Love Story~斉藤一 
Love Story~斉藤一 
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:篠田みどり
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/05/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Story~斉藤一  第11章 「斉藤の決意」
土方は、ここ数日帰ってない齋藤を心配して、なんども屯所の玄関口に顔を見せた。
「齋藤くん、どこかで女の子といっしょなのかな?ああ見えてけっこうやるときはやるからね。」沖田総司もそう言って皮肉った。皮肉ってはいるが、心の中ではけっこう心配しているようだった。でなければ体調が優れないのに、玄関まで来たりしない。
「山崎さんは齋藤さんの居場所知らないの?」藤堂平助はそう言った。
「全く、調べは任せたといったが、連絡くらいくれてもいいものを・・・。」土方はそう言って腕を組んだ。そんな土方に優しい口調で語りかけたのは山南敬介、新鮮組の総長だった。
「大丈夫ですよ。彼のことですから、きっと日が傾く頃には帰ってくるでしょう。」
山南さんの言ったとおりだった。夕暮れ時、齋藤は屯所に戻ってきた。すぐに局長に会い、新撰組幹部全員も、すぐさまそこに集まってきた。
「それでどうだったかね?」局長は、齋藤にそう尋ねた。
すると齋藤は、きちっと折りたたまれたあさぎ色の隊務服を差し出した。
「申し訳ありません。局長、しばらく新撰組から離れることを許していただきたい・・・・。」
「ええ!!ちょっと齋藤さん!?それってどういうこと!?」平助が驚いてそう言った。
「訳を聞かせてもらおうか。」土方は真剣な目つきでそう尋ねた。
そこにいた新撰組の幹部は、齋藤の話を黙って聞いていた。彼の説明はいつもながら無駄が無く、簡潔に、要点を確実に突いて話を終えた。
西洋人との混血である玲奈の復讐劇。相手は長州藩の伊勢谷隆介だ。
「かわいそうな話だなあ・・・。」近藤はその人柄からか、斉藤から聞いた玲奈の話を聞いて不憫に感じたようだった。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ