馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.451菊花賞 馬体診断予想(1)~菊花賞予想が“馬体最強”な理由とは
2015/10/24 17:00:00
カテゴリー: G1
▼過去実績 (2011~2014)

【馬体レーティングTOP】
2014|111トーホウジャッカル|3人気1着
2013|113エピファネイア|1人気1着
2012|115ゴールドシップ|1人気1着
2011|112オルフェーヴル|1人気1着


【予想】
(ネット公開)
2014|◎ショウナンラグーン|6人気5着
2014|○トーホウジャッカル|3人気1着

2013|◎テイエムイナズマ|16人気11着

2012|◎ゴールドシップ|1人気1着
2012|○ユウキソルジャー|7人気3着
2012|★ベールドインパクト|10人気4着

2011|◎ハーバーコマンド|14人気4着

2010|◎レーヴドリアン|5人気4着

2009|◎フォゲッタブル|7人気2着
2009|★スリーロールス|8人気1着
2009|▲セイウンワンダー|6人気3着

…………

(ネット公開前)
2008|◎ナムラクレセント|9人気3着
2008|○フローテーション|15人気2着
2008|▲ヤマニンキングリー|16人気9着
2008|見オウケンブルースリ|1人気1着

2004|◎デルタブルース|8人気1着

2003|◎マッキ―マックス|8人気5着

2002|◎ヒシミラクル|10人気1着
2002|○メガスターダム|3人気3着
2002|★ファストタテヤマ|16人気2着

1999|◎ナリタトップロード|3人気1着

1997|◎メジロブライト|2人気3着
1997|○ステイゴールド|10人気8着



▼コース適性

【適性】C/L型-E(持続/非根幹-ステイヤー)
【ランク】G1 【コース】京都外 【距離】芝3000m



▼馬体レーティング
――――――――――――――――――――――
112|1頭
111|4頭
110|3頭
109|2頭
――――――――――――――――――――――
※競馬ブック-フォトパドック掲載馬対象



▼最終結論

新潟2歳Sと並び「JRAレースのなかで個人的に最も
得意としている」のがこの菊花賞。

過去、ネット上で馬体診断予想を開始した2009年
~のみならず、記憶をたどってみても、それ以前
から、予想&馬券の相性が抜群で大好きなレース
である。



では、そもそも「なぜ、菊花賞が得意なのか」…
これは毎年述べているが、ズバリ、「レース結果
への馬体の影響度が、他のどのレースよりも大き
くなり易い」故。

ざっくり言えば、馬体がわかりさえすれば「最も
予想&穴馬的中し易い」それがこの菊花賞だ。


事実、馬体を見れば、
---------------------------------------------
評価を下げるべき馬↓
評価を上げるべき馬↑
---------------------------------------------
これが一目瞭然。

加え、前者に人気馬、後者に超穴馬が該当するケー
スが多い。


例えば、前者↓の例なら
---------------------------------------------
昨年なら人気トゥザワールド(2人気16着)
一昨年ならマジェスティハーツ(2人気13着)など
---------------------------------------------
馬体を見れば、絶対に本線で買えない。


一方で、後者↑の例では
---------------------------------------------
近年で最も自信の本命◎ハーバーコマンド(14人気
4着)や、メルマガ創刊当初に完全的中したスリー
ロールス(8人気1着)、フォゲッタブル(7人気2着)
、他、ナムラクレセント(9人気3着)、フローテー
ション(15人気2着)、ヒシミラクル(10人気1着)、
ファストタテヤマ(16人気2着)、古くは、◎メジロ
ブライト(2人気3着)、ステイゴールド(10人気8着)
など
---------------------------------------------
馬体を見れば、絶対に本線評価すべき馬たちだ。


もちろん、現実のレース結果は水もの、予想や馬
券の当たりハズレも、別次元の話だが、とにかく
---------------------------------------------
馬体から評価すべきでない馬↓の凡走
馬体から評価すべき馬↑の好走
---------------------------------------------
人気問わず、これが通常のレースと比較にならな
いくらい高いと言える。

菊花賞だけは、「馬体から予想すべき、馬体派の
ためにあるレース」と言っても過言でない。



その要因は、大きく以下<4つ>挙げられる。
---------------------------------------------
<1>菊花賞がマイノリティな距離である
<2>ステイヤーがマイノリティな馬体である
<3>3歳三冠レースという特殊なレースである
<4>馬体は、巷のほとんどの人がわからない
---------------------------------------------


<1>菊花賞がマイノリティな距離である

世界的にみても、近年競馬はあらゆる面でスピー
ド重視の傾向にある。日本も例外ではなく、その
影響はレース番組体系にも表れている。

ただでさえ3000mという距離はマイノリティー。現
在は、その傾向がより一層強くなっている。


<2>ステイヤーがマイノリティな馬体である

種牡馬(実績の評価)においても、スピード優先の
傾向が強くなっており、当然、生産されるサラブ
レッド全体も、より短距離スピードよりにシフト
した血統や馬体となっている。

3000m戦に向くようなステイヤーといった馬体の個
体数自体が非常に少なくなってきている。


<3>3歳三冠レースという特殊なレースである

先のスピード優先の競馬全体の背景がありながら
未だ、三冠レースという特別な位置づけにあるの
がこの菊花賞。まだ3歳若駒という意味でベスト
な距離条件を模索している馬も多く、とりあえず
三冠最後なので参戦…という「専門外だが参戦す
る馬」が、デビュー直後の2歳戦並みに多い傾向
にある。

古馬戦の場合、ほぼ適距離条件が固まり、それに
合うレース選びを行うため、特に、重賞G1では、
その距離の専門スペシャリストという馬たちによ
る「スペシャリスト同士の戦い」となる。馬体的
にも、評価の差が開きにくい。

が、菊花賞はそれとは全くの正反対。その距離に
向かない「専門外、ド素人同士の戦い」となる。
だからこそ、万が一、馬体ステイヤーの馬が出走
してくれば、他馬と違い過ぎ目立つに目立ってし
まう。


<4>馬体は、巷のほとんどの人がわからない

馬体を見れば、これほど本命◎(高評価)や消し(低
評価)の判断が簡単なレースもない。が一方で、世
のなか、馬体の見極めができる人はごく一握り。
そのため、菊花賞もいつもと変わらず、馬体以外
の能力、近走成績、調教など、総合的な評価がい
い馬が人気を占める。

結果、馬体有力馬は、どのレースよりも好走し易
い条件ながら、巷の評価さえ低ければ、期待値は
通常以上、爆発的に高くなる。


これら<4つ>の要因が重なるレースだからこそ、
馬体的に菊花賞は特別なのであり、結果、馬体だ
けで予想する著者は、菊花賞が得意(恩恵を受けや
すい)となっているわけである。


では、ここから具体的な今年の馬体結論へ。例年
同様、今年も馬体から一目瞭然だ!


▼予想印
――――――――――――――――――――――
本命◎1頭
対抗○不在
一撃★不在
押え▲3頭
凡穴☆3頭
――――――――――――――――――――――




タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ