あの空の上 僕らの誓い
あの空の上 僕らの誓い
完結
発行者:碧生怜史郎
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:青春・友情

公開開始日:2011/07/12
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
あの空の上 僕らの誓い 第6章 シーンⅤ 2015年8月
 玲奈はいつものように学校へ向かうため家を出た。
 すると、玄関の前にもじもじしながら立っている真の姿があった。
「どうしたの?真」
 玲奈はびっくりして、玄関を出ると高揚した顔立ちの真にそう訊ねた。
「見つけたんだよ!新しい星を!ちょっと前に写真を撮ってさ、それを天文観測所に送ったらさ、返事が来たんだ。確かに今までに発見されてない彗星だって!」
 真はいつになく大きな声でまくし立てるようにそう言った。
「え?本当に?」
 玲奈は自分のことのように喜び、二人はそのまま学校の図書室へ向かい、そこで真が発見した彗星のことを説明してくれた。
「もちろん『シン』て名付けるつもりだよ。自分の名前が星の名前になるなんて、なんかすごいだろ。明日、写真を持ってくるよ。なんか興奮しちゃって、今日は持ってくるの忘れたんだ」
 真は子供のようにはしゃいでそう言った。
 しかし、次の日真は図書室に来なかった。その次の日も、その次の日も、真が図書館に来ることはなかった。
 夏休みが終わり、学校がはじまっても真の姿はなかった。真と同じクラスの女子生徒に訊ねると、真が入院しているという病院の名前を教えてくれた。でも、行かない方が良いと、その生徒は耳打ちするように玲奈に呟いた。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ