実用美容ノウハウ「美脚計画の黄金ルール」
実用美容ノウハウ「美脚計画の黄金ルール」
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/06/17
最終更新日:2011/06/17 16:49

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実用美容ノウハウ「美脚計画の黄金ルール」 第1章 第1章/美容基礎知識
○大豆パワー


徳川御三家筆頭・名古屋の尾張
大納言が江戸城で、伊達陸奥守
に対して、「我が国の八丁味噌
と、貴国の仙台味噌。どちらが
美味いか、ひとつ味比べしよう
ではないか」と提案。殿様同士
の見栄の張り合いのとばっちり
を受け、難儀する味噌屋の娘。
そこに水戸光圀公が現われて、
「まあまあ、双方とも大人気
ない」と割って入る、御存知・
水戸黄門の味噌比べという一席。

八丁味噌も仙台味噌も、その
当時から地元の特産品だった
という話です。八丁味噌は、
徳川家康の居城だった三河国
(愛知県)岡崎城の八丁先に
あった「八丁村」でつくられ
ていた味噌で、別名「豆味噌」
徳川家ではもちろんの事、豊臣
秀吉も具だくさんの豆味噌汁
を好んで食べ、スタミナ源に
していたそうです。

仙台味噌は、豊臣秀吉の朝鮮
出兵の際、伊達政宗軍団が持参
した味噌です。夏期に他軍団の
味噌が腐敗する中、仙台味噌
だけが腐敗しなかった為、一躍
有名になったのです。10ヶ月
以上天然醸造で仕上げるまろ
やかな風味ある米麹味噌で、
そのまま食べられる事から、
別名「なめ味噌」とも言われて
います。

大豆食品と言えば、忘れては
いけない仙台名物「ずんだ餅」
ずんだとは、枝豆の塩茹でを
すり鉢ですり潰し、砂糖と少量
の塩で味を調えたもの。これに
餅や団子を絡めて食べます。
豆を打ってつくるから「豆打
(ずだ)」。仙台弁独特の「ん」
が入って「ずんだ」になった
というわけです。

そもそも枝豆は完熟していない
大豆の青い枝を刈り取った
「野菜」です。万葉の昔から、
冷酒には枝豆だったそうです。
 枝豆に含まれるビタミンB1
は、アルコールの代謝機能を
促進し、コリンは肝機能を
向上させます。フィチン酸や
サポニン、フィノール酸には
抗酸化作用があり、レシチン
は中性脂肪を減らし、イソ
フラボンには抗がん作用がある
という、まさに至れり尽くせり
の食品なのです。日本人は古来
より、豆(大豆)と玄米(五穀)と
魚貝類を食べて長生きしてきた
んですねぇ。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ