DEAREST -another story-
DEAREST -another story-
成人向完結
発行者:穂積
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:DEAREST

公開開始日:2011/06/09
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
DEAREST -another story- 第6章 闇の記憶 1 *残酷な描写があります
それは、シルエが生まれて二十と少しの年月を越えたばかりの頃。
未だラトがこの世に生れ落ちていなかった時代の話。




人の世がたくさんの小さな国に別れ、その多くが戦に明け暮れていた。
否、国という概念すらなかったのかもしれない。
まるで寄り集まるように集った集落に、人々がその土地を生かした要塞を作り生活していた。

吸血族はというと、ラトの生きる時代とは殆ど変わらない。
深い森や切り立った岩場、人間が侵すことのできない土地で、己を生かす命に感謝しながらひっそりと暮らしていたのだ。

しかし、いつの世も人間の欲の力は凄まじいものである。
彼らはか弱い肉体を補うように、知恵を使い、防具を発展させ、武器を作り出した。そしてそれらは、他の命どころか同胞であるはずの人間へ向けて使われたのだ。
全ては奪うために。
人間の欲は留まるところを知らず、時には吸血族にも伸びた。
たとえそれが人間の侵すことのできない土地であっても。
強靭な吸血族の肉体と力をもってしても。
欲望という人間の力の前に、無傷で逃れることはできなかった。
それは、争いを好まず、無益な殺生を嫌う吸血族の性質が原因かもしれない。
それでも、彼らは“食事”以外で人間を殺めることはなかった。
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ