馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
No.191先週の馬体回顧-「マイルCS」
2014/11/26 00:20:15
カテゴリー: 未設定

▽結果
――――――――――――――――――――――
1着ダノンシャーク(8人気)  |▲(112)
2着フィエロ(3人気)     |▲(111)
3着グランデッツァ(9人気)  |◎(未算出)
4着トーセンラー(2人気)   |○(112)
5着エキストラエンド(12人気)|☆(未算出)

12着ミッキーアイル(1人気) |見(112)
――――――――――――――――――――――
※(馬体レーティング数値)



▽馬体回顧
馬体展望でも述べた通り、今年も「3着までのうち
、2頭が完全な【持続C型】で決着」と、馬体から
無難な結果。

予想も、本命◎グランデッツァが3着、押さえ▲二
頭の今走適性メンバー屈指としたダノンシャーク
が勝ち切り、ダノンヨーヨーと馬体が同じタイプ
と評した【万能N型】フィエロが2着。後、4,5着も
対抗○と穴☆指名馬が好走と、ほぼ完全な予想的
中となった。

しかし、フィエロは馬体のみならず、奇しくも、
結果までもが、ダノンヨーヨーと同じ僅着2着。
やはり、ダノンヨーヨー同様、重めパワー化のリ
スクがある造り故、今後の成績も似てくる可能性
は高く、この2着は痛い。


また、1番人気ミッキーアイルは、元々の馬体完成
度の高さと仕上がりの早さを評価していた馬だが
今秋、馬体の成長が無く、ライバルとの差が確実
に埋まっていたため、最終的に軽視。

本馬も、ワールドエースなどと同様、巷の人気は
高いが、やはり、これまでのレースパフォーマン
スがでは全くモノ足りない馬。大敗というよりも
1人気に推されていること自体に無理がある。馬体
はどちらも悪くないが。


後、馬体から抗いようがないグランプリボスの本
命◎はほとんど縁起物。多少、全盛期よりもパワ
ー化している分、そこそこの走りなのはしょうが
ない。とにかく、馬体から無事種牡馬になること
を願っている。

~~以下<予想バックナンバー>一部公開~~~

▼馬体レーティング
――――――――――――――――――――――
114|グランプリボス
112|ダノンシャーク、トーセンラー、ミッキーアイル、他1頭
111|フィエロ、2頭
110|ダイワマッジョーレ、2頭
――――――――――――――――――――――


▼予想印
――――――――――――――――――――――
◎グランプリボス
◎グランデッツァ
○トーセンラー
▲ダノンシャーク、フィエロ、他1頭
☆エキストラエンド、他1頭
★2頭
見ミッキーアイル他
――――――――――――――――――――――


▼各馬短評

1着ダノンシャーク(8人気)  |▲(112)
--------------------------------------------
ダノンシャークは、今走適性完全一致の【持続CT
型】チャンピオン系ソコソコタイプ。総合的に、
適性のみはメンバー屈指で押さえておきたい。強
みスケールなど特筆すべきものがないため、勝ち
切るには、何かプラスアルファの助けがほしいと
ころ。
--------------------------------------------


2着フィエロ(3人気)     |▲(111)
--------------------------------------------
フィエロは、実は、春先の馬体初見前に、成績を
見てしまい「突き抜けそうな上がり馬らしいな」
と感じた馬で、その意味では、実際の馬体は期待
ハズレだった馬である。

ただ、それもあくまで期待したレベルに対しての
もので、牡馬らしい屈強な造りで雄大さも上々。
ただ、安田でも本命◎など打たなかったように、
パワーが強めの造り。いわゆる【万能N型】であり
完全な【持続C型】戦である東京・京都(外)では、
何かに足元をすくわれる可能性がある。仕上がり
ももう一段残しており、そのリスクを払しょくで
きるほどの良さにはない。ここまでか。

馬体からダノンヨーヨーと同じタイプと言えば、
わかりやすいか。
--------------------------------------------


3着グランデッツァ(9人気)  |◎(未算出)
--------------------------------------------
馬体から、総合的にグランプリボスに肩を並べる
のは難しくとも、現役屈指の強みや個性がある馬
として、やはり出走馬で目につくのは本馬。

馬体から脚元に少し怖さがある造りで、実際に故
障明けだった安田記念では、人気と仕上がり面含
め、見送りとしたが、それ以降、故障もなくここ
まで出走にこぎつけており、今回は、馬体写真な
いが、その強みであるサス長さからの【持続C型】
らしさという武器、マイルより長めに適距離があ
る、この二つのアドバンテージで本命◎を打つ。

馬体写真なくW本命◎となるが、とにかく、無事に
回ってきてほしい。
--------------------------------------------


12着ミッキーアイル(1人気) |見(112)
--------------------------------------------
ミッキーアイルは、【持続C型】で今走コース適性
は屈指。がやはり、危惧した通りというか、期待
した「いい成長」が見られない。春と変わりなし
だ。

つまり、春の時点で評価した「馬体完成度の高さ
と仕上り屈指」という馬体アドバンテージが確実
に同世代の馬相手には、その差は埋まっているだ
ろう。今後も、前駆の造り、その全体バランスも
このまま変わらないか。

明らかな筋肉量の増加が見られていないのがまだ
救いだが、今走、春のお釣りと適性の高さでどこ
までだろう。馬体的に、タガノグランパとの差な
ど、明らかに埋まってきている。

春、レースぶりも今後のいい成長期待込みでミス
マッチと指摘してきたが、このまま前駆体高が伸
びてこないようなら、先行でもいいが。そもそも
この軽さ、差しで活かせる上背があるようなら、
ここでなくJCなどに出走できているか。仕上がり
は良く、ここが最後の重い印となる気配。

と、押さえ▲の予定だったが、W本命で押さえ四頭
では、予想として見栄えが悪い。印削減に回す。
--------------------------------------------

マイルCS-馬体診断予想バックナンバー
http://regimag.jp/bo/book_view/chapter_page/?book_id=3197&page=245
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓↓↓

今週はジャパンカップ馬体診断予想を配信
http://regimag.jp/m/magazine/sell/?magazine=1097
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ