番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい
番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい
成人向
発行者:ヨアケノツキ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:蒼い月、蒼い空

公開開始日:2011/05/31
最終更新日:2011/06/24 02:59

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
番外【蒼い月、蒼い空】君の安らぎになりたい 第1章 君の安らぎになりたい
    〈情炎〉  




〈大切にしたい〉…そう思いながら、侑馬は 胸に一点の染みが滲むのを感じていた。


それは、紛う事なく“嫉妬”に他ならない。


翔は、

自分が初めての男ではない。

〈事故〉だ。
翔に落ち度は何一つない。

それが 一人、二人という人数ではないのだから 穏やかではない。


腑に落ちないのは
初めの行為が事故であったにせよ、彼は 男達と何度も〈そういう事〉を重ねていたのだという…。



この夏、自分が起こした暴力事件で(翔を救い出す為ではあったが)
彼らと留置場で鼻をつき合わせた時に聞いた。


『アイツはな、何度も俺らの相手をしてるんだゼ。何を今更…』


知りたくはなかった。



知れば 胸がかさついてヒリヒリと己を焼く。

これこそが 醜い嫉妬の焔(ほのお)。



何物にも代えがたい程愛しい人は、他の男を知っている。


今更どうにもならない事に 苛立ちを覚える。


その 己の未熟さに、
無性に腹が立つ。


翔のせいではないのに。


いや、

彼こそが

悪い。




同性を惑わす“魔性”
ともいえる、彼の 魅力こそが…!
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ