馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.518産経大阪杯 馬体診断予想~今更ラブリーデイ本命◎では遅い
2016/04/03 07:10:00
カテゴリー: G2

▼舞台適性

【適性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)
【ランク】G2 【コース】阪神内 【距離】2000m


▼馬体レーティング ※一部~プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
112|ラブリーデイ
111|3頭
110|2頭
109|1頭
―――――――――――――――――――― 
※競馬ブック-フォトパドック掲載馬対象


▼予想印 ※一部~プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――
◎1頭
○ラブリーデイ
▲2頭
★頭
―――――――――――――――――――― 


▼最終結論~各馬短評 ※一部~プレミア記事完全公開

対抗○ラブリーデイ
――――――――――――――――――――――
昨年一気にブレークした本馬だが、馬体診断予想
として、<中山金杯><宝塚記念>で共に本命◎
を打ちそのブレークを先行評価できたかと思う。

その<中山金杯><宝塚記念>と同様の【加速A
型】中距離戦となる本レースでは、当然馬体から
今走適性メンバー屈指。ただ、今回仕上がり甘く
すでに馬券孝行済であるため、本命◎は譲る。

おそらく引退までの生涯で、馬体&馬券的にも、
本馬を◎評価&賭けるベストタイミングは、6人
気だった<宝塚記念>だろう。




▼舞台適性

【適性】A/T型-I(加速/根幹-中距離)
【ランク】G2 【コース】阪神内 【距離】2000m


▼馬体レーティング
――――――――――――――――――――
112|ラブリーデイ
111|ショウナンパンドラ、アンビシャス、タッチングスピーチ
110|イスラボニータ、ヌーヴォレコルト
109|キタサンブラック
―――――――――――――――――――― 
※競馬ブック-フォトパドック掲載馬対象


▼予想印
――――――――――――――――――――
◎アンビシャス
○ラブリーデイ
▲ショウナンパンドラ、ヌーヴォレコルト
★タッチングスピーチ、マイネルラクリマ
―――――――――――――――――――― 


▽推奨買い目/D ※推奨順

◎単複
見送り
◎○、◎★、◎▲⇒三連
★複単
○単複

Dなし


▼最終結論~各馬短評

本命◎アンビシャス
――――――――――――――――――――――
やっぱりヴィルシーナを思い出す馬体。【持続C
型】馬で阪神内がベストではないが、稼働や容量
など、過ぎた造りになく、コース適性面で割引き
少ない。タイプとして、省エネチャンピオン系と
言え、根幹2000では大崩れは考えにくい。

若駒3歳時から気になる点として、やはり馬体の
伸びが一息。個人的な好みとしては、そのあたり
もう少し伸びがほしいところだが。



対抗○ラブリーデイ
――――――――――――――――――――――
昨年一気にブレークした本馬だが、馬体診断予想
として、<中山金杯><宝塚記念>で共に本命◎
を打ちそのブレークを先行評価できたかと思う。

その<中山金杯><宝塚記念>と同様の【加速A
型】中距離戦となる本レースでは、当然馬体から
今走適性メンバー屈指。ただ、今回仕上がり甘く
すでに馬券孝行済であるため、本命◎は譲る。

おそらく引退までの生涯で、馬体&馬券的にも、
本馬を◎評価&賭けるベストタイミングは、6人
気だった<宝塚記念>だろう。



押え▲二頭
――――――――――――――――――――――
ショウナンパンドラは、馬体タイプとしてはあの
デニムアンドルビーと同じ。牝馬ながら牡馬相手
でも位負けしない骨格安定、適性、SP裏付けな
ど、安定した強みがある。

ここもスローなら最も怖い馬体で、かつ、過去の
実績からも、キタサンなどと同様、馬体のキャパ
以上のパフォーマンスをみせており、能力裏付け
は確か。仕上がりは甘いが、牝馬らしい造りでも
なく大きな割引きにもならない。


ヌーヴォレコルトは、いつも言っているように、
癖馬体の典型。古馬となり筋肉量の増加があるが
加齢による重さが出ていないのは牝馬故だろう。
中距離戦では、イスラ、キタサンよりも評価はで
きるため、この位置に。



一撃★は二頭
――――――――――――――――――――――
単純な馬体の素材スケールで最右翼の二頭である
タッチングスピーチ、マイネルラクリマを一発の
期待で指名。


前者は、適性一息&距離不足がリスク。が、今回
仕上がり良く、レースが【持続C型】向きのハイ
&タフな流れとなったとき、一番怖い馬体はこの
馬なのは言うまでもない。


後者は、高齢馬の長期休養後ながら馬体写真なく
仕上がりが確認できないのがリスク。仕上り易い
造りならいいのだが、本馬は、稼働容量も大きめ
で、いわゆる万能な馬体。軽さ&やわらかみだけ
に特化したタイプではないため、やはり割引きは
必要だろう。それを差し引いても本線評価しても
いい馬体素材ではある。



見、他
――――――――――――――――――――――
イスラボニータは、古馬となって以降、年々加齢
の影響がある仕上りにある。馬体的には、人気薄
のベスト条件以外は様子見がいい。


キタサンブラックは、馬体の小ぶり、手脚軽さな
どがいいほうに出ているのだろうが、これまでの
実績からは、明らかに「馬体<実績」という馬。

つまり、馬体のキャパ以上のパフォーマンスを発
揮しており、その意味で「能力」の裏付けは馬体
的に文句なし。また、仕上がりも今回のメンバー
では屈指。

がやはり、馬体の「素材スケール、距離尺適性、
バランス(根幹適性)、SP絶対値」という基本要
素の面で、ライバル比で明らかに抜けたものがな
い。どうしても「能力」依存が高い馬体で、この
馬まで印がまわらない。

  • 04/03(日)
    阪神11R
    第60回 産経大阪杯(GII)
    予想内容を表示
    単勝 複勝 3連複 3連単
    的中
  • 単勝 複勝 3連複 3連単
単勝 複勝 3連複 3連単
タグ: 未設定
(この記事は2016/04/03 22:25まで500円で販売していました。)
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ