馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2017/08/12 10:28


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2017年8月  >
10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
紹介文
創刊もうすぐ5年目、「馬体写真」だけで予想する
メルマガ馬体優先主義の<部分配信>コンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■特徴
・「馬体写真」だけで予想~パドック不要
・「馬体限定」の評価情報~馬体レーティング、馬体短評
・これまでの「馬体の見方」とは全く異なる相馬眼
・「パドック派」が見極めるポイントの約20倍をチェック診断
・見極める「適性」は、コース、距離長さ、距離質まで
・馬体から馬を「3タイプ{A・N・C}型」に分類
・アナログな「馬体」ながら、デジタルな評価、数的実績を実現!



■対象

・重賞レース ※1~2R



■価格

――――――――――――――――――――――
1頭…100円(税込)
1R…500円(税込)※全馬対象(約8頭~)
――――――――――――――――――――――

・1章毎に1頭毎の馬体短評に掲載。
・最終結論(推奨買い目)も部分配信。



■公開日時

・重賞の前日夜8時~当日昼12時
・章(1頭)単位で随時公開
・場合によっては公開しない週もあり



■著者馬体診断の過去実績

▽馬体レーティング実績
――――――――――――――――――――――
≪2014上半期≫
TOP馬
【単回収率】126% 【複回収率】144%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】218% 【複回収率】278%

≪2013-年間≫
TOP馬
【単回収率】98% 【複回収率】99%
TOP馬 ※人気馬除く
【単回収率】111% 【複回収率】104%

※人気馬……1~4番人気馬
――――――――――――――――――――――


▽若駒の馬体評価(おすすめ指名馬)実績
――――――――――――――――――――――
≪06~11産駒-累計実績≫

■馬体おすすめ全指名馬
【勝馬率】63%(342/540頭)※デビュー未含む
【代表馬】ショウナンアチーヴ(11産駒馬体No.1)

□牡馬-総合ランキング
【勝馬率】76%(69/89頭)
【代表馬】オルフェーヴル

□牝馬-総合ランキング
【勝馬率】56%(45/81頭)
【代表馬】ジェンティルドンナ

□ディープインパクト産駒-牡馬ランキング
【勝馬率】86%(42/49頭)
【代表馬】ディープブリランテ

□ディープインパクト産駒-牝馬ランキング
【勝馬率】60%(27/45頭)
【代表馬】ヴィルシーナ

※くわしくは著者『若駒対象の馬体評価サイト』
ColtJapan;http://coltjapan.com/
――――――――――――――――――――――


▽予想他実績
・毎年、年間回収率100%超
・予想の印ベタ買いで年間回収率100%超実績あり
・ノウハウレポート数十冊配信済
・競馬最強の法則WEB、ウマニティのプロ枠等
大手競馬サイトで馬体情報を発信中
・サラブレッドのセリセール前の購入相談(馬体コ
ンサルティング)も担当


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
購入する方はこちら
馬体優先主義【1コイン版】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
No.655 関屋記念 馬体診断予想~まぁ馬体一強かな
2017/08/12 10:28:27
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】新潟
【距 離】1600m 芝・左 外
【適 性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|1頭
111|2頭
110|ダノンリバティ、2
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
▲3頭
☆ダノンリバティ、他1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ダノンリバティ
スローなら怖いのはこの馬体だろう。
【加速AT型】短マイル~中距離あた
りまで対応可能。コース適性一息も、
仕上がりが良く警戒すべきだ。

そう言えば、≪先週の馬体診断≫で、
「3歳の成長期真っ盛りに、時期尚早
のダート転向をした馬」として名前を
挙げたと思う。少し歯車が狂った感が
ある馬だ。

馬体的には、中山や阪神の1600を
中心に使い賞金を加算して、G1など
の上級戦で1200を使うというパタ
ーンが、最も実績をあげ易い造りだ。
それで頭打ちならダート転向もありだ
ろう。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
ウキヨノカゼ
SPやバランスなど抜けた良さはない
が、牝馬ながら追って味があるアウト
ラインだったと記憶。

今走のような高速馬場のSP上がり勝
負や軽いレースよりも、中距離の非根
幹や短距離スプリント戦で急坂がある
といった条件のほうがいいかな。




この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.654 エルムS 馬体診断予想~芝仕様の二頭が人気だが
2017/08/12 15:10:00
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】札幌
【距 離】1700m ダート・右
【適 性】A/L型-MI(中立/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
111|ロンドンタウン
111|モンドクラッセ
111|クリノスターオー
110|ピオネロ
110|テイエムジンソク
110|メイショウスミトモ
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
★2頭
☆4頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ピオネロ
長躯短背、前後可動容量大きめと少し
バランス過多なシルエット。いわゆる
【持続CN~CL型】で、小回り向き
ではない。

ただ、ベースが芝仕様で、ローカルの
ダート重賞オープンクラスの馬が相手
なら、格が違い、強引追い通しの競馬
ができれば何とかなるか。豪腕求む。



テイエムジンソク
初見。サスペンションの軽さと尺が目
に付く本馬。他、前後比で肋容量薄め
や【持続】よりな後肢飛節の造りなど
ズバリ、【持続CN~CL型】の中距
離~芝向き仕様がベース。

父クロフネほどの破格の骨格枠(スケ
ール)にはない分、追い辛さ(最高速
到達までに時間がかかる)はないか。
とは言え、無論、小回り向きではなく
、SP絶対値の面からも、強引積極的
な競馬は必須。

以上、ダート馬として異端的な馬体故
、今回の小回りローカルの結果如何に
関わらず、成績的にも伸び代を秘めて
おり、今後も注目してみたい馬だ。



この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.653 小倉記念 馬体診断予想~馬体格上が二頭
2017/08/06 07:20:00
カテゴリー: G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】小倉
【距 離】2000m 芝・右
【適 性】N/T型-I(中立/根幹-中距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
111|2頭
110|ストロングタイタン、他3頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
ストロングタイタンは、仕上がりが以
前<中山金杯>よりも明らかに良化。
ここは先行が良いが距離的にタフな流
れでは距離限界がくるだろう。1人気
に足る素材、スケール、強みまでには
ない。

むしろ、断然同日<レパードS>向き
だな。ダートもいい。


この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.652 レパードS 馬体診断予想~エピカリスは馬体も凄いのか?
2017/08/06 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】新潟
【距 離】1800m ダート・左
【適 性】C/L型-MI(持続/非根幹-マイル中距離)



▼馬体レーティング

▽分布 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|1頭
111|1頭
110|スターストラック、他3頭
109|1頭
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
☆1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
スターストラック
サス尺長めで軽さあるのに、可動小ぶ
りでちと残念といった【中立NL型】
で癖がある。

いわゆるパワータイプでダートがいい
造りではなく、硬さや首位置他、サス
可動全般の硬さといったハンドリング
のリスクがあるため、SP的に緩くな
るダート戦のほうが、自分のペースで
走り易いのだろう。

ちなみに、某サイトでは本馬の馬体を
「胸前やトモの筋肉量が多いパワータ
イプの造り」などとあるが、どうかし
ている。

ズバリ、そう見えるのは馬体の<骨格
を見極めて(考慮して)いない>から
だ。

正しくは、「胸前やトモを形成する骨
格が全体(サス)比で小ぶり故、そこ
につく筋肉が膨らみ易い(量が多そう
に見える)」という造りだ。

そもそも、「トモを形成する骨格部位
がその馬自身の全体比や、他馬と比較
しても、大きい面積にある」……そう
した馬体の馬、例えば、ハープスター
などのトモこそ、「筋肉量で多い」と
いうべきだろう。

以上、某サイトの<馬体写真>は、大
きく見易く、かつ、時系列もあって、
それだけなら、とても良いコンテンツ
だと思う。

が、そこにある解説に目をやると、毎
度のことだが目もあてられない。残念
だ。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
イブキ
確か本馬がいわゆる父ルーラーシップ
産駒の馬体上級素材。再見はしない。

つまり、ダート向きの構造ではなく、
馬体芝馬故に、SP軽さの点で今ひと
つな馬体たちが集まり易いダート戦の
ほうが、その特徴(軽さ)がマイノリ
ティ(少数派)となり、結果、アドバ
ンテージから結果が出ることもある、
そう見るのが妥当。

以上、馬体的に、未完成である3歳の
この時期でダート転向はまだ早い。長
い目で見れば、今回、下手に結果が出
ないほうが良い。ダノンリバティ?の
二の舞とならなければいいが。



以上、今回<馬体写真なし>の馬から
馬体を探し解説をはじめてしまった。

そうなると、特に2歳や3歳の若駒の
場合、一頭残らず全馬の馬体を探して
みないと気が済まなくなるのだが。

今回、予想以上に次から次へ馬体写真
が見つかり、思うがままに解説を書い
ていたら、かなり時間がかかってしま
い、G1でもないのに長々解説をして
しまっている。…つづきプレミア記事完全公開



この記事はプレミアム記事です。

300pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

No.651 アイビスSD 馬体診断予想~私の常識は巷の非常識
2017/07/30 07:20:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G3
▼舞台適性

【クラス】G3
【コース】中京
【距 離】1000m 芝・直
【適 性】C/L型-M(持続/非根幹-スプリント)



▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
※省略
―――――――――――――――――



▼予想印 ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
★1頭
―――――――――――――――――



▼馬体結論 ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
シンボリディスコ
父アドマイヤマックス産駒らしいマイ
ラーベースの上体骨格に、母父サクラ
バクシンオーらしい身詰りといった造
りで、かつ、見ての通りかなり短足。

典型的な【NL型】で、スタミナロス
し易さがある。つまり、マイペースで
走れなければ、即、距離がもたないと
いう意味での限界がある。1000、
1400向きで適性高い。

そう言えば、この馬など、「胴伸びあ
る」が長距離向きではない典型だ。

何度も言うが、「胴長(伸び)がある
故、距離がもたない」という判断もあ
る。それが私独自の馬体理論。

確かに、それは巷の馬体の見方や常識
と正反対だが、そこにこそ、サラブレ
ッドの骨格構造上の真実がある。

いつの時代も、世の常識が真実とは限
らない。特に、確固たる国家資格など
がない相馬の世界では尚更だ。



この記事はプレミアム記事です。

100pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ