Love Story~斉藤一 
Love Story~斉藤一 
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:篠田みどり
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2011/05/06
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Love Story~斉藤一  第8章 「約束」
「今から17年前、私の両親は結婚してまもなく日本にやってきて、長崎の出島で各藩の主要幹部と武器の密売をはじめた。そこに長州藩士である伊勢谷という男がいた。あいつは他の藩が仕入れた武器を横取りし、私の父を殺し、母を強姦した。その時できたのが私だ・・・・・」
「じゃあ、お前は実の父親を殺すつもりか?」
「そうだ。母もあの男を恨んで死んでいった。災いの子を産んでしまったことを後悔し、私の顔を見る度に、狂ったように自分を非難し続けた毎日だった。母のためにも、自分のためにも奴を殺さないと国には帰れない。」
「自分のためとは?」
「・・・・母の死によって、私が強姦されてできた子供だと周りの人が知ってから、私自身も何度も強姦された・・・。どうせ汚い体なんだろうと、ののしられた・・・。奴を殺さないと、私は新しい人生を切り開くことができない。だから日本に来たんだ。伊勢谷は他からも汚い手を使って武器を手にしている。これは新撰組にも都合が悪いのではないか?だから・・・」
「だめだ。約束は約束だ。すぐ自分の国に帰れ。」
「12月にならないと・・・帰るに帰れない。大阪から次の船が出るのは12月だ。それまでには伊勢谷を倒す。もちろん今までの殺しも私がやったと自白する。それなら・・・どうだ?」
「どっちにしろ、お前は怪我をしている。その足では戦えないだろう。それに奴に近づく事はおそらく無理だ。長州にとって大事な武器商人ゆえ、かなりの腕利きが奴の周りを固めていると聞いた。」
「私には無理だと言うなら12月までにうまくなってみせる。剣術を教えてくれ。」
その台詞を聞いて、齋藤はすっくと立ち上がった。
「今夜はここでお前を見張る。今晩にでも伊勢谷を殺しに行くかも知れないからな。心配するな。外で寝る。」齋藤はそう言って引き戸をひいて出て行ってしまった。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ