伝説のナンパ師が明かす「人生を変えた超ナンパ術の全て」
伝説のナンパ師が明かす「人生を変えた超ナンパ術の全て」
アフィリエイトOK
発行者:伝説のナンパ師K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/07/05
最終更新日:2011/07/25 17:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
伝説のナンパ師が明かす「人生を変えた超ナンパ術の全て」 第9章 女は囲え
ナンパによって、接触している女子の数が増えれば、それはあなたにとって大きな優位性となります。
モテない人というのは、女子を遠くて崇高な存在と捉えていて「オレなんか相手にされない」と考えてしまうものです。だからナンパしてセックスするなんて夢のまた夢なのです。女子をそんな存在と意識していては、当然緊張もします。
ですから、女子を特別な存在だと考えることはやめて、ゲームのキャラクターだと考えましょう。ドラクエのスライムべスくらいに思っていればいいのです。ゲームをやっていていちいち緊張することはありません。
これは決して「女子をぞんざいに扱え」という意味ではありません。人類の半分は女性ですから、出会いなんていくらでもあるし、目の前の女子に緊張する必要なんてないということです。それに失敗が続くと女子に対して臆病になります。だから失敗してヘコんでも悩んでないで、リセットボタンを押すように頭を切り替えて次に行けということです。
では、女子をゲームのキャラクターと思えるようになるには、どうしたらよいでしょうか?

それは、あなたのまわりを女子で囲むことです。
あなたには、どうしてもセックスしたい、あるいは付き合いたいと思っている女子「A子」がいるとします。あなたには他に狙っている女子はいなくて「A子をどうにかオトしたい」と考えています。あなたにとってA子は最後の砦なので、A子を失えば何も残りません。そんな状況でA子にメールを送ったけど返信がない。電話をしても出てくれない。なんてことになれば不安になるはずです。
A子に対する気持ちが強ければ強いほど、A子のことが気になって、メールを送りまくったり、電話をかけまくったりと気持ち悪がられる行動を起こしてしまうものです。男という生き物はそんな習性を持っています。だから、女子はレベルが高ければ高いほど、多くの男性から激しいアプローチを受けているわけです。
僕も、少し前までは恋愛においてまったく余裕のない人間でした。美容師に恋をしていた当時の僕は、ほとんど髪が伸びていないのにその子が働く美容院に通いつめ、髪がどんどん短くなりました(最終的に坊主になりました)。一方的に仕事が終わるのを待ち伏せるというとても気持ち悪いことをして、怖がられて、同じ美容院に勤める男の美容師に「あっち行けよ」と言われた苦い経験があります。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ