世界の終わりに Episode Ⅲ
世界の終わりに Episode Ⅲ
完結
発行者:碧生怜史郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:世界の終わりに

公開開始日:2011/07/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
世界の終わりに Episode Ⅲ 第2章 本編
 わたしがいつものように割れた窓から家の中をのぞくと、おばけのユミさんが前と同じように座敷に座っていました。でも、このときは泣いていませんでした。わたしの顔を見ると、にっこりと微笑んでくれました。
「どうしてずっと現れてくれなかったの?」
 わたしはおばけのユミさんにそう尋ねました。
「たくさん子供たちが来るものだから、出てこられなかったのよ。ごめんね」
「おねえさんは、本当におばけなの?」
「本当よ……わたしの心はずっとこの家にさまよっているの。あの日からずっと……」
「あの日って?」
「わたしの魂が死んだ日」
「……魂って何?」
 わたしが尋ねました。わたしは魂が何なのか、そのときは知らなかったからです。
25
最初 前へ 22232425262728 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ