馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね4

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2018/10/21 07:12


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2018年10月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.754 菊花賞 馬体診断予想~今年も一頭「これは!」と期待を抱かせてくれる馬がいるが…
2018/10/21 07:12:46
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 10/21(日)
    京都11R
    菊花賞(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 12 フィエールマン 3:06.1
    2 5 9 エタリオウ ハナ
    3 4 7 ユーキャンスマイル 11/2
    払戻金
    単勝 12 1,450円 7番人気
    複勝 12
    9
    7
    450円
    160円
    600円
    8番人気
    1番人気
    10番人気
    枠連 5-6 1,860円 6番人気
    馬連 9-12 2,380円 6番人気
    ワイド 9-12
    7-12
    7-9
    930円
    4,610円
    1,550円
    8番人気
    45番人気
    18番人気
    馬単 12-9 6,010円 22番人気
    3連複 7-9-12 16,710円 56番人気
    3連単 12-9-7 100,590円 317番人気
    WIN5 3,012,220円 7番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    9着 2 4 ジェネラーレウーノ 11.2 4 57.0 牡3 田辺裕信 美浦矢野英一 506.0
    14着 3 6 メイショウテッコン 12.5 5 57.0 牡3 松山弘平 栗東高橋義忠 498.0
    2着 5 9 エタリオウ 3.6 2 57.0 牡3 M.デムーロ 栗東友道康夫 472.0
    12着 5 10 アフリカンゴールド 24.5 9 57.0 牡3 松若風馬 栗東西園正都 460.0
    15着 6 11 コズミックフォース 115.3 14 57.0 牡3 浜中俊 美浦国枝栄 472.0
    1着 6 12 フィエールマン 14.5 7 57.0 牡3 C.ルメール 美浦手塚貴久 480.0
    7着 8 17 シャルドネゴールド 138.3 15 57.0 牡3 藤岡康太 栗東池江泰寿 450.0
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】京都
【距 離】3000m 芝・右 外
【適 性】C/l型-E(持続/非根幹-ステイヤー)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|フィエールマン
111|ジェネラーレウーノ、他2頭
110|3頭
109|3頭
108|エポカドーロ、他1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★フィエールマン、他1頭
○1頭
☆2頭
▲ジェネラーレウーノ
―――――――――――――――――



▼馬体結論

昔は、最も得意としていたG1だった
この菊花賞。

色々な要素から、「結果に馬体が最も
影響し易いレース」だった故だが。

それも、SP化という時代の流れによ
り、ここ近年はちょっと趣が異なって
きた印象にある。

とは言え、馬体だけで評価予想する以
上、「長距離ステイヤーらしい馬体」
を高評価したい。するしかない。

まぁ、今年は一頭、「これは!」とい
う期待を少し抱く馬がいる。

では、馬体解説へ。


今回<馬体写真あり> ※プレミア記事完全公開
─────────────────
エポカドーロ
この馬体を見れば、勝ち切った<皐月
賞>より、<ダービー>で2着という
のが何より驚きだ。

それほどまでに、その筋肉比重の多さ
や骨格構造などが、SPや持続力の面
で足かせとなりそうなほどの造りにあ
る。

加え、【加速A型】仕様の屈強で強靭
な馬体の馬らしく、春から秋にかけて
の成長も、思った通り「パワー化」が
見てとれる。

それは、単に「仕上がりとしては良化
」と言える。

が、一方で、G1など芝の上級戦での
SP面や距離延長に対しては、マイナ
スに働き易い要素であり、「良くない
成長」と言える。

以上、胸前から腹袋への造りなど、上
体容量の大きさから、心肺機能自体の
良さはある。

が、その上体可動や筋肉過多、前振り
子首差しの重さなどから、適性一息な
【持続C型】京都外回りの、しかも、
3000mといった長時間走行におい
ては、燃費消耗が高くなり、ガス欠の
可能性が懸念される。

やはり、馬体を見れば、逆立ちしても
、<菊花賞>向きとは言えず。真っ先
に消すべき馬と言える。ここは、能力
頼みだ。



ジェネラーレウーノ
某サイトの解説にあるように、確かに
全体でパッと見、その黒光りする毛色
、振り子尺長やアウトラインのやわら
かみなど、「同父スクリーンヒーロー
産駒のゴールドアクターに近いものが
ある」と、言いたくなるのはわかる。

ただ、あくまで、それは毛色やざっく
りとした造りなど、「大枠は近いもの
がある」というところ。いわゆる馬体
の「印象」は近いな。

が、実際に、ゴールドアクター比で、
馬体を見比べてみたが、本馬のほうが
、より胴長、重心低めの構造にあり、
よりSP仕様にある。

以上、典型的な【持続C型】ベースで
あり、<パーツ単位>では、長距離向
きの要素もある造り。つまり、コース
や距離「質」適性は合う舞台。

が、一方で、<構造的>に、心肺機能
や長時間走行での燃費性能にリスクを
内存した造りでもある。つまり、距離
「尺(長さ)」適性はベストに非ず。

その意味で、前走比で少し条件暗転と
、パフォーマンスを下げてくる可能性
があるかな。

そうだな、毎度のバイクに例えると、
「ゴールドアクターというバイクの、
ホイール小径化、シングルシートに、
否、フレームの長さ的にもシートはダ
ブルかな。まぁ、ハンドルはアッパー
からセパハンへ」と言った感じが本馬
かな!?。

とまぁ、いつものように、例えとして
完全にしっくりはこないが、ニュアン
スで言えば、そんな感じだ。

ズバリ、馬体の「印象」で見れば近い
が、馬体の「特徴」を見て「適性」を
見抜くと、ちょっとスピードモデルに
なっているな、というヤツだ。

と言っても、ゴールドアクターも本馬
も前振りまでのSP伝達は遅く、最高
速到達に時間がかかる。積極的に乗る
必要はあるだろう。



フィエールマン
父ディープインパクト産駒ということ
でベタ過ぎる感はあったものの、確か
、前走の初見で馬体を見た時、これは
おぼえておかねば、と思った本馬。

その馬体から、前走は酷評したかと思
うが、素材の良さ自体はにおわせてい
たんじゃないか。

実際、前走のバックナンバーを見返し
てみたが、うーん、これは、ちょっと
細かく書き過ぎてしまっているな。も
うかなりネタバレだな。せっかくここ
まで書いたのでリンクを載せておく。

----------------------------------
フィエールマンの馬体解説
----------------------------------

以上、とにかく個人好みである生粋の
ステイヤーという造りではなく、まだ
色々と目につく部分はあるものの、そ
のやわらかみや軽さなど、馬体の収縮
性能の裏付け抜群ここでは随一。いか
にも父ディープインパクトらしい素材
の良さからも、ここがダメでも、先々
、かならず重賞は勝てるはずだ。

後、残念なことに、明らかに適性合わ
ない一戦だった前走で好走している。

本当は、馬券的に大敗しておいてほし
いところだったが、まぁ、それなら、
この菊花賞には出てこれなかったか。




今回<馬体写真なし> ※プレミア記事完全公開
─────────────────
カフジバンガード
時間なく端的に行く。<サマーセール
1歳>時の馬体を確認。フレームや容
量からも、長距離ステイヤー戦で狙い
たい造りに非ず。SP伝達やハンドリ
ング性能は高いだろう。




▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★フィエールマン、他1頭
○1頭
☆2頭
▲ジェネラーレウーノ
―――――――――――――――――



[全部読む]
タグ: 未設定
(この記事は2018/10/21 16:00まで1000円で販売していました。)
No.753 秋華賞 馬体診断予想~馬体から「この馬」はおぼえておきたい。
2018/10/14 07:10:00
カテゴリー: G1
  • 10/14(日)
    京都11R
    秋華賞(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 11 アーモンドアイ 1:58.5
    2 7 13 ミッキーチャーム 11/2
    3 1 2 カンタービレ
    払戻金
    単勝 11 130円 1番人気
    複勝 11
    13
    2
    110円
    280円
    220円
    1番人気
    5番人気
    4番人気
    枠連 6-7 710円 5番人気
    馬連 11-13 880円 4番人気
    ワイド 11-13
    2-11
    2-13
    420円
    340円
    1,500円
    4番人気
    3番人気
    14番人気
    馬単 11-13 1,000円 4番人気
    3連複 2-11-13 2,360円 6番人気
    3連単 11-13-2 5,600円 13番人気
    WIN5 2,480,860円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    5着 1 1 ラテュロス 156.8 13 55.0 牝3 秋山真一郎 栗東高野友和 418.0
    4着 3 5 サラキア 14.3 4 55.0 牝3 池添謙一 栗東池添学 442.0
    12着 3 6 パイオニアバイオ 96.3 9 55.0 牝3 柴田善臣 美浦牧光二 432.0
    1着 6 11 アーモンドアイ 1.3 1 55.0 牝3 C.ルメール 美浦国枝栄 480.0
    8着 7 14 ゴージャスランチ 117.1 10 55.0 牝3 横山典弘 美浦鹿戸雄一 500.0
    15着 7 15 ハーレムライン 344.4 17 55.0 牝3 大野拓弥 美浦田中清隆 458.0
    13着 8 18 ダンサール 25.1 7 55.0 牝3 M.デムーロ 栗東須貝尚介 518.0
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】京都
【距 離】2000m 芝・右
【適 性】N/T型-L(中立/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
113|1頭
111|ラテュロス、ウラヌスチャーム、他5頭
110|4頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
☆ラテュロス、他2頭
▲1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
ラテュロス
2歳時に見た馬体素材の良さや適性か
ら、前走の<ローズS>では、確か、
本命◎指名をした本馬。

結果、13番人気で3着と、まずまず
馬体に見合った走りだった模様。
----------------------------------
2018ローズS~ラテュロス本命◎ 
----------------------------------

また、乗り方も、「先行逃げはNGな
構造にあり、是非とも差してほしい」
と指摘して、偶然か、馬体に見合った
騎乗をしていて頂けた模様。本当に、
馬にとってはよかったよかった。

以上、見ての通り、スピードマイラー
ベースの仕様にあり、まぁ、スローの
凡戦なら、ライバル比でSP面や素材
の良さからも怖さはある。

ただ、距離延長での小回りが前走比で
大きなマイナスほどでないにしろ、プ
ラスでは決してない。

やはり、馬券&馬体的にも、今回狙う
のでは遅く、前走こそがベストベット
なタイミングだったと言える。



ウラヌスチャーム
抽選漏れか。まぁ、出走していても、
この中途半端な舞台、強さ勝負にはア
ンフェアであるこのG1で、本線◎★
まで打ったかどうかは人気次第だが。

それでも、牝馬らしからぬその規格ス
ケールは魅力だった。軽さの面で今一
つだが、この馬はおぼえておきたい。



著書もあわせてどうぞ♪


[全部読む]
タグ: 未設定
(この記事は2018/10/14 16:00まで500円で販売していました。)
No.750 スプリンターズS 馬体診断予想~外国馬ラッキーバブルズの馬体やいかに
2018/09/29 15:50:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1
  • 09/30(日)
    中山11R
    スプリンターズS(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 4 8 ファインニードル 1:08.3
    2 5 9 ラブカンプー クビ
    3 1 1 ラインスピリット 1/2
    払戻金
    単勝 8 280円 1番人気
    複勝 8
    9
    1
    150円
    510円
    1,400円
    1番人気
    9番人気
    14番人気
    枠連 4-5 1,150円 4番人気
    馬連 8-9 4,140円 15番人気
    ワイド 8-9
    1-8
    1-9
    1,340円
    3,740円
    13,850円
    15番人気
    40番人気
    87番人気
    馬単 8-9 5,260円 20番人気
    3連複 1-8-9 65,370円 165番人気
    3連単 8-9-1 209,620円 578番人気
    WIN5

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    14着 3 5 アレスバローズ 13.5 6 57.0 牡6 藤岡佑介 栗東角田晃一 492.0
    8着 4 7 キャンベルジュニア 55.3 12 57.0 牡6 田辺裕信 美浦堀宣行 532.0
    12着 6 11 セイウンコウセイ 14.8 8 57.0 牡5 池添謙一 美浦上原博之 504.0
    7着 6 12 ナックビーナス 3.4 2 55.0 牝5 J.モレイラ 美浦杉浦宏昭 520.0
    7 14 ラッキーバブルズ 29.8 9 せん7 492.0
    13着 8 15 ムーンクエイク 14.5 7 57.0 せん5 C.ルメール 美浦藤沢和雄 510.0
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】中山
【距 離】1200m 芝・右 外
【適 性】A/T型-S(加速/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|3頭
111|ファインニードル、レッツゴードンキ、他2頭
110|5頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★2頭
☆ラッキーバブルズ
▲1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
ファインニードル
同父アドマイヤムーン産駒のセイウン
コウセイなどと見比べるまでもなく、
見ての通り、全体シルエットからも、
かなり癖が強い馬体の本馬。

その馬体、良く言えば「駆動部充実で
SP伝達と惰性も兼備」。悪く言えば
まぁ、一言「ブサイク」かな。

ズバリ、いわゆるバランスのとれた造
り(好馬体)ではなく、SP裏付けや
加速性能自体は確かだが、SP連動の
緩さがある。心肺などの容量も標準。

故に、フラット平坦【持続C型】コー
スの東京・京都外・中京などよりも、
断然、今回の中山【加速A型】戦はい
い。が、決して「急坂向きとは言えな
い構造的な特徴」も見逃せず。

わかり易く言えば、<坂の真っ只中>
でのSP加速では、馬体への負担が大
きくなり易い構造。そのため、<急坂
前>に、ギアを上げ切ってSPに乗っ
ている必要があるというわけだ。

以上、今回仕上がりも良い。が、その
あたり含め、基本、根幹1200より
1400ベターという構造。馬体から
信頼がおきづらいリスクが見てとれる
以上、1番人気では評価しても押え▲
までと、印を打つ意味がないかな。



レッツゴードンキ
これまで、その「名馬然とした顔立ち
や典型的なパワーマイラー」という馬
体から、ダートG1参戦で評価したり
など、色々とあったな。その具体的な
馬体解説は、過去バックナンバーを参
照。

以上、今走適性高く、ここも距離不足
を補う流れとなれば、怖さはあるが、
まぁ、そろそろ重い印などの評価は、
実績や人気からも旨味がないかな。

ちなみに、よく巷の馬体解説などで、
若駒当時はクラシックを歩んでいた馬
が、古馬となり、ローテ実績が短距離
となってきた場合に、「馬体までも、
短距離仕様に…」等と言うのがある。

が、まぁ、これほどいい加減な馬体解
説はない。

その大半は、「馬体が変わってきた」
のではなく、「見る者の主観が変わっ
た」に過ぎず。

人は、馬体を見ているようで、その実
、自分(のとらわれや先入観)を見て
しまうもの。

ズバリ、馬体診断において、最も注意
すべきは、馬体をどうみるどこをみる
などの<見方>よりも<心の在り方>
が最重要。無論、私自身も日々、この
ことを肝に銘じている。

だからこそ、成績、レース、調教など
、馬体以外の要素は、極力見ない加味
しないという、この『馬体一刀』とい
うスタンスをとっている。仮に、見る
場合も、それは、馬体を見て、評価を
下した(印を打った)後の話。



外国馬<馬体写真なし>
─────────────────
ラッキーバブルズ
残念ながら、毎度のようにJRA公式
HPには、単なる馬の写真しかなく、
ググっても、レース走行中のギャロッ
プ写真しか見つからず。

そのため、あくまで馬体は想定の域を
出ないが、その首抜けの良さ、首差し
の造り、前駆の深み、他、前後バラン
スなどから、今回のメンバーで言えば
、レッツゴードンキが近いタイプだろ
う。スプリンターというよりも、マイ
ラーベースではないか。

以上、正肢勢の写真がない今回、仕上
がりも不明だが、それでもわかるほど
の「大物、抜群という規格スケール」
の馬体ではないかな。

そういえば、確か今年の<宝塚記念>
では、この感覚、ギャロップその他の
写真だけで、間違いなく「馬体大物」
と感じた香港馬に本命◎を打ったと思
うが、そんなレベルの馬体は稀だ。

まぁ、それでも本馬は、小ぶり小粒と
いった規格の馬体ではないだろうが、
それなりの規格スケールと加味しても
、今回馬体写真があるレッツゴードン
キと同等程度と、人気薄なら穴☆でも
といった程度。

(参考)宝塚記念~「馬体大物」香港馬ワーザー本命◎指名





[全部読む]
タグ: 未設定
(この記事は2018/09/30 16:00まで500円で販売していました。)
No.725 宝塚記念 馬体診断予想~夏のグランプリ、私の夢◎は久々の馬体大物候補に
2018/06/23 15:50:00
カテゴリー: G1
  • 06/24(日)
    阪神11R
    宝塚記念(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 4 ミッキーロケット 2:11.6
    2 7 13 ワーザー クビ
    3 1 2 ノーブルマーズ
    払戻金
    単勝 4 1,310円 7番人気
    複勝 4
    13
    2
    390円
    550円
    790円
    6番人気
    10番人気
    11番人気
    枠連 2-7 2,110円 7番人気
    馬連 4-13 9,200円 44番人気
    ワイド 4-13
    2-4
    2-13
    3,450円
    3,540円
    7,160円
    46番人気
    47番人気
    69番人気
    馬単 4-13 19,630円 87番人気
    3連複 2-4-13 93,450円 238番人気
    3連単 4-13-2 492,560円 1272番人気
    WIN5 1,156,800円 7番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神内
【距 離】2200m 芝・右
【適 性】A/L型-I(加速/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|サトノクラウン
111|サトノダイヤモンド、ステファノス、他5頭
110|6頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○サトノダイヤモンド
★ステファノス、他1頭
☆1頭
▲サトノクラウン、他3頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
サトノダイヤモンド
古馬となり、3歳時のような安定した
レースパフォーマンスを出せていない
が、相変わらず、首差しや四肢など、
サスペンションのキレや軽さ、上質な
皮膚質は素晴らしく、今回も仕上がり
自体は悪くない。

やはり、以前から指摘している通り、
その馬体は、典型的な「胴伸び長手な
上体故、長距離向きではない」構造に
あり、典型的なマイル~中距離仕様。
ここ最近の不甲斐なさは、馬体的には
納得できるものだ。

以上、馬体のタイプは【持続CL型】
と、今走コース適性はベストではない
が、ハンドリング性能自体は高めで、
2200の非根幹自体はベスト。

その意味で、根幹2000の前走<大
阪杯>より、走り易い舞台でもあり、
マイペースの完歩を保ち、ある程度、
早め先行などの競馬ができれば、ここ
数戦とは違った走りができるはずだ。



サトノクラウン
「G1を勝つならこの宝塚しかない!
…そんな馬体だ」と評価し、確か、昨
年の本レースで本命◎を打った記憶が
ある。

以上、馬体のタイプは【加速AL型】
ベースのマイル中距離仕様の先行ベタ
ーの典型。ここはベストの舞台。

また、どうやら週末雨となりそうで、
その点でもプラスに働く「前後可動、
駆動、上体ライン」などがある。

と、今年も適性面含め、高評価すべき
だが、まぁ昨年本命◎を打ったことも
あり、しかも、今年は仕上がりが明ら
かに甘い。本命◎の番手あたりの印で
いいかな。



ステファノス
その昔、<皐月賞>で激走指名した馬
で、結果、馬体に合わない騎乗で残念
な結果となってしまったという「馬体
的にいわく付き」だった本馬。

が、ようやく昨年、その<皐月賞>と
同じ舞台適性である<大阪杯>にて、
自信の本命◎で、きっちりその借りを
返してもらった。

以上、ということで、個人的には、も
う本線◎★など重い印を打つのはもう
いいかな。

無論、馬体は、典型的な【加速A型】
要素が強めの中距離仕様の好素材で、
ここも、素材、適性、仕上がり含め、
総合的には、最上位の評価ができる。

まぁ、対抗○あたりが無難かな。人気
次第では、もう一度狙ってもいいか。
非根幹ということもあり、SP裏づけ
からも、ある程度、積極的な競馬がい
いだろう。



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|サトノクラウン
111|サトノダイヤモンド、ステファノス、他5頭
110|6頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○サトノダイヤモンド
★ステファノス、他1頭
☆1頭
▲サトノクラウン、他3頭
―――――――――――――――――





この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.720 安田記念 馬体診断予想~時に悲願達成にはスマートな騎乗より負けて納得の騎乗を求む
2018/06/03 07:10:00
カテゴリー: G1
  • 06/03(日)
    東京11R
    安田記念(G1)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 5 10 モズアスコット 1:31.3
    2 2 4 アエロリット クビ
    3 1 1 スワーヴリチャード 3/4
    払戻金
    単勝 10 1,570円 9番人気
    複勝 10
    4
    1
    410円
    290円
    160円
    9番人気
    4番人気
    1番人気
    枠連 2-5 4,170円 21番人気
    馬連 4-10 7,370円 31番人気
    ワイド 4-10
    1-10
    1-4
    2,100円
    1,020円
    680円
    30番人気
    11番人気
    4番人気
    馬単 10-4 15,290円 62番人気
    3連複 1-4-10 6,560円 19番人気
    3連単 10-4-1 63,280円 218番人気
    WIN5 11,497,740円 9番人気
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】東京
【距 離】1600m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
113|1頭
112|2頭
111|サングレーザー、他3頭
110|4頭
109|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
▲1頭
★2頭
☆サングレーザー、他2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
─────────────────
サングレーザー
少し前にいた「サダムパテックと骨格
比重が似ているな」と思った馬で、い
わゆる「可動域で完歩幅を稼ぐのでは
なく、可動の位置(高さ)で完歩幅を
稼ぐ」といった構造。

この構造の違い、もう少しわかり易く
言うと、「全身の収縮振りから、持続
力を生み出すのではなく、馬体一部分
の特徴で、結果、持続性の高さがうま
れる」と言えばわかるか。

毎度のバイクに例えるなら、…うーん
残念。今一つしっくりと例えが思い浮
かばず。

そうだな、例えば、水泳のバタフライ
で、「全身の柔軟性で推進力を生み出
すのではなく、手足の長さで、結果、
ワンピッチ(一掻き)の推進力を生ま
せる」構造の違い。これでどうだ。

以上、とにかく、この手の構造の結論
を説明すると、サダムパテックや本馬
のような特徴の馬体の馬は、長時間走
行しないうちは、【持続C型】コース
もいい。マイルまでなら強引な競馬が
良くだろう。

逆に、それ以上の中長距離では、東京
で強引積極的な競馬をすると、全身や
心肺への負担からも距離がもたない。
という分類見極めをしている。



ムーンクエイク
初見。前後バランスの良い箱型で骨格
軸が安定したシルエットで、首差しの
キレもあるなど、アドマイヤムーン産
駒の馬体上級素材らしい。いい馬だ。

以上、父産駒らしい短マイル仕様だが
、これまでみてきた父産駒の上級素材
のなかでも、その上体の前後容量深み
はかなりのもので、【万能NT型】の
チャンピオン系と言ってよい。

ただ、残念ながら、後述サトノとは正
対、藤沢和厩舎というのが裏目かな。
現に、仕上がり切っているとは言えず
、甘いな。と、思ったら、出走してい
なかった。




著書もあわせてどうぞ♪


この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ