馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
No.262『馬体不変論』~相馬の「基本」の無さが、見る者に「変化」を感じさせる
2015/03/07 10:54:47
カテゴリー: 未設定

※先週の<中山記念-馬体診断予想>から抜粋

いつも言っているが、巷の馬体パドック解説にお
いて、馬体が「成長した」「パワーアップしてき
た」「別馬のようだ」…とよくあるが、実際には
「馬の骨格」が変わってきているわけではない。

それらは、単に「人の馬を見る意識(先入観)」が
変わっただけのケースがほぼ99%と言っていい。
「成長した」「変わってきた」「別馬のようだ」
というフレーズを安易に使うことで、その言葉尻
だけが先行してしまい、誤解されているように思
う。

馬体は頻繁に変わるものだと


スタイル抜群な人間は、生まれながらにそうであ
り、突如として、スタイルが良くなってくるもの
ではない。出川哲郎が努力や鍛錬により、福山雅
治になることは、骨格上あり得ないのと同じで、
短距離ベースの馬体が、長距離馬の馬体になるこ
とは不可能。

とは言え、馬体を見て「以前と違って見える」の
だから、成長しているはずだ、と主張したくなる
気持ちも十分にわかる。が、その場合もほぼ例外
なく、「馬の側に変化がある」というより、「人
の側が“以前と異なる視点(見方)”で馬体を見て
しまっている」に過ぎない。

ズバリ、見る人の馬体の見方に「一貫性(同じ視点
・基準)がない」という相馬の基本の無さこそが、
「不安定な見え方を招いている」わけだ。

以上、もしあなたが、頻繁に「馬体が変わって(違
って)見えてしまう」ならば、漠然とした基準でし
か馬体を見ていない証拠でもある。

※『馬体不変論』ブログ解説
http://bataionlyblog.saikyo.k-ba.com/archives/1003743514.html
いつも言っているが、巷の馬体パドック解説にお
いて、
--------------------------------------------
馬体が「成長した」
「パワーアップしてきた」
「別馬のようだ」
--------------------------------------------

…とよくある。が、実際には
--------------------------------------------
「馬の骨格」が変わってきているわけではない。
--------------------------------------------

それらは、単に
--------------------------------------------
「人の馬を見る意識(先入観)」が変わっただけ
--------------------------------------------
そのケースがほぼ99%と言っていい。

「成長した」「変わってきた」「別馬のようだ」
というフレーズを安易に使うことで、その言葉尻
だけが先行してしまい、誤解されているように思
う。

--------------------------------------------
「馬体」は頻繁に変わるものだ…と
--------------------------------------------
これは一部では正しく、一部では大きな間違いで
もある。


例えば…

スタイル抜群な人間は、生まれながらにそうであ
り、突如として、スタイルが良くなってくるもの
ではない。

--------------------------------------------
出川哲郎が努力や鍛錬により、
福山雅治になることは、「骨格」上あり得ない
--------------------------------------------

これと同じで、
--------------------------------------------
短距離ベースの馬体が、
長距離馬の馬体(骨格)になる
--------------------------------------------
これも不可能。

とは言え、
--------------------------------------------
馬体を見て「以前と違って見える」のだから、
成長しているはずだ、と主張したくなる
--------------------------------------------
この気持ちも十分にわかる。


が、その場合もほぼ例外なく、
--------------------------------------------
「馬の側に変化がある」というより、
「人の側が“以前と異なる視点(見方)”で馬体を
見てしまっている」
--------------------------------------------
これに過ぎない。

ズバリ、
--------------------------------------------
見る人の馬体の見方に「一貫性(同じ視点・基準)
がない」という相馬の基本の無さこそが、
「不安定な見え方を招いている」わけだ。
--------------------------------------------


以上、もしあなたが、
--------------------------------------------
頻繁に「馬体が変わって(違って)見えてしまう」
--------------------------------------------
ならば、

--------------------------------------------
漠然とした基準でしか馬体を見ていない証拠
--------------------------------------------
でもある。

馬体の見極めができているとは言えず、全く基本
が身についていない可能性が高い。

まずは認識を変える。
--------------------------------------------
馬体(馬の側)は、そうそう変わらない
頻繁に変わっているのは、人(見る者)側である
--------------------------------------------

※『馬体不変論』-ブログ解説
http://bataionlyblog.saikyo.k-ba.com/archives/1003743514.html
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ