競馬で稼ぐ投資馬券!【毎週末が真剣勝負】
競馬で稼ぐ投資馬券!【毎週末が真剣勝負】
アフィリエイトOK
お礼8

発行者:投資馬券師K

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル投資お金中央競馬予想

公開開始日:2012/11/01
最終更新日:2016/12/04 09:37


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
投資馬券師K
投資馬券師K
レースの内容・カテゴリー
競馬、スポーツ (259)
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
No.421有馬、取りましょう!!
2013/12/10 12:45:07
カテゴリー: 未設定

本日もご訪問ありがとうございます。
このブログでの出会いに感謝します!!


今日のタイトルは、ダイユウサクが老衰で死んだ記事を読んだからです。

懐かしいですね。ダイユウサクは黄色の帽子でした。
覚えているのは、馬券を的中したからです。
当時は、まだ馬券の種類も少なく、馬連で7000円位、枠連で4000円位の配当だったと思います。


その頃は、私もまだ、ただの競馬好きでした。
その後バブルがはじけ、いろんな経験をしても競馬からは抜け切れず、結局は競馬で生活するようになってしまいました(笑)


生活するには、漫然と馬券を買ってばかりいられないので、競馬を投資として考えるようになりました。



そもそも、投資とは…

手持ちの資金を何かで運用してお金を増やす。
という事ですよね!

その為に株を買う人もいれば、FXで運用しようとする人もいるし、私は競馬で運用している訳です。

ここで、間違えちゃってる人がいるんです!

1つは、ゆとりの無いお金を使ってしまう、という事。
大きく勝とうとして、生活費まで注ぎ込んでしまう。
投資として捉えるなら、最初は五千円でも三千円でもいいんです。
例えば、毎月倍にしていけば3ヶ月後には五千円が四万円になる!
半年後には32万円まで膨らむんですよ!
だから、始めは生活費の残りからでいいんです。


2つめは、急ぐ。
今日、2倍・3倍・何十倍にならないと気が済まない、という気持(笑)を持ってしまう。
株なんかは、半年とか一年とかの世界です。
競馬をする人の93%がトータルでマイナス収支だというデータを知ってますか?
そういう所でお金を増やそうと思ったら、一喜一憂しない事です!
負けない競馬をすることが重要です。少しずつでも増やす事が大切なんです!
そして、増えたお金は使わずにプールしておいて、投資に回すのです。

3番目は、情報を持ってない。
株式だったら、今後の経済に関する情報収集しますよね!
競馬で勝つのも一緒です。
確かな情報を持ってないと、どのレースを買っていいのか・どの馬を買うのか、結局は無駄な馬券を買って1日終わったらマイナスになってしまう。
私は一応、美浦と栗東とにコネクションを持っているので、1日に4~6レースくらいの、しかもワイド中心の馬券しか買いませんけど。
競馬で勝つのは、そのくらいシビアなんです(笑)


最後に、投資する為の投資をしない。
私の場合ですが、現場から情報を貰う為に、パイプを繋いでおくためにお金を使います!
直接お金を渡す事はしませんが、近い事はしてます。
生命線ですから(笑)
競馬で生計を立てて行くのは、結構たいへんなんです(笑)

でも、まさしく自由人になれます。



一部の希望された会員さん向けの、競馬の教科書をいうプログラムが半年かけて終了しました。


当時からは、会員さんも増えたことも有り、少しずつ解放しようと思います。
会員さん限定で、期間限定の記事にしてメインブログで解説していこうと思います。
これで、私の予想とほぼ同じ買い目になるのに再登録頂いた方もいて、この会員さんには繰り返しになるかもしれません。

あまり教えたくない予想の組み立てのポイントを書きますので、すぐに削除させてもらいます。

今日からスポットで記事にしますので、是非読んでみて下さい。


有馬はお祭り行事ですので、是非馬券を取りましょう!!


※会員等のお問い合わせは『競馬』と明記して
◆問い合わせする◆
(@yahoo.co.jpの受信設定をお願いします。)

必ず、案内メールが受け取れるように、受信設定をお願いします。




タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ