番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい
番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい
成人向
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/05/31
最終更新日:2011/06/24 02:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい 第1章 君の安らぎになりたい
    〈息〉






その夜、翔は夢を見た。
自分は気づいたら 海の中にいる。

息が出来ないのは
海水に沈んでるからかと思ったら


首に海藻が巻き付いている。そいつが 意思を持つかの様にぎゅうぎゅうと締め付けるのだ…



がぼっ…!

苦しい!


そのまま死を意識した瞬間。

場面は変わり、今度は学校の体育器具庫にいる。

首の締め付けは 手首にまでのび、海藻は

人の手に変わっていた…

思い出したくない
あの 忌まわしい…



イヤだ!
やめて…!!


無論、
そんな願いが聞き入れられるはずもなく。


…翔は

犯された。

今となっては記憶の奥の奥底に 封印した筈の、


悪夢。




翔は、ぼんやりと思う。…夢…?


隣には、侑馬が安らかな寝息をたて、なんとも平和に眠っている。

「…ん?…あれ?…」
自分は 確かこの人とは別々に寝なかったろうか…?

狐につままれた様…


そんな翔の気配に気づき、侑馬が目を覚ました。

「…どうした…?」
眠さの残る声。

けれど 翔はその声の主が言う事に どきり とする。


「お前、危なかったんだぞ…」
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ