競馬の錬金術師
競馬の錬金術師
アフィリエイトOK

発行者:競馬の錬金術師

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2010/11/24
最終更新日:2011/01/23 11:42


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


月別アーカイブ
2011/1 (4)
2010/11 (1)
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬の錬金術師
競馬の錬金術師
競馬で悪戦苦闘して、約30年。やっと光が見えてます。
競馬で馬券を当てるには、人脈を読むことです。

なぁ~んだ、一般社会とおんなじでした。

馬券は、当たります。なぜなら、
どうしても3着以内にこなければならない馬を買うからです。

もちろん、精密なデータ分析が基本です。
騎手・調教師・馬主の錯綜した人間関係に着目した馬券攻略です。
人気薄を好走させる時の騎手・調教師・馬主パターン検証データ
ベースから、馬の能力データでは読み切れない驚くべき馬券を
的中させます。
レースの内容・カテゴリー
登録がありません。
No.3必勝法を求めて・・・
2011/01/17 05:10:13
カテゴリー: 未設定

あれから2年か・・・

ヒロシは、2011年の正月を迎えていた。
馬券で手に入れた、都心にほど近いマンションの一室だ。

外は、だいぶ冷え込んでいるが、最新式の自動暖房システムを備えているこのマンションの部屋は、暖かい。

つい半年前までの路上生活寸前の状態から見れば、
「天国だよなあ」
ヒロシはつぶやき、この2年間の馬券の必勝法を求めた放浪生活を思いだした。

この2年間に出合ったさまざまな顔が浮かんでくる。
ほとんどが、いかがわしい奴らだったな。
食い詰めものばかりだった。
しかし、その出会いがなければ、今のヒロシの馬券必勝法は生まれていなかったのは間違いない。

2008年の有馬記念で100万円馬券を手にした俺は・・・
ヒロシは、島をつかまえ、中山競馬場にほど近い割烹料理店に飛び込み祝勝会をしていた。
「競馬は展開が読めれば楽勝だよな!」
島もその日は、勝っていたようで、2人は祝杯を重ね大騒ぎをしていた。

「だいぶご機嫌ですな」
声をかけてきたのは、高級なスーツに身をつつんだ中年の男だった。50代半ば位か。

「競馬で勝つとこの店で大盤振る舞いする人が多いんです。この辺りでは、かなり高級店で雰囲気も料理もいいですからね。私も、ほぼ毎週来てますよ」
「競馬お好きなんですか?」島が聞く。
「ええ、もうかれこれ30年はやってますね。ここ10年は負け知らずですよ。」

中年男は、本業が税理士だということで、長年の研究の末生み出した絶対馬券に勝てる法則をもとに馬券を買っているという。
「この方法を使えば、必ず勝てますよ!しかも展開読みとか血統とか馬の能力指数とか関係ありませんしね。」

ヒロシは、男の話にのめりこんでいく自分を抑えきれなかった。相手は税理士だ。ピカピカと艶のある顔は、自信に満ちている。
「是非、その法則を教えてもらえませんか?」

男は眼を細めると
「高いですよ。でも簡単に元はとれますけどね」
「いくらですか?」
「ほんとは100万円といいたいところですが、学生さんですしね・・・思い切って30万円でどうですか?」
酔いも手伝い、ヒロシは止めようとする島を振り切り、男の事務所に同行した。
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ