DEAREST
DEAREST
完結
発行者:穂積
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:DEAREST

公開開始日:2011/06/06
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
DEAREST 第9章 DEAREST
―――――夜


月の光に照らされて、冷たい床に影が落ちる。
真夜中になって、生きとし生けるものが皆眠りに落ちても尚、二人は眠ることを拒んだ。
氷のような壁に背を預け互いの身体を寄せ合いながら、天井付近の小さな窓から覗く月を無言で見つめていた。
先に沈黙を破ったのはラトだった。

「…シルエはさ。」
「…ん?」
「…シルエはずっとここでこうして月を見てたのか?」
「…そうだな。」

小さく、どこか自嘲するように笑みを浮かべたシルエが頷く。

「…月の光は心を癒す。あの淡く優しい光を見ていると心が落ちつくんだ。」

その姿を横目で見つめながら、ラトは思う。
彼女はきっとこうして月を見つめながら、それと同時に己の死を見つめていたのだろう。
誰に縋ることもなく、唯己の運命を受け入れながら。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ