競馬で稼ぐ投資馬券!【毎週末が真剣勝負】
競馬で稼ぐ投資馬券!【毎週末が真剣勝負】
アフィリエイトOK
お礼8

発行者:投資馬券師K

価格:記事別課金
記事別課金は特定の記事でのみ課金が発生いたします。
無料の記事は自由にお読みいただけます。
ジャンル:競馬
タグ:競馬ギャンブル投資お金中央競馬予想

公開開始日:2012/11/01
最終更新日:2016/12/04 09:37


マイ予想
マイ予想に追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。

メニュー


プロフィール
投資馬券師K
投資馬券師K
レースの内容・カテゴリー
競馬、スポーツ (259)
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
No.608宝塚記念の3強
2014/06/24 21:51:46
カテゴリー: 未設定

本日もご訪問ありがとうございます。
このブログでの出会いに感謝します!!

今回の宝塚記念は3強だといわれています。
少し、私の見解を書いて見ます。

◇ゴールドシップ
ファン投票1位ですか…。
3歳時の菊花賞・有馬記念の連勝のイメージが強いのですかね?今回は、ジェンティルドンナが1位になるとばかり思っていました。
ゴールドシップは、今回も昨年と同じローテーションで来ました。
着順も同じように有馬の後、短期休養を挟んで、阪神大賞典で1着・天皇賞を凡走、そして宝塚記念。
どうですかね??

前走の天皇賞は、昨年同様にスタート後は後方からゆったりと追走して、徐々にポジションを上げていきロングスパートに行くと思いきや伸びず7着。
昨年の天皇賞も同じような競馬をしましたが、決定的に違うのは、今年は後ろから来た馬の何頭かに交わされた事。
これは、結構私にインパクトを与えてくれました。

G1ですので仕上げて来るでしょうが、あまり食指は動きません。
ただ、1週前の先週の調教は良かったですが。


◇ジェンティルドンナ
昨年の宝塚記念の時は、会員予想で「ジェンティルドンナが負けるのは今回」とコメントして押さえの馬にしました。
結果、らしくない競馬で3着でした。
何故かは、秋華賞・ジャパンカップと激走して、じっくり休養してのドバイでの激走で宝塚に出走してしまったから。

今回は、京都記念で惨敗してドバイに行きましたが、ステップとしては今年の方が良いステップで来ていると思います。
ドバイも2回目の経験で、昨年ほどのストレスは残っていないはず。

その証拠が先週の追切。
しばらく振りにジェンティルドンナらしい走り方でした。京都記念の時は勿論8分程度の追切でしたが、先週の追い切りは数段良く見えました。
今回は、能力を発揮しそうです。


◇ウィンバリアシオン
この馬だけは、良く判りません。
能力は、ゴールドシップ・ジェンティルドンナと比べても互角以上だと思うのですが、いつも勝ちきれませんね。
3歳時の3冠レースもオルフェーブルと互角と思っていたので、結構この馬で勝負したのですが、馬券は的中してもスッキリしませんでした。

長期休み明けの金鯱賞も調教を見た時は3歳時の7割程度の仕上がりでしたが、能力は認めていたので4番手評価で相手馬として取り上げましたが、3着に好走しました。この時に、この馬の能力は再認識しました。

前走の天皇賞は、勝ったのがフェノーメノならこの馬に勝って欲しかったし、勝つ状態だったのに2着はこの馬の理解できない所。
今回、不安を探せば阪神内回りをどう乗るのか。後ろから行って捲り気味に出ていくようだと、また不完全燃焼が少し心配な所がありますが。
馬は仕上がって来ていると判断しています。



今回の宝塚記念は3強で決まってしまう可能性も高いとは思いますが、前半の競馬の締めなので、関東馬で勝負しようと、今の時点では思っています。
注目している馬の今週の調教が良ければ2点で勝負します。

先週、日曜の調教から判断した馬達は、こぞって内に詰まって動けずに終わってしまいました。
今更ですが、スムーズに競馬ができた土曜はバッチ走ってくれたので土曜は充分に儲けまっしたし、アクシデントがない限りは、調教の良い馬は走ると自信をもっています。


会員等のお問い合わせは、
※会員等のお問い合わせは『競馬』と明記して
◆問い合わせする◆
(@yahoo.co.jpの受信設定をお願いします。)

必ず、案内メールが受け取れるように、受信設定をお願いします。





タグ: 未設定
スマートフォン、フィーチャーフォンからも読むことができます。
マイ予想に登録することで、どのデバイスで閲覧しても直前まで読んでいた続きから読むことができます。(自宅ではPCで読み、通勤、通学の電車の中はスマホで続きを読むことが可能です。)
ページの先頭へ