世界の終わりに Episode Ⅲ
世界の終わりに Episode Ⅲ
完結
発行者:碧生怜史郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:世界の終わりに

公開開始日:2011/07/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
世界の終わりに Episode Ⅲ 第2章 本編
「僕はずっと望まれて産まれた子供じゃないと思ってきました。もちろん、母はそんな気持ちを微塵も見せたことはありませんでした。そんな僕にとって、母だけが唯一の生きる支えだった。母の側にいて、僕が産まれてきてしまったことを償うことだけが、僕の生きる証だった。だから、母が死んだとき、僕はすべてを失いました。生きる希望も、意味も、証も。僕の人生は、あの時もう役目を終えたと思ったんです。僕はそれからひきこもりになりました。現実から逃避し、ただ無感動な日々を送ってきました。でも、今は間違っていたとわかります。母の……あの手紙を読んだからです」
 ハルは先ほど見た朝日を思い出していた。母もあの朝日を見て人生をやり直そうと決意したのだと思うと、なぜか納得できるような気がした。
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ