馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.33312R BSイレブン賞~芝からダート転向メイケイペガス ターの取捨
2015/05/17 02:46:46
カテゴリー: 未設定

▼馬体rレーティング
―――――――――――――――――
112|グレナディアーズ
111|シュテルングランツ
110|メイケイペガスター
―――――――――――――――――


▼馬体総評
ダート転向初戦となるメイケイペガス
ターについて。

先週も本馬同様、芝からダート転向初
戦だったアンコイルドは、「馬体から
ダート替わり吉」とし、結果13人気3着
と激走したが、本馬は見送りが妥当。

ダート駄目とは言わないが、アンコイ
ルドとは異なり、基本芝向きの造り。
ただ、SP絶対値の裏付け、前硬さ、前
後上下のバランスなど、「芝では重賞
は厳しくオープンまでかな」という造
りで、ダートで「能力」的にごまかし
がきいて激走はあるかもしれない。

そう言えば、同じ父産駒ブライトライ
ンが芝からダートで結果を出した。が
、そもそも、ブライトラインはダート
向きの馬体ではない。芝向きベースの
馬体マイラーで、素材もよく確か3歳の
G1≪NHKマイル≫でも面白いかなとみた
馬体。あくまで、ダートで「能力」的
にごまかしがきき、「結果」が出ただ
けに過ぎないケースだろう。

同じ父産駒でもあり、メイケイペガス
ターは、ブライトラインと馬体の造り
が近い。が、素材として劣る。

以上、本馬のダート初戦、「馬体」的
には積極的に狙う理由はない。

--------------------------------------------
馬体ラフレーティングは【最強版】完全公開
http://saikyo.k-ba.com/members/taketora/
--------------------------------------------
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ