思いやりが自分を救う理由
思いやりが自分を救う理由

発行者:十種塾 高橋知征
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:未設定

公開開始日:2011/05/26
最終更新日:2011/05/26 12:20

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
思いやりが自分を救う理由 第7章 感謝の循環
何の役にも立たない、誰にも必要とされない人間なんていません。
もしそうであれば、すべての役割を終えたということで既にお迎えが来ているハズです。

なので、この世に生がある以上、何かしらの役割がまだある。

人間の存在意義は、自分で勝手に決めるものではありません。為すべき役割があるから、この世に人として生きているのです。

今の自分が恵まれていないとか、幸せでないからといって、生きている意味がないなどと考えるのは、ただの思い過ごし。

今、あなたが辛い思いをしているとするなら、何時かあなたが役割を果たす為に、辛い思いを経験しておく必要があるからです。

人の痛みを理解し思いやるために、痛みを知る必要があるから。

痛みを知るあなたの思いやりはプラスの見えざるパワーを発し、人を勇気づけ元気にします。

そして、自然体の「ありがとう」という言葉が生まれます。

あなたに勇気づけられた人は、あなたに感謝し、自然にそして、心から「ありがとう」と言えるでしょう。

そして、あなたはその思いに感謝し、「ありがとう」が自然に言える人間になれる。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ