Love Story~斉藤一 
Love Story~斉藤一 
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:篠田みどり
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/05/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Story~斉藤一  第11章 「斉藤の決意」
彼がそう言うと、そこにいた沖田と平助はお互い顔を見合わせた。近藤勇はオランダ人であるヒュースケンを、永倉率いる一派から守ったことがあるのだ。
「尊皇攘夷とはいえ、闇雲に外国人を殺すことがあってはいけない。この日本はまだまだ外国と比べ遅れをとっている。彼らに学ぶべきところは学び、そして上様の元、日本を強い国にする。それが私の願いだ。だから、斉藤くん、隊務服を返上することはない。上様には私から、話をしてみる。きっとこの事情を説明すればわかっていただけるはずだ。だから、12月までに彼女が立派に仇討ちできるように鍛えてやって欲しい。」
「ありがたいお言葉、感謝します。」齋藤は一礼をした。
「まあ・・・君だったら、どっかの誰かとは違い・・・。」そう言いかけたところで近藤は土方をちらっと見た。
「女に手を出すことはない、どうせそう言いたいんだろ、近藤さん?」
「ええ?どういうこと?どういうこと???」平助は鬼の副長に、過去何があったのか知りたそうだった。
「山崎に、伊勢谷という男を調べさせろ。」土方はそう言って話をごまかした。
「それと齋藤、これを持って行け。足くじきに効く石田散薬だ。俺が持って行くと、気に入らない人がいるみたいだからな。」
土方は昔、ヒュースケンというオランダ人が愛した日本人女性に、ちょっかいを出したことがあった。今は鬼の副長などと呼ばれているが、実は何度も女性問題で近藤を困らせていた。また当時永倉新八は、何を隠そう生きていくために金で雇われ、この外国人を闇討ちしようとしていたところを、近藤勇に引き留められた経験があったのだ。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ