競馬データぶろぐ。(単発予想)
競馬データぶろぐ。(単発予想)
アフィリエイトOK
お礼8

発行者:コリフ

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬

公開開始日:2014/07/12
最終更新日:2016/12/04 12:10


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガを創刊して今年で8年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガに認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
レースの内容・カテゴリー
登録がありません。
No.20マニアックな重要ファクター
2014/11/01 14:00:09
カテゴリー: 未設定

たくさんのご要望にお応えして、
7月2週目からスタートした単発予想の販売。

ここまで16戦7勝で的中率44%、回収率150%、
もちろん満足はしていないが「まずまずの数字」

七夕賞は◎△▲で1217.4倍、アイビスSDは▲◎△で214.5倍、
小倉記念は○△◎で264.6倍、関屋記念は◎○△で398倍。

新潟2歳Sは▲◎注で164.4倍、秋華賞は◎▲☆で127.9倍、
そして先週の菊花賞は○◎△で592.2倍。

◎の精度の高さが好成績の理由、
そして的中する時は◎だけでなく○か▲も必ず好走している。

現在G1連勝中だが、
今週もG1「秋の天皇賞」を単発で提供する。


秋華賞はヌーヴォレコルトが単勝1.5倍の圧倒的1番人気に支持されたが、
自分の◎は単勝10倍のショウナンパンドラ。

3連単の配当は安かったが「会心の◎」

そしてそれ以上に会心だったのが菊花賞、
1番人気はワンアンドオンリーだったが自分の◎○は別の馬。

◎は4番人気サウンズオブアース、○は3番人気トーホウジャッカル、
結果は2頭で3着以下を3馬身以上ちぎる「一騎打ち」

あるマニアックな重要ファクターが完璧に機能、
以下は自身のメルマガ(携帯book)からの抜粋文。


>初勝利の遅かった馬が好走するのが菊花賞の伝統、
具体的には「年明け初勝利組の激走」

好走馬を列挙してくと、
(二桁人気という超人気薄の掲示板も記載)

13年3番人気3着
バンデ(初勝利は3月24日)

12年5番人気2着
スカイディグニティ(初勝利は6月10日)

12年7番人気3着
ユウキソルジャー(初勝利は4月28日)

12年11番人気5着
ラニカイツヨシ(初勝利は4月28日)

10年7番人気1着
ビッグウィーク(初勝利は7月10日)

10年13番人気3着
ビートブラック(初勝利は2月27日)

10年11番人気5着
コスモラピュタ(初勝利は4月10日)

09年7番人気2着
フォゲッタブル(初勝利は2月14日)

08年1番人気1着
オウケンブルースリ(初勝利は6月8日)

08年9番人気3着
ナムラクレセント(初勝利は1月26日)

07年1番人気3着
ロックドゥカンブ(初勝利は3月17日)

07年12番人気4着
エーシンダードマン(初勝利は5月20日)

次ページへ続く。
06年8番人気1着
ソングオブウインド(初勝利は4月9日)

06年10番人気5着
アクシオン(初勝利は3月12日)

04年8番人気1着
デルタブルース(初勝利は4月17日)

04年6番人気3着
オペラシチー(初勝利は2月8日)

04年16番人気5着
ストラタジェム(初勝利は1月25日)

02年10番人気1着
ヒシミラクル(初勝利は5月26日)

01年6番人気1着
マンハッタンカフェ(初勝利は2月11日)

01年11番人気2着
マイネルデスポット(初勝利は4月28日)

01年3番人気3着
エアエミネム(初勝利は3月4日)

00年3番人気2着
トーホウシデン(初勝利2月26日)

00年12番人気4着
ケージージェット(初勝利3月19日)

99年4番人気3着
ラスカルスズカ(初勝利は6月26日)

99年12番人気5着
メジロロンザン(初勝利は1月30日)

98年2番人気1着
セイウンスカイ(初勝利は1月5日)

97年3番人気1着
マチカネフクキタル(初勝利は3月15日)

97年7番人気2着
ダイワオーシュウ(初勝利は5月31日)

96年2番人気3着
フサイチコンコルド(初勝利は1月5日)

95年3番人気1着
マヤノトップガン(初勝利は3月25日)

95年13番人気4着
イブキタモンヤグラ(初勝利は1月7日)

95年まで遡ってみたが、
過去19回中16回で馬券圏内好走馬が出ている。

そのほとんどが「2月下旬以降」と相当遅い。

機能しなかったのは03年、05年、11年、
この3回に共通するのは「春の2冠馬」が出走していたということ。

つまり「春の2冠馬」が出走していない年は、
必ず「年明け初勝利馬」が好走しているのだ。

となると今年は機能する可能性大か。

今年の出走馬18頭、
年明け初勝利組を「初勝利の遅い順」に列挙すると、

トーホウジャッカル(初勝利は7月12日)
アドマイヤランディ(初勝利は3月9日)
サウンズオブアース(初勝利は2月22日)
ゴールドアクター(初勝利1月12日)


以上がメルマガ(携帯book)からの抜粋文。

勝負にならないシンガリ18番人気アドマイヤランディを除く、
3頭で馬券圏内を独占して3単592倍。

菊花賞は「晩成」がテーマなのだ。
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ