DEAREST
DEAREST
完結
発行者:穂積
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:DEAREST

公開開始日:2011/06/06
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
DEAREST 第1章 PROLOGEU
―――――1週間前

町はいつものように賑わい、市場は見渡す限り人で埋め尽くされていた。
三日毎に繰り返されるその光景は、資源の少ないシーリアでこの町が如何に栄えているか伺うことが出来る。
その日もラトは退屈な教会を抜け出し町に遊びにでていた。


フルネームをラト=アルシーリアという彼は今年十八歳の孤児院出で、今は教会の神父見習い、つまりは雑用をしている。
見掛けは体格も良く立派な大人だが、中身は全く子供の好奇心の固まりで、自分の知らないことを見つけると、善悪の分別無く首を突っ込み手を出しまくるような青年である。

そのラトがいつものように市場巡りをしていると、後方から町を見回る衛兵達の耳障りな怒鳴り声が聞こえてきた。

「そっちだっ!追えっ!!絶対に逃がすなっ!!!」

この町の衛兵達はなかなかに優秀らしく、罪人を逃がすようなことは滅多にない。優秀といえば聞こえはいいが、情け容赦ない彼らの行動はしばしば蜘蛛と揶揄され嫌悪の対象となっていた。とはいえ、さすがの彼らもこの人混みの中で目的の者を捕らえるのは至難の業らしい。
市場は普段と違ったざわめきで溢れ、所々で悲鳴や怒号の声が上がり、人々は和を乱す無粋な輩に非難と困惑の目を向けた。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ