清楚な美人妻 彩27歳  『水着の試着室編』
清楚な美人妻 彩27歳 『水着の試着室編』
成人向アフィリエイトOK
発行者:KAORU
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:清楚な美人妻 彩27歳

公開開始日:2017/05/15
最終更新日:2017/05/09 18:59

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
清楚な美人妻 彩27歳 『水着の試着室編』 第3章 恥ずかしい恰好で女子高生たちの万引きを目撃してしまう美人妻
スポーツ用品売り場の店内で
素っ裸のまま放置されてしまった彩は
慌ててさっき服を脱いだ試着室の方へと
小走りで駆けて行った。


すると、そこでは制服を着た
女子高生たちのグループが
試着室の近くに陳列されていたTシャツを
鞄の中に入れて万引きしていたのだ。


「ちょっと、あなたたち何してるの!」
正義感が人一倍強い彩は
自分が全裸姿であることも忘れて
女子高生たちに思わず声を掛けた。


突然声を掛けられた女子高生たちは
慌てて逃げようとしたが
注意してきた相手が
素っ裸の女だと分かると
「はぁ?」
と言いながら、
彩の方にゆっくりと近づいてくるのだった。


女子高生たちは皆、髪の毛も染めていて、
恰好からして明らかに柄の悪そうな
グループであることが分かった。
きっと今日も学校をさぼって、
ショッピングモールの中を徘徊し
暇つぶしに万引きでしている様子だった。


五人組の女子高生たちは
すぐに全裸の彩を取り囲んだ。
「お姉さん、なんで裸なの?」
「もしかして何かのプレイ?
それともAVの撮影でもしてるの?」
「綺麗な顔して昼間から良くやるわ」
「お姉さん、露出狂なんでしょ」


女子高生たちは、彩の裸をじろじろ見ながら
彩の目の前まで迫ってきた。
「ち、違います・・・」
彩は必死に逃れようとしたが、
周りを取り囲まれてしまっていては
それもできなかった。


店内を裸でいる彩は、
どれだけ正義を振りかざしてみても
女子高生たちにとってはまるで説得力がなく
むしろ暇を持て余していた彼女達の
恰好の餌食になってしまったのだ。


「お姉さん、私たちが万引きしてたこと
見逃してくれるよねぇ?」
リーダー格と思える女子高生が、
彩のお尻に手を回して撫でながら
そう呟いた。
「止めて!あなた達そんなことして
許されると思ってるの!」
彩は自分が素っ裸のあられもない姿で
あるにもかかわらず
正義感からなのか、一歩も引かなかった。


「ふ~ん、そうなんだぁ。
私たちのこと見逃してくれないんだぁ」
そして、彼女達は彩の前で
互いにアイコンタクトを取ると
「それじゃしょうがないな。
ちょっと遊んであげようか、
露出狂の綺麗なお姉さん!」
リーダー格の女子高生がそう言うと、
いきなり彩の背後にいた二人の女子高生が
彩の両手を抑えた。


そして、一人の女子高生が
試着室に放置されていた
彩の鞄の中身を漁って
中からハンカチを取り出すと、
それで彩の両手首を縛ったのだった。


「ちょっとやめてぇ!」
彩は必死に暴れて逃げようとしたが、
女子高生たちの力には敵うはずもなく
そのままさっき着替えた試着室まで
引っ張られてくると
一番身長の高い女子高生が
彩の両手首を縛ったハンカチの一端を
カーテンレールへと
結びつけてしまったのだった。

7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
TOP