馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
いいね3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2018/07/15 09:11


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2018年7月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.488 AJCC 馬体診断予想~馬体の勉強不足はごまかせない
2016/01/24 07:10:00
カテゴリー: 馬体の基本解説 G2
単勝 複勝 3連複 3連単
▼コース適性

【適性】A/L型-I(加速/非根幹-中距離)
【ランク】G2 【コース】中山 【距離】芝2200m



▼馬体レーティング
――――――――――――――――――――――
112|1頭
111|ディサイファ、他2頭
110|2頭
――――――――――――――――――――――
プレミア記事完全公開



▼最終結論~短評 ※一部 プレミア記事完全公開

押え▲
――――――――――――――――――――――
ディサイファは、多少厚みあるが、小回り器用さ
も兼ね備えた造りで、この手の造りでも手脚軽さ
がある。

ちなみに、小島太厩舎は、この手脚の軽さを相馬
的に重視して選んでいるのではないか。小ぶりな
骨格だが軽さがある、そういったタイプが多い印
象だ。



凡穴☆二頭
――――――――――――――――――――――
ルルーシュは、よく言う藤沢和厩舎らしい馬体。
馬体そのものに仕上がり難さがつきまとい、加え
厩舎のスタンスにも仕上がり難さがあるという。
休み明けで馬体写真なしと、余程のベスト条件、
かつ相手関係でないと印は打ちづらい。

ちなみに、この厩舎故、故障せず長く走れると言
えるが、一方で、その馬体ポテンシャルを100%引
き出すのも、この厩舎では難しいというジレンマ
がある、と馬体的にみている。

過去の厩舎活躍馬や所属馬の馬体から、本馬のよ
うな馬体が、調教師の好みなのがよくわかる。
いわゆる「前後の骨格(稼働)容量と、筋肉(立体)
容量が大きい造り」
だ。わかりやすい言い方をす
れば、「○○と××」ともに容量が大きいのが好みな
のだろう。

この手の馬体は、骨格本来のベストである【持続
C型】東京・京都では、仕上りきれず、かつ筋肉量
の多さからも、SP的に突き抜けるパフォーマンス
は期待できない。が、今回のような小回り中山・
阪神では、パワー勝負に対応できる筋肉量にある
が、その骨格自体【加速】向きでもなく、強引な
競馬が必要。つまり、タイトな流れになりやすい
根幹距離では、馬体的に動きにくく厳しい。その
意味で、非根幹の距離尺はいいが。



▼予想印  プレミア記事完全公開
――――――――――――――――――――――
◎1頭
○1頭
★2頭
▲ディサイファ、他1頭
☆ルルーシュ、他1頭
――――――――――――――――――――――




この記事はプレミアム記事です。

500pt(円)お支払いすることで、記事全文がすぐにご覧いただけます。

スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ