Love Story~斉藤一 
Love Story~斉藤一 
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:篠田みどり
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/05/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Story~斉藤一  第12章 「二人の行き先」
「この・・・優しくない男・・・日本の男ってこんな奴ばかりなのか!?」その声に齋藤は立ち止まり振り向いた。玲奈は助けてくれるのかと期待した瞬間だった。
「おかしな発音でべらべらと喋るな。」それだけ言うとくるりと背を向けた齋藤だった。
「な・・・」玲奈はがっかりしたその時、後ろからドンと人がぶつかってきた。
「きゃあ!」その反動で玲奈は地べたに倒れてしまった。
「邪魔だ!どけ!!」気の荒い男が、玲奈が倒れたことも気にせず、そのままどこかへ消えてしまった。その時玲奈の長い髪が黒マントの中から飛び出してきた。あわててそれを引っ込めたとき、齋藤は落とした籠を持って玲奈に手をさしのべていた。
「あら、最初から、そうしてくれれば良かったのに。」玲奈は不機嫌そうにそう言いながら、斉藤の手を取り立ち上がった。
「この辺りは俺の顔を知っている者もいる。余計な面倒を増やしたくないだけだ。」そう言って、籠を玲奈に手渡す齋藤だった。玲奈はちょっとムっとした。
「しかし・・・もう少しゆっくり歩くことにしよう。」そう言うと、何事もなかったかのように玲奈の先を歩きだす齋藤だった。

そんな二人が買い物を終え、玲奈は黙って先を歩く齋藤の後についてきた。あきらかに掘っ立て小屋に向かう方向とは違うようだ。一体どこに行くつもりなのか皆目見当もつかなかった。あたりは徐々に暗くなってきた・・・・。
「あのさ、斉藤・・足を怪我している女性を散々歩かせて、いったいどういうつもり?もうすっかり日も暮れて、まさか・・辺りが真っ暗になったら・・・」そこまで言いかけたとき、斉藤は急に振り返って玲奈に近づいてきた。
「あ・・辺りが真っ暗になったら・・・私を襲うつもりなんでしょ!」斉藤は辺りを見渡し誰もいないことを確認すると、玲奈をじっと見つめた。
「なによ!?」斉藤は彼女が持っていた籠を奪い取り、その腕を捕まえた。
「斉藤??」
24
最初 前へ 21222324252627 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ