伝説のナンパ師が明かす「人生を変えた超ナンパ術の全て」
伝説のナンパ師が明かす「人生を変えた超ナンパ術の全て」
アフィリエイトOK
発行者:伝説のナンパ師K
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/07/05
最終更新日:2011/07/25 17:20

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
伝説のナンパ師が明かす「人生を変えた超ナンパ術の全て」 第8章 どうしたら女にモテるか?
「どうしたら女にモテるか?」
多くの男性が子の疑問を抱き、悩み、そして苦しみます。では仮に、自分の子供から「どうしたらサッカーがうまくなるの?」と質問されたら、あなたは何と答えるでしょうか?

答えはもちろん「練習をしなさい」です。
サッカーの練習ではボールに触れている時間が長くないと上達しません。当たり前ですが、机の上でサッカーの理論や戦術を勉強するだけでは、サッカーの技術は上達しないのです。それと同じように、モテたいのであれば練習しないといけません。本を読んでいるだけではモテるようにならないのです。ナンパしたり、セックスしたりして、女子と接触し、コミュニケーションの量を増やして、女子に慣れる必要があります。

しかしながら、男兄弟のなかで育ったり、高校が男子高だったりと周囲に女子がいない環境が続くと、「女子といると緊張する」とか「何を話していいかわからない」という症状に陥りやすいです。サッカーの練習をしたくてもボールがない状態です。
僕は小学生のとき、クリアした「ドラクエⅣ」で、勇者のレベルを99にするほどの痛いくらい内向的なテレビゲーム好きで、女子と話したことはほとんどありませんでした。高校でも大学でもまわりに女子がいなくて、ずっとこの症状に悩まされました。特に好きな女子と話すと、緊張のあまりわけのわからないことを口走ってしまう性格です。
女子に慣れていないために、あなたがキモチワルイと思われる行動やリアクションを無意識のうちにとっていても、残念なことに本人はそれに気付かないのです。そんな自分を軌道修正するには女子と接触する時間や接触する人数を増やし、自分の欠点を一つひとつ変えていくしかありません。
では、どうやって女子との接触時間や接触人数を増やせばよいのでしょうか?
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ