馬券ジャンキー達の週末~リアルタイム競馬予想談議
馬券ジャンキー達の週末~リアルタイム競馬予想談議
アフィリエイトOK

発行者:前田 敦彦

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬

公開開始日:2013/04/10
最終更新日:2013/04/21 01:26


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


月別アーカイブ
2013/4 (12)
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
前田 敦彦
前田 敦彦
レースの内容・カテゴリー
登録がありません。
No.22013年・皐月賞についての競馬予想談議
2013/04/13 01:26:44
カテゴリー: 未設定

 週末になると世間一般の方々とは逆に自宅に向けての帰り道が足早になってしまうのは近所の小料理屋「H」に行くのが楽しみになっているからに他ならない。単に飲みに行くというだけなら世間一般の方々と同じなのだが、俺の場合はメインが競馬予想談議なので酒や肴は二の次なのである・・・大将や女将さんの前では大きな声では言えない事ではあるが、大将自身もその競馬談議のメンバーの一員なので、複雑な思いだろうがその気持ちは少なからずわかってもらえるだろう。

 「いらっしゃい!お、あんちゃんかお疲れさん!」

 いつもの大将のお出迎えの言葉だ。赤ペンオヤジが「あんちゃん」と呼ぶようになってからは、俺はこの店ではそう呼ばれている。カウンターの隅では早くもそのオヤジが新聞とにらめっこしながら悩んでいるようだ。

 「いやあ・・・今週も一筋縄じゃいかねえねぁ、あんちゃんは決まったかい?」

 当然、オヤジが言っているのは今週の日曜に迫った皐月賞の事である。

 「さっき出馬表をチェックしたばっかりだから、まだ全然だよ。」

まあ、前哨戦を観終えた段階で狙いはだいたい決まってはいるのだが・・・それに、一瞬の閃きのようなものも大切にしたいので週末までは新聞や出走予定馬などの情報はチェックしないようにもしている。ネットなどに情報が溢れている時代なのだが、世間に溢れている程度の情報なら週末にこの店で競馬談議をするだけで事足りるのである。

 
 赤ペンオヤジが気になっているのは桜花賞の影響からか、鞍上が乗り替わった馬たちについてのようだ。

 「内田博幸はなんで弥生賞で勝った馬に乗らねーんだ?」

 「弥生賞の前からドクターコパの馬に乗る事になっていたみたいですよ。」と大将も気になっていたようでネット情報だと言って、アナログを貫く赤ペンオヤジのフォローに余念がない。

 「アーリントンで外人が抑えまくってた馬が2000m大丈夫なのか?」

 「ダイワメジャーの仔ですし、案外皐月賞向きかもしれませんよ。」と結構無責任な事を俺が言っても「そんなもんかねぇ」とうわの空な時は本命が決まりかかっている時に何かもう一推し欲しい時の赤ペンオヤジ。

 女将さんが俺の大好きな鶏南蛮を出してくれたので、俺が上機嫌になっている時にオヤジが手に持っていた新聞に赤ペンで丸印を付けたのが見えた。
 「大将はもう決まってるんですよね?」

 「私の予想は日本一早いですよ。」

データ重視の大将の予想は悩む時間は仲間内では最短だと思う。立場上、店に集まって来る競馬ジャンキー達の話に先立って自身の予想を公開する事が多いので、本命はあの馬ですという大将の一言を聞きに来る輩の為に早目の予想を心掛けているようだし、しかも、その本命馬が負けたとしても言い訳できそうな無難な予想を公開しているのではないかと思うほどの予想なのである。

 もし、そうだとしたらかなりの商売上手にも思えるのだが、

 「あんちゃんはいつも勘繰り過ぎだよ。1番人気や2番人気の馬が馬券圏内に入るレースの方が圧倒的に多いんだから、その馬に不安要素が少なければ本命にするのが当然だし、実際に結構当たってるんだから。」

 何ひとつ間違ってはいないし、大将なりの正論だとも思うのだが、俺や茶髪小僧のように穴狙いのジャンキーにはやはり何か物足りないのである。


 「あれ?そういえば茶髪小僧の姿が見えないね。」

 「仕事が忙しいんだろ、水曜くらいに顔を出した時に疲れた、疲れたってそればっかりだったからな。」この店の情報だけはオヤジに聞くのが一番である。


 いわゆるガテン系の仕事をしている茶髪小僧だが、付き合いが長くなっても本名も知らないし、もちろん連絡先など誰も聞かないから、この店に顔を出さない限り、何処で何をやっているのかさえ誰も知らない。

 それでも冷めた人間関係と言うわけではない。競馬という絆で繋がっているだけの関係だが、それだけで十分と言うだけであって、そこに名前や住所や電話番号などは不要なのである。「あんちゃん」と呼ばれれば俺が答えるし、俺の事を呼んでいるんだと言う事がわかれば、何と呼ばれても構わないとさえ思っている。


 それでは、もうすでに本命が決まった赤ペンオヤジと大将の皐月賞の予想を本日公開します。俺は土曜の馬場がどうなっているかを見た後で、そして茶髪小僧の予想も聞く事が出来たら明日公開します。
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ