理想の身体を手に入れよう
理想の身体を手に入れよう

発行者:重松 和彦
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/07/19
最終更新日:2011/07/22 22:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
理想の身体を手に入れよう 第1章 持続が大事
私は普通の社会人です。年齢も43歳でそんなに若くありません。仕事は工場に勤めていますので身体を動かす事は少ないです。ですから、35歳くらいの時は身長が167cmに対して体重は74kgありました。筋肉ならまあちょうど良い体系になるのですが、ちなみに総合格闘技の『山本キッド徳郁さん』は身長168cm・体重68kgで『五味隆則さん』や『須藤元気さん』は身長173cm・体重73kgといった様な感じです。ですから僕が筋肉質であれば3kgほど痩せればいいかな。と思います。しかし、僕はそんなにスポーツをやっていませんので普通の体型です。(格闘技は大好きですけどやったことはないです。)だから、はっきり言ってメタボです。少し歩くとちょっときついかなと思っていました。そこで、ちょうどその時期は総合格闘技がテレビでよくやっていました。先程も書いていましたが私は格闘技好きです。若い時はよくプロレスなんかも見ていました(学生の頃は近くの体育館にプロレスが来れば観に行ってました。)
それと、映画もアクション映画が好きで『シルベスター・スタローン』や『アーノルド・シュワルツェネッガー』そして一番は『ブルース・リー』が好きでした。なのでやはりその時のメタボ体系が嫌でした。僕はそれまではいろいろと運動には挑戦してきましたが、仕事も帰りが遅かったという事もあって長続きしませんでした。それが、ある格闘漫画を見た時に心が動かされたと言うかもう一度やってみようという気になったのです。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ