世界の終わりに Episode Ⅲ
世界の終わりに Episode Ⅲ
完結
発行者:碧生怜史郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:世界の終わりに

公開開始日:2011/07/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
世界の終わりに Episode Ⅲ 第2章 本編
 しかし、正直なところ、どちらだろうとハルにはどうでも良かった。そして、書いている本人達も、本当はどうでも良いことなのだと思っているのだと、ハルは思った。すべての人がそうとは言えないが、インターネットの住人には世の中に否定的な人間が多い。自分と同じように、自分自身を生きる価値のない人間だと考えている自虐的な人ばかりだ。インターネットは、そういった人間の都合の良い逃げ場にしかすぎない。
 死ぬのは怖い、とハルも思う。それは潜在的な人の意識として決して拭いきれない感情なのだと、ハルは理解している。しかし、それと死に対する観念は違う。それは生に対する観念と対になっているはずだからだ。ハル自身、死のうと思ったことはないが、かといってどうしても生きていたいと思ったこともない。生に対して希薄な人間は、恐らく死に対しても希薄になる。つまり、生も死も、そういう人間にとってはどうでも良いことなのだ。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ