DEAREST -another story-
DEAREST -another story-
成人向完結
発行者:穂積
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:DEAREST

公開開始日:2011/06/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
DEAREST -another story- 第2章 In the forest:幸せに潜む影
人里離れた森の中、ひっそりと佇む小さな木の小屋が、木々に隠れて人目を忍ぶように立っていた。

ここは国境を越えた先、旅人すら足を踏み入れない獣が闊歩する場所である。
人に追われ、国に追われた二人が生きるには都合の良い場所だった。






「ただいまー!」

静かな森にそぐわない、元気の良い青年の声が響く。
木々の合間を縫って姿を現した彼の手には、丈夫な蔓で作られた細かい網目の袋がぶら下がっていた。袋は時折僅かに蠢き、持ち主に振動を伝える。
それを嬉しそうに横目で見ていると、小屋の扉が静かに開き、中から美しい女が出てきた。
彼女の手には、木の籠が抱えられている。

「お帰り、ラト。また泉に行っていたのか?」
「ただいま、シルエ!見てくれよ、今日も大漁だ!」

嬉しそうに網の袋を掲げると、再びもこもことそれが動いた。
たまに網目からヒレが飛び出ていることから、中身は数匹の魚のようだ。

「ホントに好きだな。今日も魚でいいのか?」

どうやら釣りが気に入ったらしい彼は、ここ数日ずっと泉で魚を釣り上げてくる。おかげで最近の夕飯はずっと魚続きだ。流石のシルエも調理法に困り始めていた。一応彼女も、前日とメニューが重ならないように考えているのだ。
困ったように笑うシルエに、ラトが今更気づいたかのようにあっと声を上げる。

「しまった…そうだった、今日は止めようと思ってたんだ。」

流石に本人も夕飯のことを思い出したらしい。
釣ることは好きだが、彼も同じ食材にだんだん飽き始めていたのだろう。
好奇心旺盛な青年はもう充分大人といえる歳のはずなのに、時折こうやって少年のようなことをやるから、シルエは面白くて仕方なかった。

「ふふ…まぁ、釣ってきたものは仕方ない。大事な命だ、感謝して頂こう。」

くすくすと笑いながら袋を受け取ったシルエは、自分の持っていた空の籠の上に乗せると、再び小屋の中に消えた。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ