松川村ペンション殺人事件
松川村ペンション殺人事件
アフィリエイトOK
発行者:やまだ なおゆき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理

公開開始日:2011/08/25
最終更新日:2014/02/12 02:05

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
松川村ペンション殺人事件 第1章 夏樹と章吾
「―――こんな時はやっぱり」
章吾の口調が変わった。

「―――プールへ行って」
俺も同じく。

「「かわいい女の子の水着姿を見まくり!」」

勢いよく立ち上がり、お互いの目がキラーンと光を放った。

章吾はグッと拳を握る。
「やっぱり巨乳! 巨乳だよ! なぜ巨乳かって? あの水着の隙間から見える眩しくて輝かしい……谷間! 巨乳の姉ちゃんがうつ伏せになった時……あの脂肪の塊がぐにゅっ! と押しつぶされて……ホント、お胸は芸術……ああ、この神よ……あなたの造形力はなんてすばらしいんだ!」 

章吾は拳を握ったまま、涙をダラダラと流している。
俺は負けじと前へ出た。

「バカたれが! 何が巨乳だ! 分かってねえな! でかすぎは駄目なんだよ! 程よい膨らみ感が大事なんだ! なんていうか……ふんわりというか、控えめというか……いや、やはり巨乳も、あのぐにゅっ! て潰れる眺めは……ええい! 上より下だ! 紐のおパンツ!」

俺の目は燃え盛る炎を放っていることだろう。

「あの肌色のおいしそうな肉、ぷるんぷるんってなびくほっぺ、そして……あのゆ、ゆ、ゆ、夢の世界へと続く入口にきゅっ! と、く、くく、く、食い込む、あ、あの……あ、あああ後は、あの結び目のひひひひ紐! そそそそ、それをゆっくり、すぅーーーーーと引っ張れば……」

俺は頂点へと達した!

「うわぁぁぁぁぁ! この下半身にこみ上げる! このみなぎる力はなんだぁぁぁぁ!」

その後、俺達は熱く語り始めた……

「年齢はやっぱり女子高生から20代後半の間……あいやいやいやいや、若けりゃいいってもんじゃ……30代、40代でも顔つきがまだ若けりゃ、いや、待て待て待て、40のオバハンはさすがに……いやでもムッチムッチの豊満な感じも……でもやっぱり若い方が俺らにとっては……あーでも若すぎると、こう、大人の魅力っていう成分が足りないのもなぁ、ここはやっぱり……でもやっぱり若い方が先が長いし、色々と長く楽しめるし、これからたくさん楽しめるっていう……あーでも、やーっぱり先に行ってる方が何かと豊富な知識が盛りだくさんで、一気にすごいのが体感できるていうのも、いやーでも同い年かそれよりちょっと下で、やっぱ男が守らなきゃっていうのが……いやそんなことは、むしろ女に守ってもらうのも全然ありかな、女がタフの方がいいみたいな。いやーでも―――」
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ