思いやりが自分を救う理由
思いやりが自分を救う理由

発行者:十種塾 高橋知征
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/05/26
最終更新日:2011/05/26 12:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
思いやりが自分を救う理由 第1章 思いやりは、人の愚かさを許す心
そして、人を思いやる気持ちはどこから生まれるのでしょうか。

人の愚かさを許す心のゆとりから、思いやりは生まれる
愚かさとは、目先の損得や自分の都合を優先させる身勝手な心。
人の成功や幸せに対する嫉妬心。
自分を辛い目に遭わせた相手への憎しみ、恨み。
これらは、自分を軸に物事を捉えようとする心おあり方から生まれる感情です。そして、程度の違いはあるにしても誰もがそんな愚かさを持っている。

人の姿や言葉にそんな愚かさを感じ取った時、いつの間にか思いやる気持ちなど消え失せてしまう。
「なんで、こんな自分勝手な奴を思いやる必要があるんだ。」なんてね。

人のアラはよく見えるもので、ついつい批判したくなりますよね。
自分の愚かさは、さて置いて人の批判に熱弁をふるう。
それもまた、人が持つ愚かさでもあります。

思いやりとは、人の「愚かさ」を許すことです。
そして、人の愚かさを許すには…
自分の中にある愚かさに気付き、認めることが必要です。

人の愚かさを批判して、自分の愚かさには蓋をする。それでは、人を思いやる心のゆとりは生まれてきません。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ