馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.2895R 3歳500万~兄弟似から馬体ネタの話
2015/04/04 11:08:41
カテゴリー: 未設定

▼馬体rレーティング
―――――――――――――――――
112|サンセットビーチ、タマモワカサマ
111|ビスカリア、リリーウイナー
110|アグスタ
―――――――――――――――――


▼馬体総評
何と言っても注目は<ソニンク産駒>
アグスタ。本馬は、デビュー前<牡馬
総合>に指名した馬体好素材だが、過
去、母産駒は、ランフォルセやノーザ
ンリバーもデビュー前<馬体おすすめ
>に指名したように、産駒の相対的な
馬体レベルが高く、よく馬体ネタで話
題にしてきた、いわゆる「馬体良血」
の母馬。

残念ながら、今走のローテ選択は本馬
の「血統」イメージから行われたのだ
ろうが、結論を言えば、馬体は泣いて
いる。小回りダートなどというごまか
しがきく半端な舞台は合わない造り。
馬体的には、わざわざ負けるために出
走する一戦にしか思えない。

兄弟がダートでよく活躍している云々
は、一切「馬体」に関係もない。本馬
の馬体は完全な芝馬。ソニンク産駒で
もノットアローンなどの部類。


と、ここで兄弟似などについて少し。


人は、サラブレッドの兄弟姉妹、父母
子比較において、ただ何となく
----------------------------------
兄弟だから…
毛色や雰囲気が似ているから…
誰か大御所が「似ている」と言ったから…
----------------------------------
等という理由情報から、

いつの間にか
----------------------------------
馬体も似ている…
----------------------------------
などと思いこんでしまう。

例えば、オルフェーヴルとアッシュゴ
ールド。この二頭は、馬体の造りが全
く違うが、一方で、この二頭の馬体は
「似ている」と思い違いをしやすい。
理由は単純、毛色が同じだから。


以上、先入観や刷り込みなく、ただ
----------------------------------
「馬体を見て、馬体を判断する」
----------------------------------
この行為は、言うは易し行うは至難。
「自然体」の人間にはできない。

つまり、「馬体が見れる」には
----------------------------------
不自然な人間でなければならない
----------------------------------
自然体では、人間「先入観、イメージ
、刷り込み」に思考や判断が左右され
るのは必然。人間とは誰しも例外なく
そういう生き物。

だからこそ、自然体の思考や判断とな
らないように、不自然に「「確固たる
ルール」を持つ。それが、本当の意味
で「馬体を見ている」状態を可能とす
る。

個人的に「馬体写真」それ一つで判断
、予想しているのは、人間として自然
な心理、思考の影響を避けるためであ
る。

ただ、
----------------------------------
純粋に馬体を見る
----------------------------------
これは人間、自然にできないことを知
っておく必要がある。


--------------------------------------------
馬体ラフレーティングは【最強版】完全公開
http://saikyo.k-ba.com/members/taketora/
--------------------------------------------

タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ