馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.524皐月賞 馬体診断予想~馬体的にもシーザリオは偉大別格だな
2016/04/16 22:36:43
カテゴリー: G1

▼舞台適性

【適性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)
【ランク】G1 【コース】中山 【距離】芝2000m


▼馬体レーティング ※一部~プレミア記事完全公開

▽レート分布
――――――――――――――――――――
112|2頭
111|5頭
110|4頭
109|2頭
――――――――――――――――――――


▼予想印 ※一部~プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
◎2頭
○リオンディーズ
▲2頭
★1頭
☆3頭
―――――――――――――――――――― 


▼馬体結論 ※一部~プレミア記事完全公開

馬体レーティングの数値からも、全体的には
先週の桜花賞以上に馬体ハイレベルにある。
が、桜花賞同様、抜けた馬は不在の混線。


巷の人気は、サトノダイヤモンド、リオンデ
ィーズ、マカヒキ
の三強構図。


…さて、馬体だけに限れば、本命◎は


対抗○111|リオンディーズ
――――――――――――――――――――
これまでも解説した通り、母シーザリオ>兄
エピファネイア>本馬というのが、単純な馬
体素材としての評価。本馬より、やわらかみ
とバランスの良さがプラスされたのが母で、
やわらか過ぎで少しバランスが崩れたのが兄
と言えばわかりやすいか。

このように、ライバルの馬体を見るまでもな
く、クラシック真打ちと評価するには、スケ
ールや距離適性の面でもう一息であるのは、
過去の身内の名馬体が教えてくれる。とは言
え、比較対象が母というのは酷か。母の馬体
の前では、現役屈指レベルであっても物足り
ないだろう。単体でみれば、良血らしく欠点
もなく好馬体の部類だ。

具体的に、前後パーツ単体の深み容量は十分
にあり、やわらかみや伸び一息だが、その分
兄とは異なり、緩さがなく直線的なアウトラ
インからもSP絶対値、堅実安定感は本馬が
優る。差しベターであり、下手に先行したり
、余程のハイな流れとならない限りは、今回
の人気三強では、最もリスクが低い馬体だ。




▼舞台適性

【適性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)
【ランク】G1 【コース】中山 【距離】芝2000m


▼馬体レーティング

▽レート分布
――――――――――――――――――――
112|2頭
111|5頭
110|4頭
109|2頭
――――――――――――――――――――

▽人気順
――――――――――――――――――――
111|サトノダイヤモンド
111|リオンディーズ
111|マカヒキ
112|エアスピネル
111|ロードクエスト
110|マウントロブソン
112|アドマイヤダイオウ
111|ディーマジェスティ
110|プロフェット
110|ナムラシングン
110|ミライヘノツバサ
000|ドレッドノータス
000|ミッキーロケット
109|ジョルジュサンク
000|ウムブルフ
110|リスペクトアース
109|アドマイヤモラール
***|トーアライジン
―――――――――――――――――――― 
000…今回馬体未確認
***…馬体不明


▼予想印
――――――――――――――――――――
◎ミッキーロケット、アドマイヤダイオウ
○リオンディーズ
▲サトノダイヤモンド、ロードクエスト
★ディーマジェスティ
☆ナムラシングン、リスペクトアース、ミライヘノツバサ
―――――――――――――――――――― 


▽推奨買い目/D ※推奨順

◎複単
★複単
見送り
◎◎、◎○、◎★⇒三連複
☆複単

Dなし


▼馬体結論

馬体レーティングの数値からも、全体的には
先週の桜花賞以上に馬体ハイレベルにある。
が、桜花賞同様、抜けた馬は不在の混線。


巷の人気は、サトノダイヤモンド、リオンデ
ィーズ、マカヒキの三強構図。

馬体的にみて、桜花賞のメジャーエンブレム
と同様、1番人気馬サトノは、淡泊な要素が
ある馬体で、本番激戦に一抹の不安がある。


また、三強以外の馬含め、過去のレース実績
を馬体的な視点でみれば、

単純な能力(強さ)は、マカヒキ≧リオンデ
ィーズ>エアスピネルは、ほぼ間違いない。
確定だろう。

つまり、能力で馬券を買うなら、マカヒキと
リオン対サトノをどうみるのか、ということ
になるだろう。


さて、馬体だけに限れば、本命◎は


W本命◎000|ミッキーロケット
――――――――――――――――――――
前走も述べたが、デビュー前から抜群の評価
をしている本馬。再度、以下<デビュー前の
馬体診断コメント>を記載。
----------------------------------------
メジャー種牡馬から一頭。昨年、馬体No.1に
指名した同じ父産駒レーヴミストラル同様、
父産駒らしい骨格癖がなく、全体のバランス
が素晴らしい。母父Pivotalが何と読むのか、
どんな血統か未確認も、万能器用さがある。
----------------------------------------
万能な馬体本格派でチャンピオン系の造りに
あり、前走非根幹から、根幹2000替わり
は間違いなくいいだろう。

今回馬体写真なく、現時点の馬体や仕上がり
は不明とW本命◎の指名となるが、馬体だけ
で印を打つならば、絶対に外せない馬だ。



W本命◎ 111|アドマイヤダイオウ
――――――――――――――――――――
初見。デビュー前以来の馬体確認となるが、
変わらず前後骨格バランスが適度で癖がなく
加え、腹袋もあり、上腕やトモの見詰まりの
良さもある。

また、牡馬らしい屈強さがありながら、適性
的に、エアスピネルほどの偏りまでになく、
首差しやサスなど、軽さや長さもあり、スケ
ール上々だ。

基本好みの造りではないが、今回適性で最上
位評価ができるディーマジェスティとの比較
でも、激戦根幹向きの点で本馬が上位にとれ
、結果、最右翼評価となり、本命◎に抜擢。

ただ、単独本命◎までの抜けた評価ではなか
ったので、ミッキーロケットが出走していて
W本命◎となり、ちょうどよかったか。



対抗○111|リオンディーズ
――――――――――――――――――――
これまでも解説した通り、母シーザリオ>兄
エピファネイア>本馬というのが、単純な馬
体素材としての評価。本馬より、やわらかみ
とバランスの良さがプラスされたのが母で、
やわらか過ぎで少しバランスが崩れたのが兄
と言えばわかりやすいか。

このように、ライバルの馬体を見るまでもな
く、クラシック真打ちと評価するには、スケ
ールや距離適性の面でもう一息であるのは、
過去の身内の名馬体が教えてくれる。とは言
え、比較対象が母というのは酷か。母の馬体
の前では、現役屈指レベルであっても物足り
ないだろう。単体でみれば、良血らしく欠点
もなく好馬体の部類だ。

具体的に、前後パーツ単体の深み容量は十分
にあり、やわらかみや伸び一息だが、その分
兄とは異なり、緩さがなく直線的なアウトラ
インからもSP絶対値、堅実安定感は本馬が
優る。差しベターであり、下手に先行したり
、余程のハイな流れとならない限りは、今回
の人気三強では、最もリスクが低い馬体だ。



押え▲二頭
――――――――――――――――――――
111|サトノダイヤモンド
初見の前走でも解説したが、タイプとしては
あの馬体名馬ジャスタウェイやドゥラメンテ
と同じ骨格に癖がある造り。

具体的に、胴に対し四肢重心が短め(低め)
で、水平なアウトラインを基調としており、
いわゆる典型的な【CL型】だ。

つまり、単純な適性では前走比で条件暗転。
人気を背負う今回、馬体を見れば、評価を下
げることからスタートすべきなのは言うまで
もない。

また、これまでの圧倒的なパフォーマンスは
能力の高さ故もあるのだろうが、一方では、
馬体を見れば、少頭数やレースの流れ自体、
淡泊さがある造りの本馬にとって、走り易い
レースだったのも事実。馬体から実績を鵜呑
みにできないのは明らかで、間違いなくレー
スパフォーマンスは下がるとみるのが妥当。

以上、G1根幹戦の本番では、馬体から不安
があるというのは、先週の<桜花賞>におけ
るメジャーエンブレムと同じ。ただ、そうし
たベストでない舞台であるとは言え、今回の
仕上がりは良く、そのトモ後肢の充実からも
SP絶対値の高さなど、三冠で最も短い距離
の皐月賞で消し評価はできないか。


111|ロードクエスト
雄大さや伸びという点では物足りないが、長
駆短背、均整のとれた骨筋バランス、非常に
素軽い手脚など、省エネな造りにあり、無駄
がない走法が想像できる。

もう一段骨格の成長がほしいところだが、明
らかに激戦向きで、前走比で条件好転。



一撃★111|ディーマジェスティ
――――――――――――――――――――
初見。毎年デビュー前の2歳馬の馬体診断で
父ディープインパクト産駒でこの手の造りは
たまに見かける。他、この馬体見たことがあ
るが、馬名が思い出せない。ディープサウン
ド?ではなく、もう少し有名どころだった気
がするが。

と、肝心の馬体は、やわらかみや深みは一息
だが、骨量豊富で四肢など軸安定しており、
万能さがある。現時点の見詰まりからも仕上
がりも良い。中距離馬らしいシルエットで、
今走適性は最上位。

ただ、このハイレベルな馬体メンバー相手に
淡泊でトライアル気質な要素があるこの造り
に本命◎まではどうかと迷う。



穴☆三頭
――――――――――――――――――――
110|ナムラシングン
初見。軸安定しており可動域や容量も上々、
薄広の筋肉バランスなど含め、【持続C型】
向きの流れとなったときの一発の適性強みが
ある。

ちょうど、その昔この皐月賞で一発を予想し
激走したトライアフマーチの馬体を思い出し
た。トラほどの深みにはないかな。


110|ミライヘノツバサ
初見。首差しから胸前の造りが良く全体的な
バランスも上々。現時点の仕上がり完成度や
SP絶対値の点でどうかだが、タフな競馬に
向き、前走比で条件好転。


110|リスペクトアース
初見。わかりやすい造りで、小回り厳しく距
離質も非根幹ベストと、今走適性が最も合わ
ない馬体。さらに、この癖ある骨格に重厚さ
が出てきてしまっている仕上がりなど、SP
面でG1で通用するのか、腰不安から急坂も
ネックだろうというのは想像できる。

ただ、その過ぎた造り故、万に一つ、スムー
ズに先手を奪え、速い流れでひっぱれば、怖
さを秘める雄大さがある。無論、逃げれても
スローでは出番がないだろう。



見、他
――――――――――――――――――――
112|エアスピネル
上位人気馬で、最も中山皐月賞向きの馬体と
言えば、本馬なのは言うまでもないだろう。

ただ、今年は馬体ハイレベルであり、かつ、
前走<弥生賞>の負けは、馬体からはかなり
致命的と言え、マカヒキやリオンとの能力差
を決定付けると言ってもいい。

引き続き<弥生賞>と同じ舞台とは言え、こ
こはトライアルでなく本番のG1。前走以上
にタフな流れとなる可能性が高く、マイラー
ベースの骨格にある本馬にとって、馬体定石
(長め距離適性がある馬に有利)からも狙い
づらい。

非常に安定した骨格で堅実さがあり、適性最
右翼らしく器用さを利し、能力分だけはきっ
ちり出し切って走るだろう。が、勝ち負けや
複勝圏内に入るには、1)うまく立ち回る、
2)スローで先行や好位で競馬する(差しに
回らない)、3)明らかに能力で優るライバ
ルたちが馬体的な後手を踏むんだ競馬をする
(サトノはタフな流れで伸びあぐむ、マカヒ
キは小回りで脚を余すか先行してしまう)と
いった条件がすべてそろわないと厳しいので
はないか。

適性最右翼で評価としては対抗○や押え▲が
無難だろうが、馬体から底が見えた点からも
印すっきりのため無印へ。


111|マカヒキ
前走の<弥生賞>、人気三頭リオンとエアの
なかでは、最も適性合わず馬体のスケールと
能力頼みとしたが、勝ってしまった。つまり
単純な能力では、本馬≧リオン>エアという
のは、間違いないだろう。

前走同様、ここベストではなくライバル比で
SP絶対値や完成度の点では劣る。が、まだ
ベストの仕上がりにはないとは言え、明らか
に、前走よりも仕上がりを上げてきた。

また、G1らしい激戦タフな流れとなった場
合、サトノには厳しく、本馬にはうれしいと
、馬体定石の後押しもある。素材スケールが
メンバー最上位に位置する以上、勝ち切る可
能性は捨てきれない。

ただ、人気がある以上、予想として本命◎か
消しかの二択がスマート。素材スケールだけ
で今回本命◎を打つには、過去の名馬比など
少し足りないなと消しとしたが。

ここで本馬に勝たれるようだと、今回出走の
皐月賞組では、ダービーでは逆転はできない
と馬体からなってしまうが。


110|マウントロブソン
初見。父ディープインパクト産駒という良血
から、もし、セリなどで馬体を見れば、素通
りしてしまうだろう。馬体で若駒の見極めを
する人は、まず買わない(おすすめしない)
レベルの馬体。

ただ、ここはセリでなく皐月賞。そのやわら
かみや稼働が一息の造りは、むしろ、小回り
中山適性の高さとなる。また、典型的なマイ
ラーという骨格ではないながら、SP裏付け
もまずまずとマイルでSP勝負より、中距離
でのSP勝負向きで2000も悪くない。と
この相手でなければ、適性からそこそこ評価
できる。

が、いかんせん、素材普通だけでなく、まだ
まだ幼く完成度(先天的な成長)が甘く、か
つ、仕上がり(後天人為的な成長)も普通と
くれば、人気薄の穴☆評価が限界だろう。


110|プロフェット
長駆短背なシルエットだが、首差しや四肢の
サス長さの割に、上体小ぶりで、前後上下比
のバランスに癖がある。もう一つ二つパーツ
が違えば、そのサス長さを活かしきることが
できると思うが。

今回、仕上がりはいいが、SP裏付け普通で
元々ハマればという馬体で、ハマるならば、
よりベターな条件がある。好みの部類故、こ
の舞台では様子見となる。


000|ドレッドノータス
前走<スプリングS>で指摘したと思うが、
クラシックで勝ち負けできる馬体にはない。


109|アドマイヤモラール
大味な馬体マイラーでタイプとして一発型。
この手のタイプは、よくG1や重賞で一撃★
指名することもあるが、本馬は、前後深みや
容量がもう一息で、SP絶対値含め、破壊力
がド級とは言えず、この相手で印までは。


109|ジョルジュサンク
アンバランスさがあり非根幹ベター。伸び代
があり、今後まだ狙いどころはある素材だが
ここでは、ワンペースで先行できてどこまで
と、評価しても穴☆といった馬体。印削減。


000|ウムブルフ
好みの部類で適性一息、淡泊な造りと記憶。

  • 04/17(日)
    中山11R
    第76回 皐月賞(GI)
    予想内容を表示
    単勝 複勝
    的中
  • 単勝 複勝 3連複 3連単
単勝 複勝 3連複 3連単
タグ: 未設定
(この記事は2016/04/17 23:13まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ