Love Story~斉藤一 
Love Story~斉藤一 
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:篠田みどり
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/05/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Story~斉藤一  第27章 「訳あり」
「沖田さん。」
「君に謝らないとね・・・、僕は君を守ることができなかった。それと、僕の部屋は君のとなり、でも心配しないで、僕も病気だから。ねえ、一君。」そういった沖田の向こうに平助と斉藤の姿があった。
「病人は静かに寝ていろ・・・」斉藤はそういいながら咳払いをした。
「その僕をしょっちゅう尋ねてきて、養生させてくれないのも一君なんだけどね。」沖田は笑った。
「この頃、一人で見舞うのがばつが悪いのか、俺を誘うんだよね。斉藤さん・・・本当は沖田さんより玲奈ちゃんの方を心配してるんじゃないの?」平助のその台詞を聞いて、斉藤はまた咳払いをした。
「斉藤、ありがとう。その・・・・まだ礼を言ってなかった。」玲奈は布団から起き上がろうとゆっくり体を起した。
「無理をするな。」松本先生がすぐ駆け寄ってきた。
「あなたがいなかったら、伊勢谷に復讐をすることができなかった。感謝する。」
「来週には、大阪まで歩かなくてはならん。ここでしっかり養生するといい。」それだけ言うと斉藤は立ち上がり早々に立ち去っていってしまった。

近藤局長の部屋には土方副長と山南総長が詰めていた。
「これで長州の軍勢は一気に士気が下がったと見て間違いないが、問題は薩摩藩だ。俺たちにとってはタダで武器を手に入れることができたのは好都合だが、それをよく思っていない薩摩、長州の生き残り、そして土佐までもが一人勝ちした俺たちを憎んでいる・・・これは会津藩が孤立する可能性があると思わないか。」土方は神妙な顔つきでそういった。
「あの娘は、もとより武器商人の娘、彼女がここにいるということを、他勢力は我らの軍備増大を懸念するでしょう。ここは我らとあの娘との間には、なんらそのような商談がないことを知らしめることが必要ではないかと・・・。私も土方君同様、ただでさえ、この緊迫した情勢、各藩の思惑があらぬ事態を招くようなことは裂けた方がいいかと思います。」
山南さんの冷静な考え方に、近藤局長は頷いた。
56
最初 前へ 53545556575859 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ