馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2018/01/14 01:26


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2018年1月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.683 阪神JF 馬体診断予想【前編】馬体写真あり10頭を解説~馬体三強かな
2017/12/09 20:13:40
カテゴリー: G1
▼舞台適性

【クラス】G1
【コース】阪神
【距 離】1600m 芝・右 外
【適 性】N/T型-M(万能/根幹-マイル)


▼馬体レーティング

▽分布    ※プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
112|2頭
111|1頭
110|2頭
109|サヤカチャン、他4頭
―――――――――――――――――



▼馬体解説   ※プレミア記事完全公開

今回<馬体写真あり>
―――――――――――――――――
サヤカチャン
初見。前傾気味の全体シルエットに、
箱型寸胴でサス短めも長躯短背気味の
骨格軸、癖ある下曲飛など。

父リーチザクラウンは、緩く間延び気
味で淡白な造りだったが、それとは真
逆の構造が垣間見える。

その意味で、母系の影響が色濃いかな
と思うが、サスのキレ軽さも一息で、
母母父トウショウボーイ~テスコボー
イの印象とも少し違うかな。

以上、完成度や仕上がりが抜群に良い
とは言えないが、土台の四肢や上体の
骨格バランスからも、それほど大きな
伸び代は感じない。今後も短マイル仕
様に変わりはないだろう。

ただ、ハンドリング性能の良さや初速
の速さがあるのは明確な構造であり、
脚質は先行が良く、現時点の乗り方と
馬体がマッチしている点は、若駒2歳
のしかも牝馬同士というレースでは、
堅実に自分の能力を発揮し易いという
アドバンテージがある。



今回<馬体写真なし>
―――――――――――――――――
グリエルマ
ラスエモーショネス
リリーノーブル
トーセンブレス
レグルドール
ハイヒール
トーセンアンバー
ノーブルアース


※今回<馬体写真なし>の馬が多数の
ため、馬体探しに時間がかかりそうと
全馬の馬体解説&予想印は【次号】で
配信予定



▽今週の主なブログ更新記事


この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ