世界の終わりに Episode Ⅲ
世界の終わりに Episode Ⅲ
完結
発行者:碧生怜史郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:世界の終わりに

公開開始日:2011/07/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
世界の終わりに Episode Ⅲ 第2章 本編
 ベッドの上のその位置が、彼にとっての定位置だった。ベッドの横に据え付けられた棚は、パソコンを置くのに調度良い高さだ。部屋には飾りのように置かれた机もあったが、ここ数年その椅子に座ったことすらなかった。それどころか、ベッドを離れることすらほとんどないと言っていいだろう。ベッドを離れることがあるとすれば、食事を取りに行くときか、トイレに行くときくらいだった。幸運にも、トイレはハルの部屋の扉の調度反対側にあるため、必要最小限の移動でトイレに行くこともできた。それ以外にハルが部屋を出ることは滅多になかった。
 世間では、自分のような人間のことをひきこもりと呼んでいることを、ハルは知っていた。「ひきこもり」とは、何て短絡的なネーミングだろうとハルは思う。できるなら、もう少しましな言葉を用意して欲しいものだ。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ