馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/10/21 23:45


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2017年10月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.670 2017 サウジアラビアロイヤルC 馬体診断予想
2017/10/07 09:44:49
カテゴリー: G3
  • 10/07(土)
    東京11R
    サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)
    レース結果・払戻金を表示
  • レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 1 2 ダノンプレミアム レコード
    2 8 16 ステルヴィオ 1 3/4
    3 7 13 カーボナード 1 1/4
    払戻金
    単勝 2 360円 2番人気
    複勝 2
    16
    13
    150円
    120円
    290円
    2番人気
    1番人気
    6番人気
    枠連 1-8 450円 1番人気
    馬連 2-16 500円 1番人気
    ワイド 2-16
    2-13
    13-16
    230円
    770円
    610円
    1番人気
    9番人気
    7番人気
    馬単 2-16 1,010円 2番人気
    3連複 2-13-16 2,000円 4番人気
    3連単 2-16-13 6,920円 9番人気
    WIN5
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】東京
【距 離】1600m 芝・左
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
※現在の<馬体写真>なし算出省略
―――――――――――――――――



▼予想印 ※文末公開
―――――――――――――――――
―――――――――――――――――



[全部読む]
タグ: 未設定
No.664 京成杯AHの馬体診断予想
2017/09/10 00:58:44
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】中山
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】A/T型-A(加速/根幹-マイル)



▼馬体レーティング

▽分布   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|2頭
111|4頭ル
110|マルターズアポジー
―――――――――――――――――



▼予想印   ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎2頭
★2頭
▲2頭
☆4頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論  ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
今走への適性高さがある馬体が多数出
揃い、かなりハイレベルでの混戦。

時間ないこともあり、総評解説で一気
に書き上げる。


まず、マイル路線を歩んではいるが、
典型的な馬体マイラーという造りとは
異なる馬体ロードクエスト、ダノンプ
ラチナの二頭について。


前者は、中山マイルはベストに近い。
が、マイル戦故、スペシャリスト相手
では、SP絶対値の面でアドバンテー
ジがなく、堅実に走れるだろうが、と
りこぼしも考えられる。

それなら、むしろ中距離~のG1での
スローを期待し、本馬最大の長所であ
るピッチの軽さを活かして一発を狙う
ほうが夢がある。


後者も同様、今走適性ではロードに分
があるが、タフな流れとなり易いG1
などのほうが、馬体&人気のギャップ
があり、狙い易い。


と、今出走表を見たが、この二頭出て
ないな。


他、  ※つづきプレミア記事完全公開


この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.663 セントウルS 馬体診断予想~パドックで馬を100年見続けたところで初心者レベルの相馬眼さえ身に着かないだろう
2017/09/09 23:13:58
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
▼馬体レーティング

▽分布  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|1頭
111|2頭
110|メラグラーナ、他2頭
―――――――――――――――――



▼予想印 
―――――――――――――――――
  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――



▼馬体結論  ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
メラグラーナ
短距離馬ながらその前後可動の伸びが
良くも悪くも過ぎた面である。牝馬な
がら顔立ちなど含め、いかにも大柄と
いった造り。

加え、重心の低さや腹回り小ぶりさが
その可動域故、「加速甘さ、距離限界
、ワンピッチでの馬体への負荷増大」
などを招き易い構造となっている。

つまり、【持続CL型】ベースで短マ
イル仕様の馬体である。今回のような
根幹1200よりも、単調淡白な流れ
となり易い非根幹1400などが無理
なくマイペースで、その四肢ピッチや
首差し振りをスムーズに繰り出せる。

以上のように、単なる「短距離or長
距離」程度の漠然とした馬体の見極め
しかできない世の相馬眼とは一線を画
す細かな<適性の見極め方>ができる
のが、今だ未公開としている私独自の
馬体の見極め方(ロジック)である。

素材的には、ここではNo2と言える
が、小回り1200では適性面で不安
がある。

----------------------------------
著者の馬体の見方~入門編
?content_type=forecast&content_id=3197&t
----------------------------------



この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.662 小倉2歳S 馬体診断予想~今年2歳重賞<4連続本命◎的中>なるか?
2017/09/02 19:50:45
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】小倉
【距 離】1200m 芝・右
【適 性】A/T型-A(加速/根幹-スプリント)



▼馬体レーティング

▽分布  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
111|1頭
110|2頭
109|ゴールドクイーン
―――――――――――――――――



▼予想印  ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今年のこれまでの2歳重賞だが
----------------------------------
函館2歳S|◎アリア(4人気3着)
新潟2歳S|◎フロンティア(3人気1着)
札幌2歳S|◎ファストアプローチ(4人気2着)
----------------------------------
と、本命◎が無難に走っている。

とまぁ、予想の結果などは、あくまで
馬や騎手、運次第なのだが。


ただし、「馬体」のみで予想する場合
3歳以降や古馬戦よりも、
----------------------------------
「2歳戦は、評価&判断がしやすい」
----------------------------------
これは事実だ。


理由は至極簡単。
----------------------------------
「出走馬の個体(馬体)差のレベルの
開きが大きくなり易いから」
----------------------------------
後々、重賞G1で活躍するような馬と
1勝や条件馬で終わる馬が一緒に走る
レース(時期)だからだ。


馬体についても、結果がどうであれ、
出走馬を見渡せば、その素材自体のレ
ベル差は一目瞭然。


さらに言えば、この「馬体好素材の馬
が能力を発揮し易いレース(舞台)」
となっているのが、唯一
----------------------------------
<新潟2歳S>
----------------------------------
だからこそ、JRA重賞で<菊花賞>
と並び、個人的に(馬体診断予想とし
て)最も相性が良い双璧レースなので
ある。


ちなみに、残り<函館、札幌、小倉>
の2歳重賞は、アンフェアでハンパな
舞台のため、「素材そのもの」より、
その舞台への「適性」がより求められ
る。

極論で言えば、今後クラシックなどで
活躍が厳しいだろう馬体凡庸な馬ほど
、適性が高く評価を上げざるを得ない
わけだ。

故に、素材だけ見抜いても、結果への
影響度は当然下がってしまい、それが
予想結果にも当然現れる。


以上、<小倉2歳S>も、素材自体の
優劣はパッと見すぐわかる。が、それ
がイコール=高評価となりづらい舞台
でもあるが。

やはり、今年の<2歳重賞>本命◎的
中連勝には、運が必要だな。


と、前置きが長くなった。



今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ゴールドクイーン
初見。見ての通り、色々と指摘しない
といけないといった癖が満載。よく言
う著者作成≪馬体チェックシート≫で
チェックがたくさん付くな。

先のヴァイザーとは違う意味(特性)
から、根幹より1400が良い。完成
度も甘く現時点ではさすがに素通り。




今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
<札幌2歳S>同様、これから馬体を
探すため、当日でも≪著者ツイッター
≫で短評を公開予定。いい馬がいれば
印も打つかな。






この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.661 新潟記念 馬体診断予想~本命◎馬は馬体に不安なしも能力は不安あり
2017/09/02 18:00:00
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】新潟
【距 離】2000m 芝・左 外
【適 性】C/T型-I(持続/根幹-中距離)



▼馬体レーティング ※プレミア記事完全公開

▽分布
―――――――――――――――――
111|1頭
110|アストラエンブレム、他2頭
109|3頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎ロイカバード、他1頭
★1頭
▲1頭
☆3頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
アストラエンブレム
父ダイワメジャー産駒らしからぬ重心
高やサス軽さ尺、薄い筋肉比重にあり
万能さや距離融通性もある。

今回、馬体の格、適性、SP面のどれ
も抜けた評価はできないが、総合的に
リスクが低く仕上がりも良い。スロー
が良い。人気で押さえ▲評価とまりの
ため印削減。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
ロイカバード
初見は3歳<きさらぎ賞>。その馬体
は、「現役屈指の【持続C型】馬体マ
イラー」だったダコール似で高評価し
た記憶にあり、未だそのシルエットも
鮮明にうかぶ。

今回、コース適性は屈指。距離も中距
離2000までなら問題ないだろう。
このあたりのクラスなら、文句なしに
馬体の素材(格)も上で不安はほぼな
い。

やはり、不安リスクがあるとすれば、
その「能力」だ。

その生涯を通じ、馬体的にベストな条
件でほとんど走らせてもらえなかった
ダコールとは異なり、本馬は、これま
で馬体に合うローテを数歩んでいる。

が、それでいてのこの実績。全然物足
りない。

本馬は差しベターの造りで、それ故、
仮に、過去レースで乗り方が良くなか
った(先行した)などの理由があろう
とも、馬体の素材自体が条件戦やG3
クラスでは明らかに格上。乗り方が理
由にならない格下相手で手こずってい
る感があり、やはり、馬体的な側面か
らみて、単純に「能力一息」の可能性
が高い馬だ。

と、まぁ「能力」で評価予想しないの
で、印や評価に変わりはないが。「能
力」を加味予想する人は、評価を落と
すのが妥当だろう。




この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ