転生者が国を奪い返すようです
転生者が国を奪い返すようです
アフィリエイトOK
発行者:戸井万
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF

公開開始日:2011/06/01
最終更新日:2011/06/01 20:28

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
転生者が国を奪い返すようです 第1章 プロローグ:千葉県銚子軍港にて
 一分程でデルタポイントに着いた、僕の仲間…アリサカが手を振っている。
「遅ぇぞコースケ!」
「悪い、バイクの調子が悪かったんだ」
 そんな事を言い合いながらアリサカが用意していたボートに飛び乗る、アリサカがそれを確認してからボートを走らせる。
「しっかし酷い格好だな…」
 ギリースーツを脱いだ僕を見て言っているのだろう、僕はドラグノフを木箱にしまって新たな装備…AK-74uを持ち不具合がないか確かめながら口を開く。
「三日間も夏の雑木林にいればこうなるさ」
 弾倉をポシェットにしまった後に鏡を見る…ああこりゃ酷い、皮膚の表面は凸凹になっていて僕の体は一回り大きくなっていた。
「後お前…臭いぞ」
 失礼なアリサカを睨む、僕を馬鹿にしているのだろうか?
「痕跡を残す訳にはいかないからね、後で薬と温かい風呂を要求するさ」
 そう言うとアリサカはケラケラ笑った。
「そうかい、なら俺はお前に酒でも奢ってやるよ。生きて帰れたらな……よし、見えてきたぜ」
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ