競馬で稼ぐ投資馬券!【毎週末が真剣勝負】
競馬で稼ぐ投資馬券!【毎週末が真剣勝負】
アフィリエイトOK
お礼8

発行者:投資馬券師K

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル投資お金中央競馬予想

公開開始日:2012/11/01
最終更新日:2016/12/04 09:37


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
投資馬券師K
投資馬券師K
レースの内容・カテゴリー
競馬、スポーツ (259)
No.207w杯出場決定して、今週はジャスタウェイ・・・??
2013/06/05 00:09:41
カテゴリー: 未設定

W杯出場決定おめでとうございます!!

語呂合わせ馬券を予想する方は、ジャスタウェイ(その道、という意味でつけたらしい)を本命にするのでしょうね(笑)
ジャスタウェイ、来そうですね。福永が自信持ってるみたいですし。


今週の競馬のお話をするには、まだ早いので、今日は競馬予想に関するお話を少し。

この携帯ブックには多くの方がアクセスしてくれているのですが、皆さんレース選定という事をしていますか??

漫然と目の前のレースに手を出していませんか?
全てのレースを買っていたら、絶対勝てません!!

このやり方で勝てるのは、唯一、倍賭け・3倍賭けと賭け金を増やしていく方法だけです。
この方法で競馬をする人はほとんど皆無だと思います。理由は、莫大な資金力がいるからです。


では、どうしたら競馬で安定的に勝てるかというと、勝てるレースを選ぶ能力とかノウハウを持っている事が必要条件です。

それは、購入点数です。
軸1頭、相手は2頭!
これ位が勝つ条件だと思っています。
そして、この点数だと、馬連1番人気を買っても、ワイドで買っても勝てます。

こんな考えの基に、私は予想配信しています。

そして、1着が取れる馬がいる事。
この1着に絶対くるべき馬が、何らかの不利とかアクシデントがあって、2着3着になってしまう事もあるので、ワイド中心にしている訳です。

でも、私の予想は100%当たる訳ではありません。
しかし、2点・3点で購入するので、50%位の的中率があれば、十分勝てます!
単複・ワイド・馬連、を上手に組み合わせれば月間トータル回収率は200%位は行きます!(私、個人の実績ですが)

同じように会員さんにも勝ってもらいたいので、予想には自信度ランクを記載するようにしました。

何が言いたいかつ言うと、馬券自慢をしたい訳ではなく、レースを選ぶノウハウ・技術が1番大事だと言いたいのです。


皆さんは、ちゃんと選べていますか??

会員さんにも、少しずつ教えていこうと思っています。
長いお付き合いの会員さんは、それなりにメールを下さるので、少しずつ、色々と私のノウハウをお知らせしているのですけど…。

※会員等のお問い合わせは『競馬』と明記して

◆問い合わせする◆先日の例だと、
Aランクは、東京9レースと阪神11レース
Bランクは、東京8レースと阪神」12レース・安田記念
C・Dランクなし

最初のレースの東京8レースが1~3着的中で、馬連勝負のワイド押さえの通りに馬券を買えば、馬連を取って、ワイドも2点的中してるので、十分プラスになったはずす。
次の、東京9レースも低配当ながらこのレースも1~3着まで当てているので、この2レースでほぼ終了です(笑)
(個人的には、阪神11レース購入して縦目が来てはずし、安田記念は何とかひっかけましたけど)
それでも、前半2レースがあったからです。


何が言いたいかつ言うと、馬券自慢をしたい訳ではなく、レースを選ぶノウハウ・技術が1番大事だと言いたいのです。


皆さんは、ちゃんと選べていますか??

きちんと出来ている方は、このブログをご覧になっても意味がありません。
多分、競馬でも勝っているでしょうから(笑)


会員さんにも、少しずつ教えていこうと思っています。

長いお付き合いの会員さんは、それなりにメールを下さるので、少しずつ、色々と私のノウハウをお知らせしているのですけど…。


末永いお付き合いを頂ける会員さんを、少しだけ受けつけています(笑)


※メール会員のお問い合わせは『競馬』と明記して

◆問い合わせする◆
タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ