実用恋愛ノウハウ「男と女の恋愛心理」(どちらかといえば女性向き)
実用恋愛ノウハウ「男と女の恋愛心理」(どちらかといえば女性向き)
アフィリエイトOK
発行者:オフィス亀松亭
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:恋愛性愛

公開開始日:2011/05/14
最終更新日:2011/05/14 17:11

オーナーサイトへ
アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実用恋愛ノウハウ「男と女の恋愛心理」(どちらかといえば女性向き) 第1章 第1章/男と女の心理講座
○女のホンネ

「ねえねえ、あれってよく
 なくない?」

「ええい、いいのか悪いの
 か、どっちやねん?」

みたいな、噛み合わない会話、
してませんか? 女同士だと
通じるのに、男に話すと
わかってもらえないとか、
年上の人に通じないとかいう
性別や年齢のギャップ。

特に女性は、ストレートに
自分の欲求を口にするのは
「はしたない」とか「わが
ままな感じがする」と躾られ
ている事が多いので、何かを
表現する時に本音を隠して、
疑問形になる事が多いよう
です。

「この服可愛いと思わない?」
とか「なんだか寒くない?」
といった表現です。この表現
の本音は「私はこの服、
可愛いと思う」「寒いので
温まりたいor場所を変えたい」
というものです。

女同士の場合、暗黙の了解で
「そうよねぇ、可愛いよねぇ
「寒いよぉ。場所変えよう」
と共感して、その場が丸く
収まるのですが、この表現
の真意を理解出来ない男が、
「そうかなぁ?」とか「いや、
特に寒くない」と否定する
とさぁ大変。

「何よ、この鈍感男!!」 

となるのです。

そこで「なるほどー」と
頷いてるお兄さん。身に覚
がありますか? これから
は1度賛同・共感して受け
止めてから、自分の意見
を主張しましょう。

「ああ、可愛いね・・でも
こっちの方が可愛いと思うよ」

「寒いねぇ・・でも悪いけど
 もうちょっとだけ我慢して
 ね。あとでたっぷり温めて
 あげるから・・」とか
 なんとか・・・
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ