馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.537オークス 馬体診断予想~馬体の基本問題の解答一例あり
2016/05/22 07:22:29
カテゴリー: 馬体の基本解説 G1

▼舞台適性

【適性】C/T型-M(持続/根幹-長距離)
【ランク】G1 【コース】東京 【距離】芝2400m


▼馬体レーティング ※一部~プレミア記事完全公開

▽分布
―――――――――――――――――
112|1頭
111|チェッキーノ、他1頭
110|アットザシーサイド、他6頭
109|4頭
108|1頭
―――――――――――――――――


▼予想印 ※一部~プレミア記事完全公開
―――――――――――――――――
◎1頭
★2頭
▲チェッキーノ、アットザシーサイド
☆3頭
―――――――――――――――――


▼馬体結論~全馬短評 ※一部~プレミア記事完全公開

▲二頭
―――――――――――――――――
111|チェッキーノ
これまで何度か馬体ネタでも指摘して
いるが、藤沢和雄厩舎が若駒3歳のク
ラシックを勝ち取るとしたら、牝馬で
の可能性がより高い。

理由は、1)牡馬と牝馬の馬体の違い
、2)厩舎の馬体選び(好み)の傾向
、3)仕上げの負荷具合、4)鍛える
SPの質、5)舞台が東京…この5つ
など。

あくまで個人な意見だが、藤沢和雄厩
舎の調教スタイルでは、サラブレッド
馬の本来のあるべき(最も走れる)姿
まで仕上げ切れないのではないか、と
みている。

と、話が逸れたが、本馬は【持続CL
型】中距離馬の造りで、今走適性高く
仕上がりも良く、抜けた評価はしづら
いが、押え▲てはおきたい馬体だ。


110|アットザシーサイド
本馬の馬体をみてふと思ったが、仮に
<馬体鑑定士>という国家資格でもあ
れば、この馬の馬体の特徴の見極めは
基本問題として最適
かなと思う。

その馬体は、いわゆる「癖馬」の部類
だが、馬体素人が見ても何となく違和
感を感じるほど強烈な癖までになく、
一方では、基本の相馬眼さえあれば、
決して見過ごさないレベルの癖がある
という特徴的な馬体だ。

どういう癖(特徴)か…具体的には、
過去解説済のはずでそちらを参考に。
ざっと、大きく<首肩口・前後比・後
肢>に目がいけば、基本問題クリア、
正解
だ。

その特徴から、著者独自の<馬体適性
で見極め>ると、ズバリ、距離適性は
<短距離なら1400での差し>向き
、同時に<中長距離向き>の要素もあ
る、コース適性は、偏りなくかつ少し
半端な面がある<万能N型>。

ということで、本馬は【NL型】と、
前走比で距離延長も割引き少ないが、
G1根幹らしいタフ過ぎる流れや、オ
ークス特有のマイラー優位のSP絶対
値勝負ではちと分が悪い。流れの外か
ら、長め距離適性とSPキレを活かし
てどこまで、という評価になる。




▼舞台適性

【適性】C/T型-M(持続/根幹-長距離)
【ランク】G1 【コース】東京 【距離】芝2400m


▼馬体レーティング

▽分布
―――――――――――――――――
112|1頭
111|2頭
110|7頭
109|4頭
108|1頭
―――――――――――――――――

▽人気順
―――――――――――――――――
112|シンハライト
111|チェッキーノ
110|エンジェルフェイス
109|ビッシュ
110|アットザシーサイド
111|ロッテンマイヤー
110|デンコウアンジュ
000|アドマイヤリード
***|ペプチドサプル
110|フロンテアクイーン
110|ジェラシー
110|レッドアヴァンセ
110|アウェイク
109|フロムマイハート
109|ゲッカコウ
109|ウインファビラス
108|ダイワドレッサー
000|ダンツペンダント
―――――――――――――――――
000…今回馬体写真なし
***…馬体不明


▼予想印
―――――――――――――――――
◎シンハライト
★レッドアヴァンセ、ロッテンマイヤー
▲チェッキーノ、アットザシーサイド
☆アウェイク、フロンテアクイーン、ウインファビラス
―――――――――――――――――

▽推奨買い目/D ※推奨順

◎単複
★複単
見送り
☆複単
◎★⇒三複

Dアットザシーサイド


▼馬体結論~全馬短評

例年より少し小粒なメンバー構成。

正直、今年は馬体から本命◎を打てる
馬がいない。が、優駿オークスで本命
◎不在では、予想としてバツが悪い。
しかたなく、最もリスクが少ない無難
なシンハライトに。

後、オークスというレースは、以前も
何度か解説したように、好走馬&激走
馬には<特有の馬体傾向>がある。

ズバリ

距離適性<SP絶対値

過去、2400向きで好走した中長距
離馬よりも、SP絶対値の高さで好走
した馬体マイラーが圧倒的に多数。

つまり、ダービーや同条件の重賞とは
異なる特殊なレースと言える。

ということで、オークスの馬体定石と
しての狙い目は、馬体マイラーという
ことになる。そのあたりをふまえ


本命◎112|シンハライト
―――――――――――――――――
【持続CT型】らしく、均整のとれた
前後上下のバランスにあり、骨格可動
はもよく、筋肉容量も適度。いわゆる
無駄のない省エネな造りのチャンピオ
ン系の馬体。

前走<桜花賞>阪神から、東京替わり
となる今回、さらなるプラス評価をす
べきで、仕上がりも少し上昇。人気で
も押え▲以上は必須。

ただ、馬体の深みやスケールにおいて
は、過去の同タイプの馬体名牝などと
比較すると大きく劣る。例えば、ブエ
ネビスタ、シーザリオなどとは、比較
にもならない。他、現役馬でもこのレ
ベルの【持続CT型】は数多くいる。

馬体をみれば、割引きもなく前走以上
に評価すべきで、かつ相手関係も組み
し易い。結局、今年の馬体メンバーで
チャンピオン系は本馬のみと勝ち切っ
てもおかしくないが、それでも、過去
の名牝の手前、本来なら対抗○あたり
にとどめたい馬体だが。

しかし、姉があのリラヴァティだった
のか。姉は癖がある造りだが、本馬は
姉同様、牝馬らしい下腹アウトライン
にあるが、前後容量&可動のバランス
が良く、実績通りこちらが上だ。



一撃★二頭
―――――――――――――――――
111|ロッテンマイヤー
初見。タイプは【持続CN~CL型】
の中距離向き先行型がベース。基本、
安定軸向きではなく、一発一撃という
評価が妥当な造り。

具体的に、首差しの軽さ尺、肩胸前、
トモ縦幅など、上体のアウトライン含
め、可動域やスケール感は、このメン
バーでは特筆すべき良さがある。が、
上下軸、四肢など、下半身の造りが今
ひとつで、かつ、胴長の骨格にあり、
上体の軽さやキレの割に、全体として
は重厚さを感じてしまうというバラン
スにある。

毎年言っているように、<オークス特
有の馬体定石>に一致するタイプでは
なく、素材スケールと能力で押し切き
れるか、といったところだ。牝馬なが
ら、牡馬に位負けしない骨格スケール
にあり、今後、注目していきたい一頭
だが。


110|レッドアヴァンセ
デビュー前2歳馬体診断で<おすすめ
>に指名した馬。母エリモピクシーと
言えば、本馬以外にも、サトノルパン
、クラレント、リディル等、デビュー
前から高評価した馬が多く、この血統
はいわゆる馬体良血だ。

本馬は、リディルやクラレントのよう
なマイル前後向きというバランスのと
れた馬体マイラーではなく、サトノル
パンよりのマイルもギリギリといった
短距離仕様が強めの造り。前駆と後駆
のバランス、上下軸、飛節の造りなど
特徴が強い。

前走からのコース替わりは良く、とに
かく問題は距離。<オークス特有の馬
体定石>でマイラーが好走し易いとは
言え、通常の馬体マイラー以上に、明
らかに距離が長い。最後まで溜めがき
くのかどうか、先行すれば終わる。



▲二頭
―――――――――――――――――
111|チェッキーノ
これまで何度か馬体ネタでも指摘して
いるが、藤沢和雄厩舎が若駒3歳のク
ラシックを勝ち取るとしたら、牝馬で
の可能性がより高い。

理由は、1)牡馬と牝馬の馬体の違い
、2)厩舎の馬体選び(好み)の傾向
、3)仕上げの負荷具合、4)鍛える
SPの質、5)舞台が東京…この5つ
など。

あくまで個人な意見だが、藤沢和雄厩
舎の調教スタイルでは、サラブレッド
馬の本来のあるべき(最も走れる)姿
まで仕上げ切れないのではないか、と
みている。

と、話が逸れたが、本馬は【持続CL
型】中距離馬の造りで、今走適性高く
仕上がりも良く、抜けた評価はしづら
いが、押え▲てはおきたい馬体だ。


110|アットザシーサイド
本馬の馬体をみてふと思ったが、仮に
<馬体鑑定士>という国家資格でもあ
れば、この馬の馬体の特徴の見極めは
基本問題として最適かなと思う。

その馬体は、いわゆる「癖馬」の部類
だが、馬体素人が見ても何となく違和
感を感じるほど強烈な癖までになく、
一方では、基本の相馬眼さえあれば、
決して見過ごさないレベルの癖がある
という特徴的な馬体だ。

どういう癖(特徴)か…具体的には、
過去解説済のはずでそちらを参考に。
ざっと、大きく<首肩口・前後比・後
肢>に目がいけば、基本問題クリア、
正解だ。

その特徴から、著者独自の<馬体適性
で見極め>ると、ズバリ、距離適性は
<短距離なら1400での差し>向き
、同時に<中長距離向き>の要素もあ
る、コース適性は、偏りなくかつ少し
半端な面がある<万能N型>。

ということで、本馬は【NL型】と、
前走比で距離延長も割引き少ないが、
G1根幹らしいタフ過ぎる流れや、オ
ークス特有のマイラー優位のSP絶対
値勝負ではちと分が悪い。流れの外か
ら、長め距離適性とSPキレを活かし
てどこまで、という評価になる。



穴☆三頭
―――――――――――――――――
110|アウェイク
初見。顔立ちから気性面のリスクは内
存しているが、その影響を最も受ける
首差しから肩口胸前など前駆の造りが
軽く硬さなく可動域広め。後駆もトモ
幅普通も尺あり容量も上々。

ディープインパクト産駒らしい皮膚質
の良さもあり、素材、今走のコース適
性、距離融通性、SPキレなど、総合
的に上位評価はすべき馬体。

欲を言えば、首差しの力強さ、筋肉メ
リハリ含む現時点の仕上がり完成度、
飛節骨量、この3点で物足りなさがあ
る。本線◎★評価まではあと一歩と惜
しい。


110|フロンテアクイーン
デンコウアンジュと同じ父メイショウ
サムソン産駒で、この馬もまだ幼い造
りにある。軽さのデンコウアンジュに
対し、こちらは、より万能な造りで、
SP面の裏付けも確か。今回、仕上が
りも良い。

ただ、やはり東京の持続SP勝負では
分が悪い造りで、スローの加速SP勝
負となれば、根幹向きの良さもあり、
好走も可能な要素は秘めてはいるが。

馬体タイプとして、中距離~以上のス
ローなレースでは、現役屈指の怖さが
ある馬体デニムアンドルビーの二枚落
ちといったところか。


109|ウインファビラス
マイラーベースで、<オークス特有の
馬体定石>に該当するが、SP絶対値
など強みは薄く、差しベターという偏
りもない。距離延長以外割引きが少な
いが、激走するには少しパンチ不足と
、評価しても穴☆ギリギリか。



他、馬体短評
―――――――――――――――――
110|デンコウアンジュ
馬体マイラーではなく距離延長も割引
きなし。タイプとしてシンハライトと
同じくバランス良い省エネな造りだが
シンハライト比で、適性やSP面含め
総合的に番手評価となり様子見。穴☆
なら打てなくもない。


109|フロムマイハート
背線アウトラインなど、父ハーツクラ
イ産駒らしい面もあるが、基本、父産
駒では異色の部類で、SP裏付け確か
な堅実な骨格バランスにあり、距離延
長は割引き。差しベターの骨格でもな
く、オークスで怖い馬体マイラーにも
該当せず。


110|エンジェルフェイス
初見。この造り見たことがある。どの
馬が思い出せないが、有名?な馬と似
ているということだ。

牝馬らしからぬ屈強さや深みがあり、
スケールと伸び代上々だが、この時期
の若駒牝馬らしい軽さなどSPキレあ
る造りではなく、前後可動も少しアン
バランスで、東京ベストと偏った造り
でもない。印を打つ場合は、スケール
と仕上がり重視で押え▲か穴☆まで。
今回、人気もあり印削減へ。

ちなみに、芝がダメとは言わないが、
ダートを試してもらいたい馬体だ。


108|ダイワドレッサー
初見。父ネオユニヴァースというのは
意外だが、母父スウェプトオーヴァー
ボードとあり納得。母父の影響が強く
距離限界がある。1400あたりがベ
ストだろう。


110|ジェラシー
初見。父ハービンジャー産駒でこの馬
体も見たことがある。うーん、思い出
せそうだが。近年の馬で3歳春少し活
躍するもクラシックは頭打ち気味だっ
た牡馬だ。

骨格的に、長距離向きとスタミナロス
し易さが混在気味で、仕上りも甘め、
他、後肢含め軽さ一息でSP面の不安
もありと、3歳春の牝馬オークスでは
スケール重視での一発穴☆なら。


109|ビッシュ
初見。撮影誤差あり少し見づらいが、
こちらも骨格可動は上々も、上体と四
肢のバランス一息で仕上がりも甘く、
現時点の強みに欠ける。


109|ゲッカコウ
牝馬らしくサス軽さがあり、マイラー
という造りでもなく中距離あたりがい
いだろう。各パーツの骨量や連携が甘
く、SP面で芝G1では評価はしづら
い。適性の高さでどこまで。


000|アドマイヤリード
デビュー前の馬体確認のみ、かつ、撮
影誤差もあり見づらい。大きなアラは
ないが、強く推せる要素もない。


***|ペプチドサプル
不明。手脚軽さあり牝馬らしい造りで
はないか。馬体写真なく残念。


000|ダンツペンダント
デビュー前<セール>時の馬体写真を
発見。顔立ちもよく、可動域もまずま
ずで、母父アジュディケーティングの
影響か、骨量豊富で胴長なシルエット
と、現状、短~中距離向き【NL型】
といったところではないか。

基本、前走の非根幹1800がベター
で、根幹G1の2400ではSP的に
どうかだが、硬さある造りではなく、
スケールも上々、四肢軸&骨量安定か
らも、現時点の成長(良化)がみこめ
る。今後、一度馬体を見てみたい一頭
だ。


  • 05/22(日)
    東京11R
    優駿牝馬(GI)(第77回オークス)
    レース結果・払戻金を表示
    単勝 複勝
    的中
  • 単勝 複勝 3連複
    レース結果
    着順 馬番 馬名 タイム
    1 2 3 シンハライト 2:25.0
    2 7 13 チェッキーノ クビ
    3 7 14 ビッシュ 1/2
    払戻金
    単勝 3 200円 1番人気
    複勝 3
    13
    14
    110円
    130円
    320円
    1番人気
    2番人気
    5番人気
    枠連 2-7 300円 1番人気
    馬単 3-13 650円 1番人気
    馬連 3-13 420円 1番人気
    ワイド 3-13
    3-14
    13-14
    200円
    660円
    910円
    1番人気
    4番人気
    10番人気
    WIN5 2,082,440円 1番人気
    3連複 3-13-14 2,070円 4番人気
    3連単 3-13-14 5,790円 6番人気
単勝 複勝 3連複
タグ: 未設定
(この記事は2016/05/28 10:23まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ