世界の終わりに Episode Ⅱ
世界の終わりに Episode Ⅱ
完結
発行者:碧生怜史郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:世界の終わりに

公開開始日:2011/07/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
世界の終わりに Episode Ⅱ 第2章 本編
 幹太は尽きることのない欲望で、恭子を求め続けた。彼女の肌の感触を愛おしく思い、彼女の発する声に幸福を感じていた。
「今日、世界が終わるなんて嘘みたい」
 幹太の胸に顔を埋め、恭子は言った。そしてしがみつくように幹太を抱きしめた。幹太も力一杯、彼女の身体を包むように抱きしめた。
 恭子は身体を震わせて泣いていた。
「どうしてこういうことになっちゃんだろう……。わたし、何かいけないことしたのかな。やっぱりわたしがいけない子だから、こんなことになるのかな」
 恭子は肩をふるわせてそう言った。星の光に、頬を流れる涙が反射して見えた。
76
最初 前へ 73747576777879 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ