馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね4

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2018/09/17 04:08


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2018年9月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.499 フェブラリーS 馬体診断予想~いつも以上に詳しい馬体解説を公開
2016/02/21 07:51:58
カテゴリー: G1
単勝 複勝 3連複 3連単

▼舞台適性

【適性】C/T型-M(持続/根幹-マイル)
【ランク】G1 【コース】東京 【距離】D1600m


▼馬体レーティング ※プレミア記事公開
――――――――――――――――――――――
112|1頭
111|ロワジャルダン、他2頭
110|ローマンレジェンド、他4頭
109|1頭
108|1頭
――――――――――――――――――――――


▼最終結論~総評

今回の馬体診断の解説は、適性の見極め方など含
め、通常以上にくわしく解説している。

ただ、文量と時間の関係から、全馬は当然不可。
対象は…つづきプレミア記事公開


※以下一部公開

ある馬の馬体診断
――――――――――――――――――――――
今回、本馬を例に、日々の馬体診断による結論
(短評コメント)に至るプロセスを具体的に解説。

<1.前駆>
--------------------------------------------
肩甲骨の尺(長さ)あり肩角深めで、東京適性(持続
SP)上々の造り。一方、首差しの「尺(長さ)、バラ
ンス(角度)、厚み(容量)」は中山(加速SP)向きの
造り。

ここから「前深みあるが距離に限界が…」「東京
or中山適性が中途半端(万能)と適性が振り切れて
いない」
といった評価となる。


<2.後駆>
--------------------------------------------
上部(トモ)は、腰角が標準から深め、横幅(寛骨)
はあるが縦幅(大腿骨)が短い。よくある造りだ。
下部(飛節管)は、直飛、骨量安定、比率標準、全
体尺あり、つなぎ短めなど。全体(上部と下部の
バランス)は、標準から長め。

以上の造りだが、実際の馬体診断の短評では文量
の関係で「上付きトモ、トモ尺(長さ)一息、飛節
浅め(直飛)、SP裏付けある(SP絶対値は抜群まで
にない)」
など、どれか一言で表すことが多い。


<3.全体比>
--------------------------------------------
プレミア記事公開


<4.全体軸>
--------------------------------------------
プレミア記事公開


<5.適性>
--------------------------------------------
いわゆる「加速、短スプリント、非根幹、先行ベ
ター」
の骨格がベース。ただ、「短距離やダート
向き、凡庸な素材」に多い窮屈さはない。故に、
距離やレースぶりに安定&融通性があるタイプ。

今走適性は、前走比で「距離の尺、質」ともに、
多少割引き。「SPの裏付け」は確かだが、「SPの
絶対値」はメンバー中屈指までにはない。また、
「SPの質」は、持続でなく加速の比重が高め。


<6.結論>
--------------------------------------------
本馬は、特化型や癖が強い造りではなく、癖が少
ない堅実な造り。今回、相手比次第。

以上、「素材からもG1で勝ち負けがどうか、距離
も前走ベター、東京もベストではなく、SP絶対値
も抜群メンバー屈指までにない。仕上りはいいが
それを加味しても相手関係から押え▲ギリギリ。
人気なら印を打たないでいいかな」…
となる。


↑↑↑

ちなみに、文章にすれば長いが、ここまでの上記
<1~6>のプロセスを、ズバリ

--------------------------------------------
馬体写真をみて“1秒程度”で行っている
--------------------------------------------

馬体が目に入れば、次の瞬間には、自然とその馬
の<特徴、適性、評価>が頭にうかんでいる。


がしかし、この<たった数秒で出る結論>を
--------------------------------------------
「どう数行の文字で読み手に伝えればいいのか」
この文書化に、“数時間”かかることもある。
--------------------------------------------

自分の頭の中を、相手にわかりやすく文字にする
というのは、本当に大変な作業だ。この作業で、
予想配信の心折れそうな時もある。

が、何とか馬体好き故に、もう5年以上休むこと
なく毎週馬体診断を配信している次第。


また、馬体をみて“1秒程度”でこうした結論が
出せること自体、信じられない人もいるかもしれ
ないが、

これについては、今月に先行限定販売中の著書
--------------------------------------------

?content_type=forecast&content_id=3197&t
『馬体のセオリー』
https://regimag.jp/f/file/sell/?sale=741
--------------------------------------------
これを手にとってもらえれば実感できると思う。


他馬の馬体短評 ※プレミア記事公開
――――――――――――――――――――――

ロワジャルダン、ホワイトフーガ、グレープブランデー
同タイプ。1800ベターで距離忙しく一か八か。


ローマンレジェンド
本馬も上三頭と同じだが、ちと加齢リスク高。



▼予想印
――――――――――――――――――――――
◎1頭
○不在
▲2頭
★ロワジャルダン、グレープブランデー、他1頭
☆ホワイトフーガ、他2頭
――――――――――――――――――――――



この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ