馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/10/15 01:49


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2017年10月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.672 京都大賞典 馬体診断予想~世の中、政治家も馬体メディアもいい加減なものが多過ぎる
2017/10/09 07:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】京都
【距 離】2400m 芝・右 外
【適 性】C/T型-L(持続/根幹-長距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|シュヴァルグラン、他2頭
111|2頭
110|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○シュヴァルグラン
★1頭
☆1頭
―――――――――――――――――



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

変則開催のため、一気に総評にて書き
上げる。


毎日王冠と比較して、馬体的にもかな
りローレベルなメンバー構成。

まず、前日の馬体診断と重複するが、
「ダービー馬マカヒキは、なせ馬体的
にベストの弱メンバー相手のここでは
なく、強敵相手、しかも距離不足とな
る毎日王冠に使ったのか?」

近年というか、そもそも毎日王冠で、
馬体長距離砲が勝ち負けした記憶など
ほとんどない。

かろうじて、思い当たる馬と言えば、
昔も昔、あのイナリワンくらいだ。

馬体は本格派で高評価しているマカヒ
キだが、能力は一転、過去レースパフ
ォーマンスがG1馬として凡庸で物足
りず。

無論、能力がイナリワンにおよぶわけ
もなく、結果も予想通り。負けるべく
して負けた一戦と言える。

まぁ、馬体や能力以外の色々な事情が
陣営サイドにはあったのだろう。


と、話を出走メンバーに戻す。

ざっと見渡して、無難に馬体最右翼は
シュヴァルグランかな。

よく、その馬体「胴短だけど、長距離
向きだよ」と、その骨格構造のわかり
易さなど、再三例として解説している
馬だが、今回、適性屈指で相手関係か
らも、この馬中心でしかたがない。

しかしながら、<馬体写真>のみ参考
にしている某サイトの馬体コメントが
「微妙なニュアンス」になっている。
ズバリ、「胴長」が消えている。

確か、その某サイトで、本馬の馬体を
「胴長」と解説してあったのをみて、
さすがにそれはないなと、仰天驚いた
のが、当馬体診断で本馬の細かな馬体
解説をするに至ったきっかけだったは
ず。

まぁ、さすがに、本馬の馬体を何度も
見ていくうちに、「胴長」というには
、あまりにも無理があり過ぎるのに、
ようやく気づいたのだろう。

とにかく、公の大手メディアの馬体に
関するものは、なぜこうも素人レベル
ばかりなのか?、昔から変わらないが
不思議でしかたがない。


と、一気に書き綴るとまとまりがなく
馬体解説以外の愚痴も多くなってくる
のでこの辺で。

フォローしておくと、馬体解説として
競馬○ックよりは、馬体○ォー○スの
コメントのほうが、まだ、全然まとも
な時が多い。○ックはど素人問題外。


他、話を戻す。…つづきプレミア記事完全公開

予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○シュヴァルグラン
★1頭
☆1頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.671 毎日王冠 馬体診断予想~馬体の見極めには「1.印象、2.特徴、3.適性」までの三段階がある
2017/10/07 22:23:31
カテゴリー: 馬体の基本解説 G2
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1800m 芝・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|サトノアラジン、他2頭
111|1頭
110|2頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★ヒストリカル、他1頭
☆1頭
▲サトノアラジン、他1頭
―――――――――――――――――



▼馬体解説 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
サトノアラジン
牡馬らしい雄大なき甲までの前背線ア
ウトラインや皮膚質の良さなど、血統
がいかにも良血っぽいのもあり、いわ
ゆる「素人ウケしそう」な馬体。

つまり、馬体の知識なく「漠然と見る
」者にとっては、好印象を抱き易いこ
とが想像できる。この手はパドックな
どで見栄えがするタイプだ。

が、その馬体をしっかり「骨格(構造
)的に見ていく」と、非常に特徴的な
造りにある。結論から言えば、よく言
う「緩くはないが【持続CL型】構造
の典型」だ。

具体的に、首差しや四肢などサスペン
ションの長さや骨量に対し、その前後
連動の伸び一息(胴短)、かつ、前後
の懐も浅め(上腕&大腿骨小ぶり)。

簡単に言うと、長躯短背も重心高いい
わゆる「キリンさんタイプ」の構造。
同週の重賞<京都大賞典>に出走して
いるシュヴァルグランなどもはこの手
のタイプだ。

その構造は、生粋の長距離ステイヤー
の馬体ほどの【持続】構造にはない。
が、その分、瞬間的な加減速には優れ
ており、ズバリ、「長距離戦ならスロ
ーが良い」、これが馬体から推測でき
るわけだ。

また、本馬は、3歳時よりも前後駆動
部の筋肉量も増加に傾向あり、よりS
P短距離仕様にシフトしている。

以上、今回少し具体的に、<特徴から
適性までの見極め>を書いてみた。

とにかく、あくまで実績はマイルG1
勝馬だが、今回のような中距離の緩い
流れとなり易い非根幹2200や18
00こそ、馬体的には走り易い構造に
ある。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
ヒストリカル
その馬体、ディヴァインライトやアド
マイヤマックスなどとかぶる馬。

一目見てわかる母父ノーザンテースト
の色が出たマイル中距離仕様。スケー
ルは凡庸も、SP絶対値の高さを誇る
造り。

つまり、その距離適性とSP強みがあ
れば、適距離レンジでは堅実に走れ、
同時に、少し短めの距離では、タフな
流れとなった際、ハマッたときの差込
は強烈と言えるのだ。

個人的に、もう何年も参戦を熱望して
いるのだが、ズバリ、中京1200<
高松宮記念>でこそ、激走臭ぷんぷん
の馬体なのである。

以上、今走適性屈指の一頭で、仕上が
り次第で堅実に走れるだろう。

そういえば、本馬を管理する音無調教
師と言えば、あの歴史的名馬体アドミ
ラブルを管理しているはず。他、アン
ビシャスといい、東京向きの薄く軽い
【持続C型】馬を見抜く相馬眼がある
模様。

もし、その相馬眼に、馬体の構造的な
適性判断ができていれば、G1<高松
宮記念>参戦は実現していたのではな
いか。

もうすでに8歳、何度も言うが、残念
無念のローテーションだ。



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★ヒストリカル、他1頭
☆1頭
▲サトノアラジン、他1頭
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.668 オールカマー 馬体診断予想~懐かしい昔話を少ししてみる
2017/09/24 07:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】A/L型-L(加速/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|ステファノス、他1頭
111|4頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
☆2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

その昔、私自身が本格的に競馬にのめ
りこむきっかけとなったのが、このオ
ールカマーでの「ある馬」の走りだっ
た。

その馬の名は、ハシルショウグン。

ツインターボの大逃げに沸き、東の横
綱ライスシャワーが伸びあぐねたレー
スと言ったほうがわかり易いか。


とにかく、個人的に非常に思い入れが
あり、実際、その名の通り、単に関東
&関西馬が集結するだけでなく、その
メンツは、中距離馬からステイヤー、
マイラーからダート馬、ひいては普段
は馴染みの無い地方馬までと、多種多
彩だった。

が、それもその時代がなせた業とでも
言えるか。


今は、レースも距離別に体系化され、
関東馬VS関西馬といった対抗意識も
薄れ、中央と地方の交流もハードルが
下がり、良くも悪くも、「体系利便化
された時代」になった。

今はもうこのレースにあったワクワク
感やドラマ性などは昔話。空しく名前
だけ残っている。

実際、今年も代わり映えのない、ドラ
マ性など微塵も無いメンバー構成。


以上、自分はいい時代に競馬と出会え
たなと本当に思う。

人生においては、「死ぬこと」以外、
すべてが不平等。生きる時代によって
「味わえる感動、幸福、不幸」も決し
て平等ではない。

だからこそ、自分が生きる時代に流さ
れず、その時代だけにとどまらず、過
去の歴史の「感動、幸福、不幸」にも
目を向けなさい。

それこそが、その人の「情熱、やさし
さ、使命感」を育む。そんな類のこと
を亡き祖母がよく言っていた。


と、何だか色々と昔に思いをはせて話
が変な方向に。予想に戻す。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ステファノス
もう今年は本馬の出番はいいだろう。
今年のG1で、馬体的に最も自信があ
った本命◎と言えば、やはり、「日本
ダービーのアドミラブル」と「本馬の
大阪杯」だ。

----------------------------------
2017 大阪杯 馬体診断予想~馬体的に千載一遇のチャンス有!に本命◎~
----------------------------------

今回、素材格上、コース適性も屈指と
無論有力だが、ここで勝てなければし
かたないほど、文句なしのベスト条件
だった<大阪杯>と比較すれば、「距
離質適性、仕上がり、期待値」の三拍
子で落ちる。

3歳時の皐月賞でのミス騎乗の借りは
大阪杯で十分返してもらった。ここは
走っても走らなくてももういいかな。



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
☆2頭
―――――――――――――――――


この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.667 神戸新聞杯 馬体診断予想~とりあえず全馬の馬体確認を試みたが…
2017/09/23 17:14:41
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】阪神外
【距 離】2400m 芝・右 外
【適 性】N/T型-L(万能/根幹-長距離)



▼馬体レーティング

▽分布   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
111|3頭
110|ダンビュライト、他2頭
―――――――――――――――――



▼予想印
―――――――――――――――――
※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



▼馬体結論   ※プレミア記事完全公開

馬体的に、「アドミラブルロス」の影
響絶大な現3歳世代。

その様は、ボルト不在のオリンピック
100m決勝、清宮がいない甲子園、
ダルビッシュや大谷翔平不在の野球の
侍ジャパン日本代表といったところ。

決して、例年比で馬体小粒な世代では
ないが、馬体を見る者としては、馬体
診断のモチベーションは激減。

それでも馬体を見れば、色々と伝えた
いことが出てきて、自然と筆が進む。
不思議なものだ。

ただ、各馬の<基本仕様や今走適性>
からの評価結論以外となる、そもそも
の各馬の細かな<馬体の特徴>解説ま
では、書くモチベーションが保てず。
そのあたりは、過去の以下≪ダービー
馬体診断≫バックナンバーを参考に。

----------------------------------
≪日本ダービー 馬体診断予想≫~近年最高馬体レーティング115出現~
----------------------------------



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
110|ダンビュライト
春の時点ですでに、馬体の成長良化を
指摘した馬で、父ルーラーシップとの
比較から、良くも悪くも、「思ってい
た以上に成長が早いな」という印象の
本馬。

今回、さらに成長&仕上がりの良化が
見てとれるが、父産駒らしい軽い造り
がベースも、父比で小ぶりにまとまっ
た骨格の可動容量からも、今後、古馬
となり父ほどの馬体スケールとなるこ
とはないだろう。万能堅実さがあり、
外回りでは押さえ▲は必要だろう。



▼予想印
―――――――――――――――――
※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.666 セントライト記念 馬体診断予想~馬体をみればその馬主の好みがわかるもの
2017/09/18 07:10:00
カテゴリー: G2
▼舞台適性

【クラス】G2
【コース】中山
【距 離】2200m 芝・右 外
【適 性】A/L型-I(加速/非根幹-中距離)



▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



▼予想印   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
▲サトノクロニクル、他2頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論   ※プレミア記事完全公開

前号で話したが、ダービー以降、特に
現3歳世代の馬たちの馬体解説をする
モチベーションが低下している。

そもそも、馬体を見れば、<特徴から
適性まで>は、瞬時(約1秒程度)で
わかる。

故に、予想配信の時間短縮を考えると
、その<適性やタイプ>など、結論だ
けを述べたいところなのだが。

が、これまでは、結論である<適性>
だけでなく、<特徴>の解説も細かく
書いていた。馬体の「良し悪し」関係
なく、純粋な馬体を見るワクワク感が
そうさせていたのだと思う。

残念ながら、今は、そのワクワク感が
ほとんどない。「アドミラブルロス」
とでも言ったらいいか。


以上に加え、明日は、台風&変則開催
でもありできる限り簡潔&結論のみで
一気につづってみる。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
サトノクロニクル
父ハーツクライ産駒の上級素材らしい
シルエット。そう、ジャスタウェイを
万能型にシフトした構造って以前話し
たような気がする。他、血統構造は違
うが、同馬主のサトノダイヤモンドに
も似たシルエットにある。

細かな特徴から、【持続C型】ジャス
タウェイ>サトノダイヤモンド>本馬
【万能N型】という感じだ。中距離非
根幹はベストと言ってよい。



この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ