転生者が国を奪い返すようです
転生者が国を奪い返すようです
アフィリエイトOK
発行者:戸井万
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2011/06/01
最終更新日:2011/06/01 20:28

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
転生者が国を奪い返すようです 第1章 プロローグ:千葉県銚子軍港にて
 撃鉄を引いて弾を薬室に送り込んだ後顔をあげる、中国軍の5隻ある主力空母の黄河…情報によればロシアから輸入した最新型の機体と大量の弾薬があるはずだ。
「それじゃあねアリサカ、トラックの手配を頼むよ」
「任せとけ」
 アリサカとボートの上で別れて海の中に飛び込む、水ぶくれに海水が染みる。
 外壁に辿り付き腰からぶら下げているアストラルナイフ…新エネルギーアストラル霊子を使ったナイフだ、鉄だろうがチタンだろうがバターのように切れる…を取り出しスイッチをいれる、キィィィンと静かに甲高い音を出してナイフが青く染まる。
 外壁に思い切り突き立てて出力をMAXにし、壁を切り取る、抜いたナイフは2mはあろう長さに変わっていたが電源を落とすと元の長さに戻った。
 開けた穴に攀じ登り背中に担いでいたAKを構える、敵影はない…どうやら襲撃者の対応に追われて空母の中には必要最低限の警備兵しかいないらしい、これは好機だ。
 ハンガーに入る前にエンジンルームに入って時限爆弾を設置する。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ