみに、馬体を通して競馬に向き合
うと、全く合わない距離や条件ばかり
を使われ続け埋もれていく馬に数多出
会う。

だからこそ、この馬を見ると、本当に
つくづく、よくこうして王道G1に名
を連ねる今の位置まで走ってきたなと
感慨深い。

この王道向きの馬体をして、デビュー
後、短マイル路線を選ぶような相馬眼
のない人側に囲まれた状況下にいての
この結果だ。ほんと馬の力さまさまだ
な。





この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.709 高松宮記念 馬体診断予想~外国馬ブリザードの馬体について
2018/03/24 19:05:29
カテゴリー: G1
  • 03/25(日)
    中京11R
    高松宮記念(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 5 9 ファインニードル 1:08.5
    2 4 8 レッツゴードンキ ハナ
    3 4 7 ナックビーナス 1/2
    払戻金
    単勝 9 550円 2番人気
    複勝 9
    8
    7
    240円
    220円
    750円
    3番人気
    2番人気
    8番人気
    枠連 4-5 1,300円 5番人気
    馬連 8-9 1,690円 5番人気
    ワイド 8-9
    7-9
    7-8
    700円
    2,290円
    2,760円
    6番人気
    23番人気
    26番人気
    馬単 9-8 3,170円 9番人気
    3連複 7-8-9 15,910円 46番人気
    3連単 9-8-7 60,450円 169番人気
    WIN5 111,520円 2番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中京
【距 離】1200m 芝・左
【適 性】C/T型-S(持続/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
─────────────────
111|セイウンコウセイ、他3頭
110|5頭
109|レッツゴードンキ、他1頭
─────────────────



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
─────────────────
◎1頭
★ブリザード、他1頭
▲セイウンコウセイ
☆3頭
─────────────────



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
セイウンコウセイ
いかにも、父アドマイヤムーン産駒の
馬体上級素材らしいSP伝達が安定し
た箱型でバランスの良い骨格構造。

ただ、同父で「文句なしの好馬体」と
高評価していたあのハクサンムーンと
どうしても比べてしまい、物足りなさ
がある。ハクサン比で、サスのキレや
軽さなど、素材的に一枚、二枚落ちか
な。

以上、ここにきて仕上がりは良化。加
齢の影響も見られず、それなりに動け
るだろうが。



レッツゴードンキ
芝G1の桜花賞馬だが、その馬体は、
むしろ、ダートも合うのではと思って
いた馬で、前走G1<フェブラリーS
>では、これはいいタイミングだと、
本命◎を打ったかと思う。

結果5着だったか。通過順や位置取り
、上がり時計などを見たが、まずまず
馬体のポテンシャルを発揮できたかな
という印象。

今回の話に戻すが、【万能N型】マイ
ラーでスプリント戦ではタフな流れが
ほしい。その点、根幹1200G1と
いう条件はいい。

ただ、芝戦となると、今回ライバル比
でも、そのサス軽さや距離融通性以外
、SP絶対値やコース適性など、抜け
た強みに欠ける。そのため、ダート戦
以上に、ハマリ要素、能力依存が高く
なる。評価としては、穴☆あたりか。

以上、仕上がり次第点で、前走よりも
人気となっている今回、やはり、馬体
&馬券的にも狙うべきは前走だな。



今回<馬体写真なし>
─────────────────
外国馬ブリザード
正肢の写真が見つからないが、馬名を
英語でググってみたりと、何枚か歩様
時などの写真を確認できた。

ズバリ、その首差しや四肢など、振り
子サスペンションの造りに軽さや尺が
あり、前後とも幅も薄手ではないか。
前後の可動や折バランス、後肢の飛節
管からも、いわゆる【加速A型】仕様
の短距離馬といったタイプではなく、
間違いなく【持続C型】向きの構造が
ベースだろう。

以上、脚質も十中八九差しベターとい
う構造のはずで、コース適性的にも、
昨年来日した中山<スプリンターズS
>よりも、馬体的に怖さがある。



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
─────────────────
111|セイウンコウセイ、他3頭
110|5頭
109|レッツゴードンキ、他1頭
─────────────────



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
─────────────────
◎1頭
★ブリザード、他1頭
▲セイウンコウセイ
☆3頭
─────────────────





この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.701 フェブラリーS 馬体診断予想~今の時代だからこそゴールドドリームは王者になれる
2018/02/18 07:00:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 02/18(日)
    東京11R
    フェブラリーS(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 12 ノンコノユメ 1:36.0
    2 7 14 ゴールドドリーム クビ
    3 3 6 インカンテーション クビ
    払戻金
    単勝 12 1,070円 4番人気
    複勝 12
    14
    6
    280円
    130円
    350円
    4番人気
    1番人気
    6番人気
    枠連 6-7 870円 3番人気
    馬連 12-14 1,140円 3番人気
    ワイド 12-14
    6-12
    6-14
    520円
    2,620円
    720円
    4番人気
    28番人気
    8番人気
    馬単 12-14 3,530円 13番人気
    3連複 6-12-14 6,540円 20番人気
    3連単 12-14-6 41,560円 125番人気
    WIN5 4,600,520円 4番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】1600m ダート・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|テイエムジンソク、ケイティブレイブ、他1頭
111|2頭
110|ゴールドドリーム、他7頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎2頭
○テイエムジンソク
★ケイティブレイブ
▲ゴールドドリーム
☆3頭
―――――――――――――――――



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ゴールドドリーム
父ゴールドアリュール産駒の活躍馬は
、<中距離先行型>という馬体構造に
ある馬が多い印象だが、本馬は、典型
的な<マイル差し型>という構造だ。

また、初見3歳当時からの加齢による
成長具合も、骨格の変化より、筋肉の
増加が顕著と、いわゆる標準的。

元々、以前は「芝マイルでも」と思え
る薄さがある造りだったが、今は見て
の通り、ダートを主戦場とする馬らし
い屈強さを身に着けている。

良く言えば、より【加速A型】要素が
増し、「ダート戦やスローの凡戦向き
のSP仕様になった」と言え、レース
での堅実さが増したと言える。

悪く言えば、素軽さが低下、走行中の
馬体の前後連動による全身への負荷が
増加と、【持続C型】要素が低下。

つまり、一完歩(ワンピッチ)で生み
出すエネルギー量自体は増加したが、
その分、エネルギーの燃焼効率が悪く
なり、以前よりも、長時間の走行での
エネルギーの消費量が増えた仕様に。

つまりは、以前よりも「距離はもたず
、力勝負(総合力勝負)は向かない」
仕様になってきたと言える。

以上、馬体的に言えば、ここが単なる
SP勝負の凡戦となれば、最右翼の評
価ができる馬体にはある。十中八九、
本G1もそうなる可能性は高いかな。

そういえば、その昔、強さも求められ
るマイル戦より、SP勝負の1400
や1200のスプリント戦で安定した
強さを誇ったブルーコンコルドと馬体
が近いかな。

今だからこそ、チャンピオンになれる
が、ひと昔前なら、マイルで頂点には
立てない馬だろう。



テイエムジンソク
見ての通り、馬体を見れば、明らかに
一頭だけ異色。もう違い過ぎており、
解説は不要かな。くわしくは、過去の
バックナンバー参照。

一言で言えば、ダート路線の馬ながら
、単なる「芝仕様の馬体」ではなく、
「芝仕様の好馬体」だ。

以上、SP絶対値だけでなく持続力も
問われる「強い馬しか生き残れない」
レースとなれば、馬体的に、文句なし
で最右翼。

ただ、昨年の<チャンピオンS>以上
に、距離短縮となる今回、馬体的に、
強気の乗り方が必要となる。

<チャンピオンS>と同じ轍を踏まな
ければいいが、同じチキンな騎乗では
、より馬体のポテンシャルが発揮でき
なくなり、善戦も難しくなるだろう。



ケイティブレイブ
いかにも「ノーザンテースト系らしい
」という馬体。この手の馬体を、昔は
よくみかけたものだが、今では、芝の
クラシックや古馬王道路線ではあまり
見なくなった。いわゆる「SS系時代
の到来」というやつだな。

ちなみに、「馬体的に何が違うのか」
いい機会なので少し解説しておこう。

ズバリ、ことばで一言で言い表すなら
----------------------------------
ノーザンテースト系…全身のSP伝達、走行の安定性
サンデーサイレン系…全身のSP収縮、走行の振動性
----------------------------------
それに向く(優れた)骨格構造をして
いる、そんな感じだ。

と、話がどんどん逸れそうなのでこの
辺で。

以上、【持続CL型】先行ベターで、
かなり特化型と言える強みがある造り
だが、やわらかみや、その特化した強
みと反するアンバランスな構造(四肢
)もあるなど、加減速が激しい流れや
乗り方は向かない。

「いかにマイペースなピッチで、長い
時間走らせることができるか」これに
かかっており、レースの流れにあわせ
た乗り方では良さは活きない。強引か
極端な乗り方ができるかどうか。

その意味で、保守的な印象にある祐一
が乗るというのはどうか。無難に乗る
のではなく、怪我の功名ならぬ、出遅
れでもして、下手うった功名でもない
限りは、馬体ポテンシャルを100%
発揮するのは難しいと思うが。



今回、いつも通り根幹G1らしいハイ
ペースと決め打ちしての「強さ決着」
だけでなく、スローの「凡戦決着」の
評価印も公開してみた。



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|テイエムジンソク、ケイティブレイブ、他1頭
111|2頭
110|ゴールドドリーム、他7頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎2頭
○テイエムジンソク
★ケイティブレイブ
▲ゴールドドリーム
☆3頭
―――――――――――――――――

※凡戦決着なら ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎ゴールドドリーム
○1頭
★1頭
▲1頭
☆2頭
―――――――――――――――――





この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ