馬体優先主義【1コイン版】
馬体優先主義【1コイン版】
アフィリエイトOK
お礼3

発行者:武虎

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル予想パドック馬体

公開開始日:2014/08/21
最終更新日:2016/12/04 05:07


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
武虎
武虎
おいおい執筆
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
No.1052014【凱旋門賞】馬体診断予想~過去実績と展望
2014/10/02 08:26:10
カテゴリー: 未設定

▼過去予想結果 (2012~2013)

【予想的中】
2013|◎オルフェーヴル|1人気2着
2013|★アンテロ|5人気3着
2012|◎オルフェーヴル|1人気2着
2012|○マスターストローク|6人気3着



▼馬体展望

「凱旋門賞」は、ロンシャン芝2400mと{大回り/
直線長い/根幹/平坦}の舞台設定から、馬体適性
は【持続CT型】がベース。加え、日本の競馬場に
比べ、道中の勾配の高低差が激しく、馬場もタイ
ムを有する点など、タフさとパワーも要求される
ため、【万能NT型】のチャンピオンタイプ向き。

やはり、「馬体王道タイプ向きのレース」と言え
世界最高峰のレースとしてふさわしい舞台だ。


昨年と一昨年は、何とか見つかった出走外国馬の
馬体写真をもと馬体診断予想を敢行。二年連続で
「馬体から最も怖い馬」と評したアンテロとマス
ターストロークの両馬とも好走しており、予想と
して二年連続的中となっている。


さて、今年は日本からジャスタウェイ、ゴールド
シップ、ハープスターの三頭が参戦。

奇しくも、この三頭とも、デビュー当時から屈指
の評価をしている馬体逸材だが、そもそも凱旋門
賞に挑戦するレベルの馬が「馬体一息」なケース
のほうが稀だろう。オルフェーヴルも、やはりデ
ビュー前から<父産駒No.1>などの評価をした馬
であり、日本馬については馬体的な不安はあまり
ないと言っていい。

今年も時間があれば、「馬体から最も怖い馬」な
ど予想したいと思うが、とにもかくにも、日本馬
が1着でゴール板を駆けぬけてほしいと思う。
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ