馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
馬体優先主義【1コイン版】
いいね6

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014年08月21日
最終更新日:2019年09月16日 01:50


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
基本情報を隠す

メニュー

カレンダー
<  2019年9月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
隠す
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.826 2019年09月08日 07:00   カテゴリー: G3
  • 09/08(日)
    中山11R
    京成杯オータムハンデ(G3) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 5 10 トロワゼトワル レコード
    2 6 11 ディメンシオン 31/2
    3 1 2 ジャンダルム クビ
    払戻金
    単勝 10 720円 4番人気
    複勝 10
    11
    2
    260円
    310円
    680円
    4番人気
    5番人気
    10番人気
    枠連 5-6 1,200円 4番人気
    馬連 10-11 3,230円 14番人気
    ワイド 10-11
    2-10
    2-11
    1,230円
    4,160円
    4,710円
    15番人気
    45番人気
    47番人気
    馬単 10-11 5,760円 24番人気
    3連複 2-10-11 39,070円 120番人気
    3連単 10-11-2 180,560円 590番人気
    WIN5 850,480円 4番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    7着 2 4 クリノガウディー 4.5 2 54.0 牡3 戸崎圭太 栗東藤沢則雄 480.0
    6着 3 5 ストーミーシー 19.6 8 56.0 牡6 大野拓弥 美浦斎藤誠 536.0
    8着 4 7 ロードクエスト 9.7 6 57.0 牡6 M.デムーロ 美浦小島茂之 460.0
    14着 4 8 フローレスマジック 27.1 9 53.0 牝5 石橋脩 美浦木村哲也 472.0
    2着 6 11 ディメンシオン 9.4 5 53.0 牝5 北村宏司 栗東藤原英昭 454.0
    10着 7 14 レインボーフラッグ 133.5 14 54.0 牡6 丸山元気 栗東小崎憲 452.0
    16着 8 15 ハーレムライン 30.3 11 53.0 牝4 木幡巧也 美浦田中清隆 472.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】中山
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】A/T型-A(加速/根幹-マイル)



▼過去的中実績 (~2018)

本線◎★評価馬の成績 <7戦3的中>
----------------------------------
2018|不的中
2017|◎ダノンリバティ6人気3着
2016|不的中
2015|不的中
2014|★ブレイズアトレイル8人気2着
2013|不的中
2012|★スマイルジャック6人気2着
----------------------------------
※2011以前はバックナンバーを探す時間なく省略



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
112|1頭
111|ロードクエスト、他1頭
110|3頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
☆2頭
▲ロードクエスト、他1頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
今週も、本レースの<過去の的中実績>
などを調べて掲載してみた。

が、思いのほか、それに時間がかかり、
今回各馬の詳細な馬体解説は省略。評価
ニュアンスのみ、一言コメントで一気に
いく。

と、言いながら、毎度馬体を前にすると
色々と綴ってしまうのだが、今日こそは
短文一言でいくぞ。



今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
ロードクエスト
もう何度も言っているが、「有馬記念に
出てきたら狙ってみたい」馬体だ。別に
宝塚記念でもいい。そうだな、素材のス
ケールから言えば、オールカマーあたり
がちょうど良く、是非走らせてみたい馬
体。

ズバリ、「【加速A型】コースの非根幹
中距離~で、差しに回っての、ペースが
スロー」こそが、最も激走期待ができる
馬体にある。「なぜ」については、過去
説明してあるはずで、探してくれ。

以上、過去本レースで本命◎を打ったよ
うに、いわゆる「中山の鬼」という馬体
で、額面上、今走適性はメンバー屈指。
まだ加齢の影響も少なく動けるだろう。

また、その特徴や強みから、こちらは、
「ドリームジャーニー系」とでも言おう
か。最近では、ブレスジャーニーなども
この手の部類の馬体だ。

そうだ、先の「デニムアンドルビー系」
とは、”ある意味”で正反対なタイプで
ある。先述の説明文で言えば、
------------------------------------
「その馬体本来の適距離に出走してくる
ライバル比で、明確にSP面のアドバン
テージが”出にくい”」馬体構造。
------------------------------------
だからこそ、本馬は「ライバル比でSP
のアドバンテージが得られ、得意な中山
戦の、マイルよりも中距離ローテを選ぶ
べき」なのだ。

そうだな、本馬もバイクで例えるなら、
SP面で同じ50ccクラス(路線)な
がら、「ディオやトゥデイよりも長距離
向き、一方、2ストガンマ50ほどSP
面では強調はできない」そんなオフ車系
の位置づけといった感。古くは、TLM
やCRM50とか、最近ならXR50と
か。このニュアンスがわかるかな。


記事全文を読む

※この記事は2019年09月08日 15:50まで100円で販売していました。

No.825 2019年09月01日 07:10   カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
  • 09/01(日)
    小倉11R
    小倉2歳ステークス(G3) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 6 10 マイネルグリット 1:10.5
    2 4 5 トリプルエース クビ
    3 3 3 ラウダシオン 1/2
    払戻金
    単勝 10 620円 3番人気
    複勝 10
    5
    3
    190円
    180円
    240円
    3番人気
    2番人気
    4番人気
    枠連 4-6 780円 3番人気
    馬連 5-10 1,310円 4番人気
    ワイド 5-10
    3-10
    3-5
    510円
    780円
    680円
    3番人気
    9番人気
    7番人気
    馬単 10-5 3,090円 10番人気
    3連複 3-5-10 3,190円 7番人気
    3連単 10-5-3 17,400円 44番人気
    WIN5 2,729,360円 3番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    3着 3 3 ラウダシオン 8.5 4 54.0 牡2 武豊 栗東斉藤崇史 488.0
    2着 4 5 トリプルエース 4.5 2 54.0 牡2 和田竜二 栗東斉藤崇史 470.0
    11着 8 14 ミントティー 76.1 14 54.0 牝2 秋山真一郎 栗東高柳大輔 414.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】小倉
【距 離】1200m 芝・右
【適 性】A/T型-A(加速/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
111|トリプルエース、他1頭
110|2頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
▲トリプルエース
☆1頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
トリプルエース
初見。上体は、長躯短背、振り子軽量、
起点位置は少し高め、前後上下の軸位置
も癖がないなど、バランス上々。また、
前可動は尺小ぶり、飛節は浅めの下直飛
気味で、小回り向きの万能さ、追っての
良さもまずまずあるかな。

以上、先のカイルアコナとは異なり、骨
格バランスからも差しベターの構造で、
現時点の仕上がり&完成度もとに高め。

規格スケールやSP絶対値、小回り適性
など、特筆すべき強みはないが、追って
の良さもまずまずと、ペースなど乱戦と
なっても、リスクの少なさがあるな。

巷の≪飛節の見極め方≫がNGな理由
------------------------------------
ちなみに、以前から気になり何度か指摘
したりもしているが、巷の一般的な馬体
解説等にある≪飛節の見極め方≫には、

「致命的な欠点」がある

と、あくまで私は思っている。

そのため、実は、この飛節も、≪当診断
オリジナルと言える見極め方≫がある。

ただ、それをきちんと公開していない(
オブラートに包んで説明している)ため
ズバリ、当読者の方も、

一般的な≪飛節の見極め方≫の
一体「何がダメなのか?」

これ、明確にわからないのではないか。

正直、もう十年近く≪馬体の見極め方≫
の具体的な方法など、非公開にしている
ので、そろそろ包み隠さずストレートに
、説明したい気持ちはある。

が、まぁ、ここまで非公開にしてきたし
、既存にはない方法なので、ここまでき
たら、何かの区切りまで言わないおく。

とりあえず、ストレートに説明せずとも
、「本気で馬体を学んでいる人」なら、
きっと、わかる伝わると思って、ここは
≪当診断オリジナルの飛節の見極め方≫
のヒントをいくつか綴っておく。

ズバリ、≪飛節の見極め方≫とは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1)静止時の角度をみて<曲飛or直飛>と判断するのではダメNG
2)飛節は、外角より内角を見るのがよい
3)飛節は、○○きった状態の角度を見て判断すべきである
4)飛節は、角度でなく□□こそが、適性への影響が大きく重要
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よく馬体の見極め方で、数年前から反面
教師として例に挙げる以下サイトなどが
私基準では、「なぜダメなのか?」

馬体フォーカス
https://www.keibalab.jp/column/focus/index.html

これは、飛節一つとっても、あくまで、
「相馬の常識文言を、そのままの尺度で
、目の前の馬体写真にあてはめ、診断し
ている」からである。上記の1)に該当
するからだ。

ズバリ、あくまで私基準では
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・飛節は、「く」の字に折れたのが曲飛ではない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こうした基準がうまれた背景には、

「相馬の常識文言を一先ず”忘れて”、
馬の”骨格構造の基本”を学び、目の前
の馬体写真から、姿勢や肢位置の誤差を
省き、”最大動作となる形”を想定し、
そこでようやく、それを相馬の常識文言
にあてはめてみて、診断している」

と、小難しいな。

まぁ、バイクで例えて言えば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
飛節の特徴は、リアスプロケットの歯数
や位置他、リアショックやタイヤホイー
ル径の変化などにも通ずる複数の役割を
凝縮させた部分でもあり、そもそもが、
”ある瞬間の角度”のみで「曲飛だ直飛
だ」と言ったところで、何の意味もなく
、それで性能など見抜けるわけもない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そんなところだ。
------------------------------------



記事全文を読む

※この記事は2019年09月01日 16:00まで100円で販売していました。

No.824 2019年09月01日 07:00   カテゴリー: G3
  • 09/01(日)
    新潟11R
    新潟記念(G3) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 4 7 ユーキャンスマイル 1:57.5
    2 3 5 ジナンボー クビ
    3 3 6 カデナ
    払戻金
    単勝 7 630円 2番人気
    複勝 7
    5
    6
    250円
    400円
    400円
    2番人気
    7番人気
    8番人気
    枠連 3-4 2,090円 10番人気
    馬連 5-7 4,580円 16番人気
    ワイド 5-7
    6-7
    5-6
    1,690円
    1,710円
    2,790円
    17番人気
    19番人気
    40番人気
    馬単 7-5 8,450円 29番人気
    3連複 5-6-7 21,230円 82番人気
    3連単 7-5-6 105,090円 372番人気
    WIN5 2,729,360円 2番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    18着 1 2 アクート 12.2 7 54.0 牡6 丸山元気 美浦宗像義忠 436.0
    5着 2 4 フランツ 8.6 3 55.0 牡4 戸崎圭太 栗東音無秀孝 444.0
    1着 4 7 ユーキャンスマイル 6.3 2 57.0 牡4 岩田康誠 栗東友道康夫 496.0
    11着 5 10 カヴァル 10.7 5 54.0 牡4 三浦皇成 美浦勢司和浩 500.0
    6着 6 12 ショウナンバッハ 65.3 14 54.0 牡8 吉田豊 美浦上原博之 456.0
    8着 7 14 サトノワルキューレ 33.9 12 54.0 牝4 大野拓弥 栗東角居勝彦 468.0
    7着 8 16 センテリュオ 9.6 4 53.0 牝4 北村友一 栗東高野友和 468.0
    9着 8 17 ゴールドサーベラス 73.4 15 54.0 牡7 藤田菜七子 美浦清水英克 452.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】新潟
【距 離】2000m 芝・左 外
【適 性】C/T型-I(持続/根幹-中距離)



▼過去的中実績 (~2018) <8戦6的中>
----------------------------------
2018|◎ショウナンバッハ|13人気3着
2018|◎メートルダール|6人気2着
2017|不的中
2016|★アデイインザライフ|2人気1着
2015|★ファントムライト|13人気3着
2014|◎マーティンボロ|1人気1着
2013|不的中
2012|予想せず
2011|予想せず
2010|◎ナリタクリスタル|5人気1着
2009|◎ホッコーパドゥシャ|5人気1着
----------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
112|2頭
111|2頭
110|レイエンダ、他1頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★フランツ、ショウナンバッハ、他1頭
☆アクート、他2頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
レイエンダ
レイデオロの弟なので、巷の評価に上乗
せプレミア評価がつくのは否めないが、
馬体に限れば、兄比でも可動硬さや筋肉
厚みが目立ち、上体の容量遊びも一息と
落ちるな。

以上、仮に、兄がここに出走していても
、馬体的には、本線◎★は打ちづらい。
ここはスローを先行してどこまで。




今回<馬体写真なし>
――――――――――――――――――
※馬体の記憶やググった馬体写真を元、
今走評価と印を。

アクート☆
<デビュー前>の写真を発見。根幹向き
のバランス良い省エネタイプだな。規格
スケールやSP面で特筆すべき造りでは
ないが、今走適性高く、相手不問で走れ
る万能堅実さはある。



フランツ★
<2018/6>時の写真を発見。振り
子の軽さ&バランスが素晴らしい。抜群
の規格スケールという造りではないが、
上体も短背で、全体として【持続C型】
ベースも、SP質も万能な良さがある。
いわゆるマイル~中距離仕様の差しベタ
ーで、SP裏付けもあり、これは走って
くるだろう。



ショウナンバッハ★
昨年のこのレースで本命◎指名。そうい
う馬体だ。【持続C型】マイル~中距離
仕様でSP絶対値の裏付けもある。ただ
、昨年より1歳加齢で、現状も8歳馬。
仕上がり不明の今回、リスクは上がる。
もう少しローテが違えば、もっと実績を
上げられたと思わせる馬体好素材。



以上、先週の<新潟2歳S>とは一転、

自信を以て「好馬体」と言える馬が存在

また、調べてみると、意外に、本レース
も<新潟2歳S>同様、馬体との相性が
良かったため、過去的中実績 (~2018)を
載せてみたが。


記事全文を読む

※この記事は2019年09月01日 15:50まで500円で販売していました。

No.823 2019年08月24日 23:28   カテゴリー: G3
  • 08/25(日)
    札幌11R
    キーンランドカップ(G3) 印・買い目を比較する レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 7 13 ダノンスマッシュ 1:09.2
    2 4 7 タワーオブロンドン 3/4
    3 8 16 リナーテ ハナ
    払戻金
    単勝 13 230円 1番人気
    複勝 13
    7
    16
    110円
    150円
    180円
    1番人気
    2番人気
    3番人気
    枠連 4-7 640円 1番人気
    馬連 7-13 760円 1番人気
    ワイド 7-13
    13-16
    7-16
    300円
    330円
    640円
    1番人気
    2番人気
    5番人気
    馬単 13-7 1,170円 1番人気
    3連複 7-13-16 1,410円 1番人気
    3連単 13-7-16 4,480円 1番人気
    WIN5 312,980円 1番人気

    該当記事での印・予想買い目・資金配分
    着順 枠番 馬番 馬名 オッズ 人気 斤量 馬齢 騎手 調教師 馬体重(kg)
    5着 1 1 ナックビーナス 12.6 4 55.0 牝6 岩田康誠 美浦杉浦宏昭 526.0
    7着 3 5 ペイシャフェリシタ 63.1 13 54.0 牝6 K.ティータン 美浦高木登 494.0
    13着 4 8 シュウジ 80.3 14 57.0 牡6 三浦皇成 栗東須貝尚介 506.0
    12着 5 9 カイザーメランジェ 39.0 10 57.0 牡4 江田照男 美浦中野栄治 462.0
    1着 7 13 ダノンスマッシュ 2.3 1 57.0 牡4 川田将雅 栗東安田隆行 478.0
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】札幌
【距 離】1200m 芝・右
【適 性】A/T型-S(加速/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング
――――――――――――――――――
※馬体写真ありが少頭数のため省略
――――――――――――――――――



▼予想印 ※文末公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★3頭
○ダノンスマッシュ
――――――――――――――――――



▼馬体結論
――――――――――――――――――
※時間がなく、今回<馬体写真あり>の
馬も少数であり、短評一言と評価ニュア
ンスの印など一気に綴る。


記事全文を読む
No.822 2019年08月24日 22:14   カテゴリー: G3
  • 08/25(日)
    新潟11R
    新潟2歳ステークス(G3) レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 3 6 ウーマンズハート 1:35.0
    2 7 13 ペールエール 1/2
    3 4 7 ビッククインバイオ 13/4
    払戻金
    単勝 6 210円 1番人気
    複勝 6
    13
    7
    120円
    180円
    400円
    1番人気
    3番人気
    7番人気
    枠連 3-7 640円 2番人気
    馬連 6-13 660円 2番人気
    ワイド 6-13
    6-7
    7-13
    320円
    810円
    1,910円
    2番人気
    7番人気
    21番人気
    馬単 6-13 970円 2番人気
    3連複 6-7-13 4,310円 12番人気
    3連単 6-13-7 12,250円 23番人気
    WIN5 312,980円 1番人気
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】新潟
【距 離】1600m 芝・左 外
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼過去的中実績 (~2018) <11戦7的中>
----------------------------------
2017|◎フロンティア|3人気1着
2015|◎ロードクエスト|1人気1着
2013|◎ハープスター|1人気1着
2012|◎ノウレッジ|10人気2着
2011|◎モンストール|4人気1着
2010|◎レッドセインツ|5人気3着
2008|◎バンガロール|4人気3着
----------------------------------



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
111|ウーマンズハート、他1頭
110|トライフォーリアル、他3頭
――――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
○ウーマンズハート
▲1頭
☆トロワマルス、他1頭
――――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――

今年もやってきた<新潟2歳S>。

実は、当馬体診断予想で、JRA重賞の
なかで、あのステイヤー戦<菊花賞>と
並び、最も相性が良いレースだ。

※今回過去的中実績を上記掲載

ただ、ここ3年ほどのレース結果や好走
馬体をみて思うのだが、本レースは

×「馬体的に相性がいい(わかり易い)レース」

というよりも、その実は、

○「他のレースより”好馬体”が結果を出し易いレース」

というだけではないか。

まぁ、情報が少ない2歳戦なので、今後
重賞やクラシックで活躍できるレベルの
好馬体であっても、巷に面が割れていな
いことが多く、配当的にも妙味あるとい
うのもメリットではあるが。

逆に言えば、

○「無難な”好馬体”が不在なら普通のレースと大差なし」

古くは、セイウンワンダー、マイネイサ
ベル、マイネルラクリマ、そして、あの
ジャスタウェイ、モンストール、最近は
ハープスターなど

このクラスの馬体が不在だったここ数年
は、スローの短調な上がりの競馬が多い
こともあるが、馬体的にも難解だった。

さて、今年は無難な好馬体がいるのか?

それさえいれば、簡単なレースだが。



今回<馬体写真あり>
――――――――――――――――――
ウーマンズハート
初見。気持ち前駆に撮影誤差があるか。
まぁ、それでも、「長躯短背、上下とも
軸高」なのは間違いなく、また、構造的
にも強みがわかり易い馬体だ。

ズバリ、結論を言えば、「四肢の振りの
速さ」が本馬最大の強みだ。この手の造
りは、そうだな、例えて「鳥足タイプ、
ガゼルタイプ」とでも言おうか。

適性は、【持続CN型】マイル~ベース
も距離融通性まずまず。脚質は、典型的
な差しベターだ。また、土台や上体下部
の化骨や筋肉のバランスから、現時点の
仕上がり完成度も高い。

以上、明確な特徴強みから、いかにも、
「上がりの速い高速馬場に強い特徴」を
誇り、適性高めのここは、まず、スロー
なら無難に勝ち負けではないか。

まぁ、規格スケール標準、余り伸びしろ
は感じない造りではあり、タフな流れを
勝ちに行く競馬はよくないだろう。

後、父がハーツクライというのが意外。
正直、本馬の馬体を一目見て浮かんだの
は、「トニービン」。その昔、この軸高
ガゼル系の素軽い四肢という特徴がそう
思わせたのだが。

そういえば、父ハーツクライの馬体最高
傑作だと評しているジャスタウェイも、
本レースが馬体初見だったはず。

当時、ジャスタウェイは、素材&レース
適性とも抜群の評価をしたと思う。当時
の馬体診断を探して載せておこうと思っ
たが、バックナンバーが探せず。どうや
ら配信元まぐまぐでは、公には非公開の
仕様になった模様。残念。

とにかく、本馬は、そのジャスタと比較
し、真逆のバランス比にある全体構造。
他、父ハーツクライの馬体上級素材に多
い造りとも異なる。いわゆる縦長比だ。



トライフォーリアル
初見。確か父リアルインパクトは、種牡
馬として今年初年度だと思う。今年は、
数年ぶりに、<デビュー前2歳馬の馬体
診断>をやったが、その時、何頭か産駒
を見た記憶にある。

ズバリ、父産駒の馬体の印象は、一言、
「良くも悪くも”父らしさ”を引き継い
だ馬体」が多かった感。ちなみに、その
”父らしさ”とは、”前後間延び長手で
低重心”という緩さがある造りのこと。

まぁ、それほど数見たわけではないが、
おそらく、父は種牡馬として、自身同様
の癖の遺伝が強い「自己主張が強い種牡
馬」だろう。

往々にして、種牡馬リーディング上位の
馬の多くは、馬体的にも、「母系の良さ
を引き出すタイプ」が多く、その意味で
、リアルインパクトは、コンスタントに
産駒が走るというより、一発型の種牡馬
ではないか。

以上、本馬もその”父らしさ”がある。
また、今回で言えば、先のウインカーネ
リアンと近いタイプ。今走評価として、
本馬のほうが、現時点の仕上がり完成度
は高めにあるが、より淡泊単調さがあり
癖は強め。

まぁ、両馬とも、スローは向かず、先行
惰性勝負が必要なのは同じで、リスクは
高い。



今回<馬体写真なし>
――――――――――――――――――
※馬体の記憶やググった馬体写真を元、
今走評価と印を。

トロワマルス☆
長躯短背で可動傾斜もあり、前後上下の
バランスも上々。ただ、牝馬らしい軽さ
はあるが、馬体の規格スケール、伸び、
SPの裏付けは凡庸と、省エネタイプだ
ろう。

今走適性は高めも、パンチは一息かな。


※つづきはプレミア記事完全公開

ページの先頭へ