番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい
番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい
成人向
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/05/31
最終更新日:2011/06/24 02:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい 第1章 君の安らぎになりたい
  〈己の中の悪魔〉 







「…ん… ユーマ… も、許して…もう、だめ…」息も絶え絶えに訴える。
酷く抱き過ぎて、翔は瞼を上げる事も 腕すら動かす事もできない。

乱れた寝具の上、
脱力し切ってあられもない恰好で横たわる…。


体のあちこちには、キスや精などの愛の形跡が、まるで散らせた花びらのように落ちている…



彼にはそれが“愛”だと感じるだろう。


…確かにそうだ。
俺は 彼が愛しくて仕方ない。愛しすぎて加減が出来ない…。


だが…。




平日は二度までと決めている。お互い 仕事や学校がある身だ。


翌日起き上がれないのでは困る。

だから休日は 容赦ない。

『殺してやる』
と言った約束だと

己に言い聞かせているとでもいうのか?




ところが、
翔は酷く抱けば抱く程 悦びを示す。




もうじき
染みは 全身を覆う。

真っ黒に黒々と 己を
染め上げる…!




アイツ、留置場で聞いた二宮の声が 又、耳を離れない。


『アイツのカラダはな、

俺たちが

開発したんだ…』
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ